ホーム / アート / SESC BELENZINHO 展 [わたしはここにいます] あなたの最後の週に到着します。
Exposição Estou Cá - Artista Paulo Bruscky - Obra Bispo do Rosário, manto. 写真: Matheus José Maria.

SESC BELENZINHO 展 [わたしはここにいます] あなたの最後の週に到着します。

4 展示会の構成, ショー わたしはここにいます -
em cartaz até 28 de fevereiro – apresenta conjunto inédito
do artista pernambucano Paulo Bruscky, além de trabalhos
de artistas da Zona Leste da capital paulista

7 月に発売 2016, ザ プロジェクト [わたしはここにいます] サンパウロ キュレーション宮田, 現代美術についていくつかの疑問を提起. 展示会後 ポトラッチ: 芸術交流, 空、公衆およびキュレーター チーム間の交流に発展したを開始します。, と 常に何か私たちの間, 一緒に作品と国民との関係を強調する作品とアーティストをもたらした, プロジェクトの最終段階に達する. 展示会 わたしはここにいます, em cartaz へ 28 2月 Sesc Belenzinho で, 芸術についての仮説をテストします。, あなたのエージェント, 構成のプロセスおよび場所と単位の観客との関係.

広告:

A 暴露 わたしはここにいます é dividida em quatro núcleos. O primeiro apresenta um conjunto de obras inéditas de Paulo Bruscky chamada アーティストの適切な所見と, その見本市で見つかったオブジェクトを表示します。, Volpi としてブラジルのアーティストの作品を参照してください預金とダンプ, Hélio オイチシカとセルジオ ・ カマルゴ. 2 番目のコア, ZL, コンテキストとして、サンパウロのこの地域のアーティストの作品で構成されます。, 管財人のご宿泊を始めた研究からのゲスト ポトラッチ. すでに第 3 のコアはワーク ショップの結果 やり直し, 数十年の refatura のコンセプチュアルな作品でピーター フランスによって調整されます。 1960 と 1970 と, 最後に, コアの部屋, マイクロソフト セキュリティ情報, 実験的イニシアティブすべて仲介プロセス プロジェクトを登録します。, 現在の調停の議論と現代美術教育に重要な質問を研究に加えて.

サンパウロ宮田学芸員の, 「展 わたしはここにいます 到着のポイントです。, ローカル生産は, 図面演習, 共同作業プロセスとの対話現代美術は、直接このエンドを目指したときに促進することがすべての複雑さと起こる」. 場所との関係を, 続けています。: 「代わりに始まる作品の選挙と独特の興味と図の問題それらの特定の公開を表示する方法を, 全体のプロジェクトは、この領域全体の訪問者や地域社会のさまざまなプロファイルの特殊性に直接応答するものです。, 今日は芸術の開いた概念のそれらを巻き込むことに求めている".

サンパウロBruscky

アーティストが番組でリーフをプレゼントします。 アーティストの適切な所見と 未発表作品のセット. 長年, サンパウロ Bruscky 収集フェアで見つけたオブジェクト, 預金とダンプいくつか直接現代アーティストを思い出した: Volpi で絵画を示す敷物, メモリとロザリオの司教の刺繍キルト, セルジオ ・ カマルゴの彫刻として主催、木のまま. これらのオブジェクトの会議は主要な芸術の歴史の珍しいコレクションになります, 同時に, サンパウロ Bruscky を示しています、興味をそそられる. "ブラジルと他の国のスポット ライト, ポールの作品は私たちに常にユーモアと日常生活の背景を持つダブル ビジョンを与える」, 宮田アカウント.

東ゾーン

段階で ポトラッチ サンパウロの東ゾーンの地域で芸術的な生産の部分のマッピングがあった. 補充調査とワーク ショップ、これらのアーティストの制作スペースでいくつかの日付の後, 学芸員招待 7 人のアーティストの作品を展示するには. 招待アーティストがいる: カイオ カーピネリ, キムちゃん, モーセの貴族, ピーター スマン, レナート アルメイダ, ラファエル カリクストとビクトー ・ オリベイラ. 様々 な言語およびプロファイルをアーティストします。, 共通のプロセスに関心があります。, 文化, 材料と都市空間の記号.

「このアイデアは現代芸術の中心のシフトを中心の拡大、サンパウロ市とサンパウロの全体で接続を作成する」, アカウントキュレーター.

やり直し

ピーター フランス主催のワーク ショップの結果, ショー やり直し ミニマリズムの基本的な動作の機能 refatura 演習, コンセプチュアル ・ アート、アルテ ・ ポーヴェラの年の 1960 と 1970, ブラジルなし, ヨーロッパとアメリカ合衆国で. ワーク ショップの目的はベアリングの概念の再構築の可能性現代美術作品の歴史を議論、, それらをやり直すには、プロセスを再加工 (必ずしもその最終的な形を模倣せず) ポールは宮田を警告として: 「彼ら読んでいないのです。, ないコピーや模造品」.

マイクロソフト セキュリティ情報

3 つのコアに加え, 暴露 わたしはここにいます 教育専用のスペースを特色にします。, 仲介の実験的プロジェクトに編成 マイクロソフト セキュリティ情報, バルキリー Prates の cocuradoria と. その主な焦点プロセスや議論議論や過去の展示で練習としてください。, Sesc Belenzinho-作品について議論だけではなく空間で行動するメディエーター, しかし、生産の挑発, 反射, 研究と作品との評価, 官民各ディスプレイ モジュールとの関係.

展示スペースの一部として, 仲介人の生産し、展覧会の間に集まるのもすべての研究や議論、プロジェクト推進の合成となる部屋があります。.

プロジェクト [わたしはここにいます]

O que é arte? Para que serve uma exposição? Quais os papéis de um curador? Qual o valor que se dá para uma obra de arte? Como um mediador participa de uma exposição? Quais as possibilidades do público junto de um objeto de arte? Esses são alguns dos questionamentos que o プロジェクト [わたしはここにいます] levantou desde julho de 2016 Sesc Belenzinho で.

O projeto combina, 挑発的な口調で, 展示会, ワーク ショップや教育プロジェクト, その公の場で, アーティスト, 既成概念にメディエーターやキュレーターの不思議, 情報及び経験の交換を促進.

スクリプトの

私はここでの展覧会 - 信託統治 -ポール宮田. SCHED川を訪問グローバリゼ-ション – de terça-feira a sábado das 10h às 21h e domingo e feriado das 10h às 19h30. 無料. すべてのユーザーに無料. まで、 28 2月, Sesc Belenzinho で. Horário de visitação no carnaval: 土曜日 (25/2), 11:00 に 21:00 から; 日曜日, segunda e terça (26, 27 と 28/2), 10:00 に 19:30 から.

SESC BELENZINHO ルア パドレ Adelino, 1000 -Belenzinho (地下鉄のベレン駅周辺). Telef1 つ – (11) 2076-9700. 身障者用アクセス. SCHEDSesc Belenzinho 川 ・火曜日から金曜日まで 9:00 21:30、土曜日から, 日曜・祝休日 9:00 19:30 での 駐車場 – R $ 12,00 最初の一時間であり、R $ 3,00 追加の時間の R$ 5,50 最初の一時間であり、R $ 2,00 さらに1時間 (完全資格情報).

注釈

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*