ホーム / アート / 展示会「Pratodomundo - 仕出し 10 億 ", 明日の博物館, グランプリで銅メダルを獲得
展示会「Pratodomundo - 仕出し 10 億 ". ディスクロージャー.

展示会「Pratodomundo - 仕出し 10 億 ", 明日の博物館, グランプリで銅メダルを獲得

受賞者の発表は、火曜日に行われました, 日 18 6月, コペンハーゲン, デンマーク. 博物館には、数々の賞を3回獲得しています, 革新的な取り組みや美術館、世界中の文化センターの優秀性を強調

展」Pratodomundo - 食品 10 億円「私はグランプリで銅メダルを獲得しました (旧国際デザイン & コミュニケーション大賞 – IDCA) カテゴリ展デザイン一時的で. 発表は火曜日に行われました, 日 18, コペンハーゲン. この賞は、世界中の美術館の中で最も革新的で創造的な取り組みや文化の中心地に与えられ、. 彼らは、博物館の特別展ベルギーの自然科学博物館、ボストン美術館と競合しました, 米国たち.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

明日の博物館は、グランプリで3個のメダルを獲得しました, すべて 2016: ベスト一時的な展示会のコミュニケーションのための一時的な展示会の最優秀セットの設計のためのゴールドとブロンズ, 両方のフライング詩人」のための, サントス ・ デュモン」; そして常設展示のベストセット設計のためのブロンズ.

発足 12 明日の博物館で4月, 「Pratodomundoは」以上に訪問されました 65 千人. 私たちはどのようにフィードの質問から 10 億人, 10年の人口の推定数 2050, 生産の多様性, 環境の尊重と栄養価, 展覧会は、気候変動の課題を提示します, 減少し、生物多様性, 極度の飢餓と肥満や食品の不均等な分布として. しかし、また、知っているし、可能な解決策に反映させるために、公開を奨励することを目指して, 未踏の地域で栽培など (ツンドラ, 海や砂漠), そして、このような海草などの食品の消費, 昆虫や植物.

「グランプリの受賞によって認識されていただけ明日のチームの博物館で行われた仕事の質への認識をもたらします, PratodomundoはIDGチームによって作られたので、, これは、博物館とそのプログラミングを管理機関であります. これは、オープン以来行われた作業の継続性を証明し、我々は展示会や将来のための科学の課題に焦点を当てた博物館のプログラミングのための卓越性のパスに従っていることを示しています, その中で食品として 10 栄養の質と持続可能性を持つ億人, この博物館の主なテーマにしたこの対話を作成します. このような認識を持っている喜びであります, 「展覧会のオープニングの月よりも少し, レオナルド・メネゼスは祝います, 明日の展示キュレーターとContent Manager博物館.

展示会 “Pratodomundo” それは明日の博物館で開催されました, 開発と管理の研究所の管理下. スポンサーカルフールとIBMのサポート, 両方の連邦法による文化的インセンティブに. 国連食糧農業への支援食糧隠しとイスラ種子およびコンテンツパートナー (FAO), EMBRAPAとフランス通信社.

明日博物館はリオデジャネイロの文化の市事務局の文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社).

明日の博物館について

明日の博物館 人類が持続可能性と共存の観点から、今後数十年間に直面することを機会と課題を探る応用科学の博物館です. 12月にオープンしました 2015 リオデジャネイロの都市別, 明日博物館は、リオ・デ・ジャネイロの市の文化学科文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社).

政府と民間部門の間のパートナーシップの成功例, 明日博物館は終わっ受けています 3,2 オープン以来百万人の訪問者. マスターバンコ・サンタンデールの後援や、シェルなどの企業が含まれるスポンサーの幅広いネットワークを持ちます, IBM, IRB-REブラジル, Engie, グルポグロボ, CCRの研究所インテル, 博物館はもともとロベルトMarinhoの財団によって設計されました.

IDG - 開発と管理協会 これは、公共文化施設や環境プログラムの管理に特化した非営利団体で、民間企業のためのコンサルティングや、文化や環境プロジェクトの実施や開発にも積極的です. 現在、明日の博物館を管理するためのアカウント, リオデジャネイロで, Frevoを行うパコ, レシフェ, 大西洋岸森林基金の運用マネージャーとしておよびヴァロンゴ埠頭の遺跡の保全活動のディレクターとの統合など, リオデジャネイロの港湾地区で. で詳細はこちら www.idg.org.br

明日の博物館や国連ODSについて

で 2015, 国連 (国連) 作成したアジェンダ 2030 ととも​​に 17 持続可能な開発目標 (ODS), それは、世界のすべての国で実施されなければなりません 2030. 持続可能性と共存の柱と, 明日博物館は、この議題の実現に努めています, 貧困と飢餓の撲滅のために提供します; 持続可能な消費と生産を通じて分解から地球を守ります; 経済発展を通じて人々の繁栄の生活や個人的な履行を確保します, 社会的、技術的, 自然と調和しました; そして、平和を推進します. 各ODSの詳細については、, 国連のウェブサイトをご覧ください。: nacoesunidas.org/pos2015/agenda2030/.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*