ホーム / アート / サンラファエルギャラリーが秋の没入型展示会を開始

サンラファエルギャラリーが秋の没入型展示会を開始

Asサンラファエルギャラリー, 没入型で多感覚のコンセプトを持つ最初のポルトガルの高級ギャラリー, 発表させていただきます サイクル 秋の没入型展示会, 秋の展示サイクル, 拡張現実と仮想現実を使用する, 訪問者が, 360度のパノラマ展示ホールを通過, 自由に動き回れる 暴露, インタラクティブアーティストのビデオを見る, 写真や作品を立体的に表示したり、展示されている作品をワンクリックで直接購入したりできます. この新しい没入型コンセプトでは, ショールームは真のマルチプラットフォームになります.





このサイクルの始まりは展示会です “美の獣” 次の日に 19 魅力的でインタラクティブな設定で3人の著名な現代アーティストが集まる11月: カタリーナディアス, ホセA. ファラコとホッサムディラー. 現代性の賛美歌を目指し、感覚的・体験的なデザインとファッションや日常の「夢の世界」を融合させた展覧会, 実在と架空の間, dialogando com a naturalização e exaltação da beleza feminina. 美の獣 é uma celebração da figura feminina, その創造的で自律的な力の, com enfoque na sua força e dimensão espiritual.

ハイライトには、ロンドンを拠点とするアーティスト、カタリーナディアスが含まれます。カタリーナディアスは、アナログコラージュとオイルスティックを使用して、ロンドンの国際的な生活に触発された女性の姿を目に見えるようにします。, ファッションで, 西アフリカの活気に満ちたエキゾチックな色彩主義が住んでいた子供の頃の思い出と同様に. 展示されている作品は、敏感な人の美学に基づいています, その変位は精神性の間で変動します, ポップアートとシュルレアリスム; あなたの側で, エジプトの芸術家ホッサム・ディラーは、ネフェルティティの姿についての一連の絵画を私たちにもたらします, 現代性とファッションに照らしてここで再発明されました, 古代エジプト美術の優雅さへのポップカルチャーの言及に参加する. O seu trabalho reflete a importância dos símbolos, 現代世界との対決におけるこの重要な女性像に関する物語と神話. 目立ちます, 最後に, スペインの芸術家ホセAの彫刻と絵画. 女性ヌードの脱セクシュアル化と帰化に関するビジョンを私たちに提示するファラコ.

また, 上の 3 12月, 展示会が開かれます “くるみ割り人形” と “BeansTalkers”. “くるみ割り人形” アーティストGulnarSacoorを結集, テボ, Fabián Caro Román e Jaime R Ferreira sob a temática do sonho e espiritualidade. 証拠はDialoguesコレクションです, de Gulnar Sacoor, na qual a artista moçambicana cruza, 感情的な対話で, a visão abstrata e única de Piet Modrian com as suas linhas horizontais e verticais e a sua paleta de cores primárias, マーク・ロスコの瞑想的な芸術と彼の成熟した色との関係, 交互のコントラストと微妙な色の変化, 芸術の熟考における沈黙の要求において. まだ, ミニマリストの美学に関するこの対話の中で, são apresentadas as séries ラッシュマップPost-Vacation indication バルセロナのアーティスト、ディエゴ・エステボ・オルティス. Diego, 芸術的にはテボとして知られています, ミニマリストの構成をここに持ってきてください, 即時性と原始性を好みます, 2つのお気に入りのテーマが融合する場所: 標識と風景. 夢をテーマにした空間もあります, ハイメRフェレイラの演劇と魔法の環境を強調する, 塗装を通して, 感情を込めて物語を語ることを目的としています; チリの芸術家ファビアン・カロ・ロマンの彫刻に生息する幻想的で魔法のような存在, 形而上学的で予言的なものへのアピール, 戦士の姿のエロティシズムと魔法は、シュールレアリストのモデリングで元の形をとっています.

秋の展示サイクルは展示で終わります “BeansTalkers”, Vimocアーティストの作品を集めた伝統に捧げられた展示会, セシリア・アセベドとカルロス・テイシェイラ. A exposição coloca em ênfase a ゴールデンエディション, ポルト市のVimocデュオから, 自然の美しさと都市建築に関する一連の作品. このシリーズでは、芸術家は金色の木彫りを適用するというポルトガルの伝統を取り戻すことを目指しています, 金箔の動的形態を上げられた手描きに結合する. この展覧会では、チリのアーティスト crochetpainting Cecília Acevedo, テキスタイルファイバーを通して、感覚体験に力を与えることを目指しています, 触覚システムの集約. 注目すべきは作品です “ストリートトレジャー” と “モアイ” かぎ針編みのテクニックを通して感情的な芸術の新しい概念を呼び起こそうとする人, 植物の糸から作成, 天然顔料を使用したアーティストによる手染め. 絵画と写真の芸術家CarlosTeixeiraがこの部屋を閉めます, シリーズで “ルラリダデス” と “商取引の本質”. ルラリダデス traz-nos uma série de pinturas com enfoque na ruralidade e na simplicidade das suas gentes, 土地との友愛関係で, 動物と, 背景に黒、主人公に純粋な色のブロックを使用. E em 商取引の本質 o artista de Braga transporta-nos para um olhar cru sobre o comércio tradicional com enfoque nos traços característicos e identificadores da matriz cultural e do imaginário dos comerciantes.

展覧会はGaleriasSãoRafaelのウェブサイトで訪問できます www.galeriassaorafael.com a partir dos dias acima mencionados e estarão em exposição permanente. サンラファエルギャラリーも運命 10% 利益から慈善プロジェクトへ, 未来を築くための支援と文化の重要性を強化する.

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*