ホーム / アート / カーサロマリオマルティンスクリチバゲイン暴露でブラックの存在
Aquarela de Willian Lloyd que retrata um trabalhador negro conduzindo um carro de bois junto às ruínas do Alto São Francisco. À esquerda, a antiga igreja Matriz, com suas torres quadradas. 1872. Coleção Newton Carneiro. コレクション: DPC / FCC.

カーサロマリオマルティンスクリチバゲイン暴露でブラックの存在

クリチバの形成と発展における黒人の役割は、水曜日に開いた展覧会のテーマであります (28/3), 家の中のロマリオ Martins. 展示会「クリティバの黒い存在は、」黒人は街の外観で再生多くの工芸品を描写します. ポーターました, calceteiros, チームメイトの抽出とプロセッサ; 彼らは、資格のある工芸品を持っていました, 石工と大工は何世紀にあったように 18 と 19.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

黒人女性は、また、さまざまなタスクに専念しています, 家や庭での作業, 都市部の商業に労苦. 時間の経過, 関連付けを構成します, アートは立派な品質を生産し、活動の様々な分野で主導的な専門家になってきました – na advocacia, エンジニアリング, 授業中, 他人.

「世紀の真ん中に 21, ブラジル社会は緊急の変更の必要性に直面しているとき, 利益は聞いされることにより、恵まれない集団の闘争を粉砕し、彼らの権利が尊重されています. その方向に, また、強いエコー黒の声は「肯定と国を建設中で、その世俗的な役割を再確認します, 微妙なハイライトマルセロ, クリチバ文化財団の遺産ディレクター.

微妙によると、, 文化財団は、クリチバの形成に黒人の存在と参加のこの展開過程で協力することを目指し、この展示会を準備しています, 過去を省略せずに、現在の議論と成果」の早い時期の村, しかし、常に自分のキャラクターの役割を求めています, 彼らは、テーマの作品として登場しました, イベントや象徴的な場所, ロザリオ教会など, 人格, 宗教と文化の世界; 現在, também, 現代社会で黒人の大規模かつ健全な議論を参照してくださいデモレコード」, 説明してい.

展覧会は博物館Paranaenseのコレクションを含み, FCC社会コミュニケーション, 市役所の社会的コミュニケーションの事務局, 月の社会と文化センターHumaitaのサーティーン. Acervos particulares também foram disponibilizados para compor a exposição. O projeto teve a parceria da professora doutora Joseli Mendonça, UFPR歴史学部, 露出の下で問題を定義する際に技術支援を提供しました. また、宗教についての写真や情報を共同研究者とセットデザイナーマルシオマリーンズ. プロジェクトの遺産文化財団理事会が行ったマリアルイザゴンサルベスBarachoとマルセロ・サルダナスーティルの指導を持っていました.

サービス – クリティバのブラックプレゼンス展
ローカル: ロマリオ Martins 家 – ワイド大佐アエネアス, 30, ラルゴ·ダオルデン – San Francisco
開口部の日付と時刻: 28 3月, として18h30
営業時間: 912:00、13:00、18:00 h (3金曜日) 14Hへと午前9時 (土曜日, 日曜・祝休日)

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*