ホーム / アート / ボスケダバーハに屋外でコーヒーブレイク: 露光開口部 “愛情”, ベアトリス・カヴァルカンティ
瞬間, ベアトリス・カヴァルカンティによって. 写真: ディスクロージャー.

ボスケダバーハに屋外でコーヒーブレイク: 露光開口部 “愛情”, ベアトリス・カヴァルカンティ

A露出PENING “愛情”, ベアトリス・カヴァルカンティ, しない A市立国立公園の環境教育センターuditório バールの森A. C言語offeeブレーク no jardim. 土曜日, 日 4 5月, 9:00 から. 自由参入.

環境教育研究における参照の場所であるために, ラグーンと海の間に, A リオの画家ベアトリス・カヴァルカンティ 彼は招待を受け入れ パルケ市立自然ボスケダバーハ 彼の第二の個別を露出させます, 「愛情」, 誰が提示されます 20 キャンバスに油彩画. 「私は私のストロークは、様々な感情を感じる与えるとき, しかし、主なものは愛情です. この感覚は、他の心に私たちを接続します, 共感を超越. それも、神聖なものです! 時にはペイントすることは困難です, それは時々簡単です。. そしてそう, 人生として, それは私たちを驚かものです. 空白の画面は、常に挑戦です, 行動をドリームプロジェクト. 愛情とペイントは、それらの瞬間を「永続することです, ベアトリスは明らかに.





近所の住民, ベアトリスカヴァルカンティは独学で、ためにアートを作り出します 12 年. 彼はパルケラジェで勉強するブラシと塗料の取り扱いに容易であるという利点を取りました, どこ彼らの強化の油絵の技術, あなたの外観とスタイル. から, 彼は行動を動かし始めました, 彼の絵に、より強度の色や線. 名誉のゲストだったとマーホールの26日に授与, で 2018, リオ・デ・ジャネイロの海軍・クラブで行われ, フレームとモーメント, 彼の最初の展覧会「ネイチャー」の一部であった者.

ボスケダバーハについて

アメリカ大陸のフルアベニューで, 忙しいバー, o parque é um enorme refúgio natural: アール 400 自然の千平方メートル, 木々のフル, 芝生も素晴らしい湖. これは、レジャーや歩行エリアと市営公園です, また、生態保護区の機能を有します, 彼らはもともとそこに住んでいたバラダチジュカや動物の本来の領域の自然植生を保存しているところ, ワニ, saracuras, 鳥類, サギ, cotias e jabutis. O local também é uma ótima opção de lazer para os pequenos: スイングがあります, スライドや森の中でより多くの散乱.

サービス:
屋外でのコーヒーブレイク ボスケダバーハ: 露光開口部 “愛情”, ベアトリス・カヴァルカンティ
展示会は、市立国立公園ボスケダバーハの環境教育センターの講堂で開催されます
によって. アメリカ大陸の – 6.000 キロメートルまたは 6 その後、オフ. アメリカ大陸の
何ジャルディンをコーヒーブレイクません
土曜日, 4 5月, 9:00 で
デュレーション: 13Hまで
面会: 日 4 6月, 火曜日〜金曜日午前9時から13Hまで午前9時から17時間、土曜日に
+ 情報: naeabosquedabarra@hotmail.com または電話で: 21 98909-2046
年齢区分: 本
自由参入

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*