ホーム / アート / いくつかの概念の仕事とゼロコレクティブギャラリーを表示
Obra de Francisco Rosa. 写真: ディスクロージャー.

いくつかの概念の仕事とゼロコレクティブギャラリーを表示

“集団的パラドックスは、「カルロス・ボルサジョブが特徴, フランシスコ・ロサ, 彼らVERZとルイスPasqualini, consabidaの意見やネクサスの欠如を無視され, através do paradoxo

A ゼロギャラリー 開幕しました "Paradoxo Coletivo", com trabalhos de カルロス・ボルサ, フランシスコ・ロサ, 彼らVERZ ルイスPasqualini, の方向の下で ペドロ・パウロアフォンソ. ショーはで構成されてい 21 作品 - 絵画, ストリート アート, 彫刻 -, em um conceito que pretende reunir artistas com proposições distintas, consabidaの意見やネクサスの欠如を無視され, contrariando, através do paradoxo, os preceitos básicos e gerais que orientam o pensamento humano.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

この新しい集団で ゼロギャラリー, カルロス・ボルサ exibe a série “#mitodacaverna", cujo objetivo propõe discutir as relações humanas com a tecnologia, utilizando o conceito de Platão que aponta a ignorância dos seres e o que é necessário para atingir o verdadeiro “mundo real”, baseado na razão acima dos sentidos.

「中Sala de Troféus", フランシスコ・ロサ sugestiona as relações empáticas e simbióticas entre os animais humanos e não humanos, apresentando esculturas antropomórficas, em metal, que questionam as relações predatórias dos homens com os animais.

彼らVERZ apresenta “Bodas de Loro", série que aborda o caos harmônio, em obras produzidas sobre madeira recortada, técnica que comemora bodas de 20 年, contendo sua visão original e bem-humorada da simultaneidade dos sistemas complexos contemporâneos.

最後に, ルイスPasqualini expõe “A roupa nova do rei", uma crítica sobre as relações artísticas praticadas no mercado atual, o qual dita o que pode ser ou não considerado como arte, utilizando a fábula de um soberano, enganado em um golpe de um charlatão, que diz ter lhe vendido roupas que só os inteligentes poderiam ver.

暴露: "Paradoxo Coletivo"
アーティスト: カルロス・ボルサ, フランシスコ・ロサ, 彼らVERZとルイスPasqualini
方向: ペドロ・アフォンソパウロ・コエーリョ
オープニング: 01 de abri de 2019, 月曜日, 19時間のように
期間: 02 4月に 04 5月 2019
ローカル: ゼロギャラリー
アドレス: ストリートお悔やみ, 23 - ビラマダレナ – サンパウロ/SP
時刻表: 月曜日〜土曜日, ザ· 11 20:00 で
作品の数: 21
テクニック: 絵画, escultura em metal, ストリート アート
Dimensões: いくつかの
物価: リクエストにより

.

プレスオフィス - ZEROギャラリー - Baladyのコミュニケーション
シルビアBalady -
silvia@balady.com.br | ZECAフロ - zeca@balady.com.br
電話: 11 3814-3382

ゼロギャラリー

A ゼロギャラリー それは芸術が見られ、人々の日常生活の一部であるものとして感じられる場所としてサンパウロ文化回路に統合の目的を思い付きます, 主に白い壁の隔離された環境に住んでいないので、, しかし、異なる色やニュアンスが芸術作品と並行して優勢市内で. ペドロ・パウロアフォンソ, エコノミスト, これは、オーバーの投資分野での金融市場で動作します 10 年, サンタンデールアセット・マネジメントのような大きな機関のために働いて, ネスト投資, FIDUCIA資産管理電子未来アセットウェルスマネジメントCCTVM. 何年か前にアートコレクター, 彼は、現代美術の振興と発展のためのスペースを作成し、新しく設立され、アーティストの両方をサポートするための方法を見つけました, したがって、彼の趣味に専念することができることと、それを専門化. の主な目標の一つ ゼロギャラリー それは国民の芸術家をもたらすことです, それによって表されます, 都市と世界のさまざまな場所へ, これブラジル人の生活の芸術家の広い範囲を公開し、促進することができること.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*