ホーム / アート / イベントは、ポルトガル語のために人々を結び付けます
ポルトガル語の詩人のVI会議 - カバー "カモンイスRouteの詩, 特集. ディスクロージャー.

イベントは、ポルトガル語のために人々を結び付けます

人々を団結し、母国語を尊重. これらは、ポルトガル語の詩人の第六会議の目的です, 何が日に発生しました 5 9月, リオデジャネイロで. イベントは、講義が特徴, 詩的なプレゼンテーション, 音楽や記念アンソロジーをリリース. ブラジルの他に, 問題は、アフリカで開催されます, ギニアビサウ, 日 18 A 21, そしてヨーロッパ, リスボン, の 26 A 28. Gratuito e aberto ao público, エントリーはメールで作られています:

encontrodepoetasdalinguaportuguesa@hotmail.com

イニシアチブのメンターと主催者のよります, ブラジルの詩人、歌手マリザスマイル, プロジェクトはで生まれました 2013. から 2014, 済みました, 毎年, リオデジャネイロの都市で, リスボン、アフリカの土壌にポルトガルの首都. 「たとえば, で 2017, それはマプトにありました. で 2018, ルアンダ. 今年からは、CPLPの制度的支援を持っています”.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

マリザは、提案されたプロジェクトの一つがインクルージョンを促進することであると述べています. 彼女によると, 出会いは、常に様々な年齢の詩人や詩的な経験レベルを備えています, 有名な、受賞歴のある医師とPHDの手紙で, 詩人の初心者と一緒に. 「以上の200は私たちのミーティングを通して彼の詩的な贈り物を目覚めさせていました, alguns já com destaque internacional. Até a quinta edição contávamos com mais de 2000 参加詩人 ", 明らかにする.

イベントはまた、記念アンソロジーの発売を含み: 「カモンイスRouteの詩」. 本はの参加を含み 142 ポルトガル語圏の国の詩人. 仕事は重要なアーティストに敬意を表して, como a poetisa e romancista brasileira Maria Firmina dos Reis, ギニア詩人バスコ・カブラルと百年祭のためのポルトガル語ソフィア・デ・メロ・ブレイナー・アンダーセンとアマリア・ロドリゲス.

プログラミング:

A VI EPLPの開口部は、上のリオ・デ・ジャネイロで開催されます 05 9 月 14 H. 実オフィスポルトガル語. その後, 日 06 と 07, 講堂の共和国の博物館に行きます.

ギニアビサウ, イベントは、日になります 18 A 21 no Centro Cultural Brasileiro, セントロ文化仏ギニアビサウ, ポルトガル文化センター - GBとバスコ・カブラルのハウスで. EPLPする組織はまだ最大の文化施設を訪問します, Pindjiguiti, アムラ要塞, 民族解放闘争の博物館, 共和国の大統領.

Já em Lisboa, プロジェクトが実施されます, 日 26, CPLP本部, ハウス財団アマリア・ロドリゲス, と, 日 28, スポーツ博物館図書館で.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*