ホーム / アート / 展示会「ストリート!芸術に「SEAリード, 都市の文化と社会問題
Os Clovis, カーニバル. 写真: Evandro テイシェイラ.

展示会「ストリート!芸術に「SEAリード, 都市の文化と社会問題

Evento de abertura terá entrada
gratuita e Bnegão comandando

竹馬に乗って音

オープニング:1月18日, 午後10時から,
午後5時まで入場無料.
Bnegão bota som às 16h
信託統治:SEAチーム
シーズン:4月まで 2020

リオの美術館, 経営研究所のオデオンの下, 土曜日に公開しています, 日 18, 入場無料で, a exposição “Rua!". Ocupando uma sala do pavilhão, a mostra coletiva reúne cerca de 80 工場, entre fotografias, 動画, grafites e esculturas – de artistas como Carlos Vergara, Evandro テイシェイラ, ポーラ比喩, Guga Ferrazの, ジェームズ・フィリップスとティア・ルチア, entre outros – que integram a Coleção MAR, além de cinco grafiteiros convidados para criarem trabalhos especialmente para a mostra – Panmela Castro, クルス, ラック, Ramo Negro e Coletivo I love MP. A curadoria é assinada pela equipe do museu, マルセロ・カンポスによってコーディネート.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

Entre os destaques da mostra está uma instalação sonora feita pelos artistas Guga Ferraz e Daniel Castanheira: uma rampa de スケート com nove metros de comprimento que será montada no centro da sala, acoplada a um sistema de som que amplifica os sons produzidos pelos スケートボーダー. 都市やスポーツ選手の集団は、シーズンを通してランプを使用するために登録することができます.

A exposição reforça a vocação do MAR para discutir as questões sociais das cidades e de colocar a arte em diálogo com a cultura das ruas. “A rua vibra com a pulsação da cidade, 通行人の, que a enxergam de diferentes modos por meio dos reclames, 声, そして、交通, 主に, da invenção de linguagens. A partir destas atitudes e gestos, o acervo do museu dialoga e divide a exposição em quatro núcleos: deambulações, 廃墟, violência e manifestações. そう, 芸術的な合併にマージキュレーターのジェスチャーの合計のプロジェクト成果, 街頭に展示室を開設, com seus usos e contra-usos, 韻の戦いで, vogues, 通り dances e slams, その他」の中で, afirma Campos.

16時間からスタート, BNegão bota som para animar o público com uma discotecagem libertária, ダンスホールの最高と, bass nacional e afrofuturismo. O termo “bota som” era usado pelo músico e ativista Marcelo Yuka para designar pessoas que não são DJs, mas que curtem discotecar. A festa segue nos pilotis até as 18h30.

サービス:
ストリート!
展覧会のオープニング: 土曜日, 18 1月, ダス10時間としての18時間 (17Hへの入力) – Pavilhão de Exposições
プレゼンテーション Bnegão: 土曜日, 18 1月, às 16h – Pilotis
初日にSEAは、すべての展示会への無料入場を持っています
面会: 火曜日 ~ 日曜日, ダス10時間として17hを
展覧会のオープニングでと火曜日に無料入場. 他の日の$ 20 (日曜日に家族全員との入場) のEのR $ 10 (半分の価格)

.

川海の美術館

Prefeitura のイニシアチブは、カルースト ロベルト Marinho とパートナーシップでリオを行う, 海は収集を伴う活動, 登録, 検索, 保全と地域社会への文化財の返還. プロアクティブなサポート宇宙教育と文化, スクールルック - 博物館は学校で生まれた - , その提案は、革新的なmuseologicalです: ブラジル国内外の行動のための基準の教育プログラムの開発を促進, 機関を案内キュレーションプログラムからアートと教育を組み合わせた.

海は、オデオンによって管理します。, 文化の社会組織. 博物館はメンテナとしてグローブ基を有している, 文化的インセンティブに関する連邦法によるスポンサーとして協賛し、マスターイタウとIRBブラジルREとしてEquinor.

見た目の学校は文化のインセンティブに関する連邦法を介したIcatuセグロスとマチャドマイヤー弁護士のサポートを持っています. SEAはまた、リオ・デ・ジャネイロ州政府の支援と市民権省とブラジルの連邦政府の実現を持っています, 文化振興のための連邦法による.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*