ホーム / アート / 3 月は、毎週「たい芸術的な体験に参加する実行します。?"

3 月は、毎週「たい芸術的な体験に参加する実行します。?"

1 A 3 6月
スクールルック

リオの美術館. 写真: ディスクロージャー.

リオの美術館. 写真: ディスクロージャー.

川海の美術館, 経営研究所のオデオンの下, promove uma série de encontros com a participação de artistas e educadores entre os dias 1º e 3 6月. O seminário “Você gostaria de participar de uma experiência artística?” vai discutir o projeto homônimo iniciado em 1994 por Ricardo Basbaum, no qual um objeto de aço é levado para casa pelo participante (indivíduo, grupo ou coletivo), que terá um certo período de tempo para realizar com ele uma experiência artística.

A conferência de abertura acontece em 1º de junho (水曜日に), 16:00 で, com a participação do artista e do curador Marcelo Campos. No dia seguinte, 木曜日 (2), 15:00 で, os pesquisadores Pablo Lafuente e Renata Marquez debatem o tema “Escultura Social” com a gerente de educação do MAR, ジャナイナ メロ. Ainda na quinta, 17時間のように, o debate sobre “Narrativas e Experiências” acontecerá com a participação da doutora em Ciências da Educação, シンシア ・ ファリーナ, o doutor em História, ロベルト Conduru, e a curadora assistente do MAM, マルタのマスター.

金曜日に (3), a doutora em Educação, パオラ Zordan, o professor de artes, サンパウロ レイス, e a artista Maria Moreira colocam em pauta o tema “Participação – eu x você”. Fecha o seminário uma roda de debates com Alex Hamburger, アレクサンドル ・ Dacosta, ブリジッド ・ キャンベル, Clarissa Diniz e Ricardo Basbaum, com provocação de Daniela Mattos (RJ). As inscrições para o evento são gratuitas e podem ser realizadas por meio do site do MAR: www.museudeartedorio.org.br.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

リオの美術館

SEAは、芸術と視覚文化に特化した空間である. プラサマウアにインストール, 二つの隣接する建物を占有する: 古い, 嘘と折衷的なスタイル, 展示ホールを収容している; 別の若い, モダニスト, 見てどこの学校の仕事. 建築設計は、流体かぶりコンクリートと2の建物を結びつける, その波を指し - 博物館の商標 - , ランプ, 訪問者が展示スペースに来るところ.

Prefeitura のイニシアチブは、カルースト ロベルト Marinho とパートナーシップでリオを行う, 海は収集を伴う活動, 登録, 検索, 保全と地域社会への文化財の返還. プロアクティブなサポート宇宙教育と文化, スクールルック - 博物館は学校で生まれた - , その提案は、革新的なmuseologicalです: ブラジル国内外の行動のための基準の教育プログラムの開発を促進, 機関を案内キュレーションプログラムからアートと教育を組み合わせた.

博物館はメンテナとしてグローブ基を有している, o BNDES e o Itaú como apoiador de exposições, ダウとバンコ ヴォトランチン学校外観のサポーターとして, 海の音楽プロジェクトのサポーターとしてティム, a Souza Cruz como copatrocinadora do Domingo no MAR e o Grupo Libra como apoiador das visitas educativas. リオデジャネイロの州の政府のサポートをしています, 文化省と文化へのインセンティブの連邦法を通じてブラジルの連邦政府のおよび実装. 管理はオデオン研究所に委ねられている.

サービスMAR - アートのリオの博物館

エントランス: R $ 10 私は$をR 5 (半額) - 人を上にして 21 年, 私立学校の生徒, 大学, 障害者とリオ·デ·ジャネイロ市の公務員. 海の一部である、 カリオカ プログラムを半分支払う, 市役所にリンクの半分の価格を地元の人々 とすべての文化機関でリオデジャネイロの街の住民に提供しています。. 証する文書を提示します。 (アイデンティティ, 居住地の証明, 水道料金, 光, 公衆電話で, トップス, 問題の 3 カ月) チケットはボックス オフィスでお外し. 現金またはカードでのお支払い (ビザやマスターカード).

1 つのチケット: R $ 16 – R $ 8 (半額) 地元の人や在住のリオ ・ デ ・ ジャネイロ, サポート ドキュメントや居住地の証明の提示で. サポートしているドキュメントと見なされます、発祥の地を含む, RG など, 運転免許証, 作品のポートフォリオ, パスポート等。. レジデンス タイトルの最大のコレクションの証拠とみなされます 3 (3) 問題の数ヶ月, 水のサービスとして, 光, 固定電話や天然ガス, 正式に写真と身分証明書の公式文書を伴う (RG, 運転免許証, 作品のポートフォリオ, パスポート等。) ユーザーの.

ポリシー無料: 証拠の文書を-のエントリに関するプレゼンテーションをパブリックから学生を支払う (小中学校教育), 5年以上の人までの子ども 60, 公立学校の教師, 博物館の従業員, 社会的脆弱性の教育の訪問の状況でのグループ, 海、観光ガイドの隣人. 火曜日入場料は一般市民に無料で. 日曜日は無料のホルダー 博物館のパスポート気付いたら まだ海のスタンプを持っていません。. 月の最終日曜日に博物館がプロジェクトを通してに無料エントリ 海での日曜日.

日曜日火曜日, ダス10時間として17hを. 月曜日に博物館は国民に閉じ. 詳細については、, お電話でのお問い合わせ (55 21) 3031-2741 または訪問 www.museudeartedorio.org.br.

アドレス: プラカMaua, 5 - センター.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*