ホーム / アート / 太陽はブラオは、Dumke の展覧会と Rones の写真家の集団
仕事 "臨時の開業医" Dumke Rones の. 写真: ディスクロージャー.

太陽はブラオは、Dumke の展覧会と Rones の写真家の集団

男爵のマナーは今週の木曜日を開きます (17) 新しい展示会: 「照明 Dumke Saila のアート」, 「エルサレム-ソランジュ Benasulin 写真」, 「体パラナ州写真家会議」と「コーヒーの肖像画」, デ Dirceu ヴェイガ. Rones Dumke アーティスト紹介の合計 28 コラージュ ・版画の技術は、します。, 4 シリーズ形而上に分かれてください。, Clepsidra, Ocidentes と東, 空間の詩学.

Rones Dumke の作品その歴史の一部を示し理解を光に表すアイデアを考える, ものの啓蒙, 何が私たちの周りの知覚. Dumke の場合, 彼の功妙な練習は、芸術の知的理解のサービス.

Foto de Solange Benasulin.

Solange Benasulin 写真.

"彼の芸術の精度, 患者と利害関係のないです。, 4 年以上も続いたコヒーレントとリニアの開発, 様々 な段階を通って行くと、最も多様なスタイルを蓄積, シュル レアリスムに古典的なポップアートに至る, 非常に独特の知的精神的な宇宙を表現する方法」で, 学芸員について説明します. 彼は Dumke が洗練されたアートの著者であることについて説明します, 公衆のため急性で礼拝メッセージの内容, しかし、それも普通の外観のシンプルさに到達, 詳細の富によって図形の美しさ.

画家と英国式庭園殺人, Rones Dumke は、クリチバを生まれ。 1949 場所は今住んでいます。. Frequentou o atelier de Carlos Scliar e recebeu o Prêmio Secretaria da Cultura como Melhor Artista Paranaense no 37° Salão de 1980. 開催個展し、クリチバでのグループ展に参加, リオ ・ デ ・ ジャネイロでの展覧会にも招かれ、, サンパウロ、アメリカ合衆国. 彼の作品は、ブラジルのプライベート コレクション, フランス, 米国, イギリス、いくつかの美術館のコレクション.

Foto de Manoel Guimarães.

マノエル ・ ギマランエスの写真.

写真 -アンゴラの写真のテーマは、「エルサレム」, hoje moradora de União da Vitória, Solange Benasulin. テル ・ アビブのカメラマンが住んでいた, イスラエル共和国の首都, 中に 26 年. これは、エルサレムの数回, 最初ツアー, しかし、私はすぐにその本質をキャプチャしようとする都市の毎日の生活の別の瞬間を登録しなければならなかったことを実現.

プロの写真で形成されました。 “スタジオ Gavra”, テル ・ アビブの, ソランジュはイスラエル共和国の 3 つの写真展に出席し、ハンガリーで最も最近の展示. イスラエル政府フォト主催全国大会で受賞. ソランジュはクリチバと強いコネクション. Nascida em Lobito (アンゴラ), ブラジルに来た 1975, 戦争の難民として. まで、 1981 パラナ州の首都で彼の家族と住んでいた, コレヒオ ・ オスピタウ ソロモン Guelmann に師事. 1 年前, 既に子どもと家族の写真に特化しました。, União ・ ダ ・ ヴィクトーリアに住んでいます。.

Foto de Lauro Maeda.

ラウロ前田の写真.

A coletiva “Corpus” conta com a participação de fotógrafos integrantes de dois grupos de fotografia da cidade – o Núcleo de Fotografia da APAP/PR e o grupo “E por falar em fotografia..”. São ao todo 31 参加写真家: Antonio ウォルフ, Barthwal Wille, キリスト教の Schönhofen, Clytius バローゾ委員長, Daniel エルンスト, Daniel ヘンリー, Daniel 同氏, Eduardo 富里, エステンバン レダー, Fabio Laub, Fernando Ziviani, フラビア オオカミ, フランシスコ ・ サントス, ジャンナ Calderari, Jaime セナ, ジュリアナ Gisi, ラウロ前田, Lucas Amorim, ルチア ビスケー, Luiz ギリェルメ Todeschi, マアト ウサギ, マノエル ・ ギマラエス, Marcelo Almeida, 耕されるマリアナ, Mauricio Vieira, パブロ ・ コントレラス, レジーナ Oleski, ルネ ・ エルンスト, Ricardo Akam, Rodrigo Janasievicz、シモーネ Ferreira. 学芸員は Luiz Gustavo Vardânega Vargas ピントです。, 私は最近、視覚芸術賞・ マルカントニオ ・ Vilaça のお知らせクリチバ文化財団の無料トライアルを出席.

もう一つの展覧会をもたらします一緒に Dirceu ヴェイガによる図面, 部屋、鉛筆彫刻博物館. テーマは「コーヒーの肖像画」.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

サービス:

クリチバ市写真美術館で展覧会
オープニング: 17 12月 2015 (木曜日), 19時間のように
"照明 Dumke Saila のアート" (コラージュ, 油、塗装、エッチング)
まで、 31/01/2016
"体"-パラナ州の写真家の集団
まで、 07/02/2016
"エルサレム"-ソランジュ Benasulin 写真
まで、 28/02/2016
鉛筆の部屋-クリチバ市の博物館で展覧会
オープニング: 17 12月 2015 (木曜日), 19時間のように
"コーヒーの肖像画", デ Dirceu ヴェイガ
まで、 14/02/2016
ローカル: 太陽はブラオ (R. Carlos カヴァルカンティ, 533)
時間: 火曜日から金曜日まで, 9:00、12:00、13:00、18:00.
土曜日, 日曜、祝日 12:00 ~ 18:00.

自由参入

.

Obra "O Praticante do Extraordinário" de Rones Dumke. Foto: Divulgação.

仕事 “臨時の開業医” Dumke Rones の. 写真: ディスクロージャー.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*