ホーム / アート / アメリカで文化財団の歴史をたどり展が開かれます

アメリカで文化財団の歴史をたどり展が開かれます

展覧会「ポスター以上の文化財団 40 歴史の年には、「次の月曜日が開きます (3), 15:30 で, Pinheirinho市民ストリートでTelecentre. ショー, 6 月に発足 2014 家の中のロマリオ Martins, あなたは、地域の回路を通過しています, それぞれの場所で約一ヶ月滞在. これは、市役所の本社を通過しました, マトリックスによる地域, CIC, 大きな穴とバイロ・ノボ, そしてPinheirinhoまで、ディスプレイ上に残っています 28 8月, 文化支援Ticcolorやパティオバテルと.

Fundação Cultural de Curitiba em cartaz. Foto: Alice Rodrigues.

劇場でクリチバの文化財団. 写真: アリス ・ ロドリゲス.

作成者と学芸員Josinaメロによると、, 展示会は、金融機関の歴史を開示することを提案超えて, FCCのプログラムやイベントの普及で生産ポスターを通じとしても、パラナ州の学校を作ったグラフィックアーティストの世代の仕事を償還することができます. 「ヤイルメンデス, 溶接, ダンテMendonçaおよび他の多くの先駆者やデザイナーは、このショーの一部である開示の数多くの作品を作成するために彼らの才能を貸してきました. 故に, 展覧会はまた、視覚芸術の歴史の一部を救います, そこには、これらのアーティストの作成プロセスだったかに注意を喚起 30 または 40 年, あった何のデジタルメディアません」, Josinaは説明します.

キュレーターは、ショーは、ウェル領域Pinheirinhoで受信されることを信じています. 「展示会は、次のTelecentreにマウントされます, 差動スペース, 人々の大きな動きがあるところ. 一般市民は、「都市の文化的な生産についての詳細を学ぶことができます, Josina氏は述べています. Telecentreは、市役所のスペースが市民ストリートサービスのユーザーに自由なコンピュータ端末とインターネットアクセスを提供することです, どこ毎日平均を循環させます 2.800 人々.

Bairro Novo. Foto: Pio Santana.

新しい近所. 写真: ピオサンタナ.

提案 - 展示会はショーの普及のために作成したポスターを通じて文化財団の物語を伝えるというアイデアから生まれました, 美術展と40年間FCCによって開発された文化的なプロジェクト, 創業以来, で 1973. 文化財団からのポスターのコレクションとの激しい研究作業の後, それは、ポスター博物館を作ったし、現在のメモリの家の地図コレクションの一部, Josinaメロは、数十年の最も代表を選択しました 1970, 1980, 1990 と 2000.

これらの画像は役立ちました, 例えば, クリチバのカメラータAntiquaののコンサートを公表します, 掲示板の, 彫刻のショー, 音楽ワークショップの, Perhappinessのエディション, カーニバル, 他の多くの間で人はメモリの一部であるし、クリチバの文化財団のアイデンティティをマーク.

サービス:

展覧会「文化財団ポスター以上の 40 歴史の年」

ローカル: アメリカの市民権の通り, Telecentreによって
日付と時刻: 初日 3 8月 2015 (月曜日), 15:30 で. 面会: へ 28 8月, 月曜日金曜日までから, 午前8時から午後12時までと13Hから17Hへ.

自由参入

注釈

2 注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*