ホーム / アート / 何についての発足セントロ文化 Correios 次の水曜日 (22)
暴露 "私たちは何", 仮想の招待状, 特集. 写真: ディスクロージャー.

何についての発足セントロ文化 Correios 次の水曜日 (22)

「米国についての何"展覧会の現代的な部分を特徴づける現実と一致の割合, com abertura no dia 22 3月 2017, 19時間のように, no Centro Cultural dos Correios no Rio de Janeiro. Com curadoria de Luiz Sérgio de Oliveira, a exposição apresenta obras de Angelo Issa, Daniel Moreira e Leandro Gabriel, cada um a seu modo e com diferentes meios de produção de arte – 絵画, fotografia e escultura – em um embate inglório e fantástico com o real.

“DAQUILO QUE NOS CERCA” traz à tona as implicações da extraordinária tarefa de tentar compreender e dominar as complexidades da vida, ディスプレイ上の作品を明らかにすること, ファンタズマゴリアと魔法の風景の形で乗り継ぎまたは主要都市の余白に生息するそれらを含む; 私たちに影響を与えることと、私たちが住んでいる日常の社会悪のリカバリ; またはその未遂 (日時)不用部分とフラグメントを結合します。, まま, 廃棄物やがれきの中と考えている世界, 我々 はこれが何を意味を知らない場合でも開発を信じた.

A exposição é um convite a esse permanente enfrentamento mundano.

文化センターの郵便局はルア Visconde デ Itaboraí です。, n ° 20, リオ ・ デ ・ ジャネイロの歴史的な中心部に. 機関統合オリンピック大通りの文化回廊, フランス ブラジル家の近所として持つ, 次に, ブラジル銀行文化 Centro と, defronte. 入場料は無料. A mostra ficará em cartaz até 21 5月.

SERVICE

展覧会「米国についての何"
アーティスト – アンジェロ一茶 (絵画), ダニエル·モレイラ (写真撮影) レアンドロ ・ ガブリエル (彫刻)
信託統治 – ルイス ・ セルジオマトス ・ デ ・ オリヴェイラ
オープニング 22 3月, 19時間のように.
の 23 3月 21 5月 2017.
自由参入.

郵便文化センターのリオ ・ デ ・ ジャネイロ – ルア Visconde デ Itaboraí, 20 – センター, リオデジャネイロ - RJ (オリンピック大通りの横にあります。, フランスとブラジルの向かい家の横にあるセントロ文化バンコかブラジル).

.

仮想の招待状:

Exposição “Daquilo que nos cerca”, convite virtual. Divulgação.

展覧会「私たちは何, 仮想の招待状. ディスクロージャー.

注釈

1つのコメント

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*