ホーム / アート / マリア・ヴァレリアRezendeデビュー 2018 新しいフィクションの本で
本 "フェイスセレナ" マリア・ヴァレリアRezende. 写真: ディスクロージャー.

マリア・ヴァレリアRezendeデビュー 2018 新しいフィクションの本で

ライターを獲得することは子供の頃にその対話の物語を提示します,
老化と死.

ブラジル文学の最大の指数の一つ, 賞を受賞した作家・マリア・ヴァレリアRezendeは、パブリッシャPenaluxによって彼の最新の本をリリース. 題して「セレナの顔」, a obra reúne contos que mostram a evolução e o amadurecimento de protagonistas que experimentam o contato com o outro, 成長とその家族のモデルと関連します, 自分の開花で、人間の感情の暴力を発見しながら、, 嫉妬や不安など.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

A ideia principal do livro é propor um refazer de percurso de vida, 反射は、最初の実験を覚えています, として, 例えば, 恐れ, 苦悩, 祖父母との共謀, 最初の子モデルの熱と可能性に満ちた世界を発見, e seu desenrolar-se, いつも満足していません, 長年にわたって.

ウィルソンゴルジュの編集者によるとトニオフランス, os contos de Maria Valéria permitem ao leitor acompanhar as primeiras descobertas dos personagens e a potência de um sentimento puro e descontaminado de um tédio muitas vezes decorrente da vida adulta.

– すべてこの発見と冒険を繊細に作られています, そして話は気取りなしで言われて, 日常の文脈で開発かわいらしいキャラクターを作成します, いつもうまく見事著者の書き込みが提示. 我々は偉大な語り手に直面しています, オフィスからの女性. すでにそれによって達成賞は私を否定しない - ゴルジュを強調します.

- 「セレナの顔」が、創意工夫を逃れます, 物語はまた、生活の発見の一つの相から覚えて持って来ます. しかし, マリア・ヴァレリアRezendeの重要な作家の場合, 書籍のメリットが伝える話ではないだけです, しかし、特に著者がそれらを提示した方法で - フランスの説明.

マリア・ヴァレリアRezendeについて

現在、パライバに住みます, マリア・ヴァレリアRezendeはサントスで生まれています (SP), で 1942. 小説を書き, 詩とも翻訳者です. 彼女はフランスの言語と文学に卒業しました, 社会学教育学とマスター.

公表された作品の中には, 「赤いたてがみの飛行」 (客観, 2005), ポルトガル、フランスで出版され, スペインと2つのエディション (スペイン語、カタロニア語). 彼はJabuti賞を受賞しました 2009, 子どものカテゴリで, 「いいえ、リスクかたつむり」と (オーセンティック, 2008) と, で 2013, 若者のカテゴリ, 小説「頭の中でゴールド」 (オーセンティック 2012).

また、40日にJabuti最高のロマンスと小説年鑑を獲得 (Alfaguara, 2014). で 2017, 彼の小説「他の曲は、」カサ・デ・ラス・アメリカス賞を受賞しました (キューバ), 賞サンパウロとJabuti賞 (3º場所). 文字のMulherio運動に参加.

サービス:
タイトル: フェイスセレナ
筆者: マリア・ヴァレリアRezende
出版物: 2018
サイズ: 14X21
ページ: 158 P
価格: R $ 40,00
出版社のウェブサイト: site.editorapenalux.com.br
電子メール: penalux@editorapenalux.com.br

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*