ホーム / アート / マウント「聴衆」, チェコのヴァーツラフ・ハヴェル, 祝います 30 ビロード革命の記念日, チェコ共和国の民主化プロセスの開始をマークしています
マウント「聴衆」, チェコのヴァーツラフ・ハヴェル. 写真: ルイス・フェリペLabaki.

マウント「聴衆」, チェコのヴァーツラフ・ハヴェル, 祝います 30 ビロード革命の記念日, チェコ共和国の民主化プロセスの開始をマークしています

でチェコ語からの翻訳 ルイス・フェリペLabaki とによって指示 ジュリアナ・ヴァレンテ, 片の 集団学校 これは、権威主義に批判的です. SPシアタースクールデイデビューを表示 29 11月

まもなくブラジルで開催, 詩人, 劇作家, 活動家、元チェコ大統領 ヴァーツラフ・ハヴェル (1936-2011) それはビロード革命の指導者の一人でした, 旧チェコスロバキア共産独裁政権の終了を担当平和運動. マークに 30 この政治的激変の年と民主主義の価値の反射を作成します, ザ 集団学校 ショーをデビュー 「オーディエンス」, が監督 ジュリアナ・ヴァレンテ そして、翻訳 ルイス・フェリペLabaki, ルームヒルダ・ヒルスト - 劇場の学校でSP, 上の 29 11月. シーズンまで継続します 16 12月, R $ 30までのチケット付き.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

権威主義への批判的, ハヴェルは「標準化」として国に知られるようになった時間の間に彼らのプレーが行われていませんでした (1968-1989), 自由化の過程で終わった共産主義政権の復活の期間はプラハの春に発生しました (1968). で 1974, 財政難, 劇作家はTrutnovの町の醸造所で数ヶ月のために働くことを余儀なくされました.

この経験は遊び「オーディエンス」を書くために彼にインスピレーションを務めました (1975), これはかつての劇作家の訪問を告げるバネック (学校の集団を組み立てます, MARO Zamaroで演奏), 著者の二重の種類, 彼の本社へ, マスターブリューワー (ペドロMassuela). ビールのいくつかのボトルをこぼします, ボスはビールの樽を転がしによる鈍いに、劇場に住んでいた女優や性格についての彼の前の生活についての子供を頼みます.

会話の中で, マスターブリューワーは、昔自分を覚えています, 彼らの失望を超える注ぐとバネックに好意と引き換えに新しいジョブを提案. 詩人で劇作家反体制派は、彼の「破壊」の活動についてシークレットサービスによって要求されたレポートを書くに役立つはず.

「遊びは、二つの世界のビュー間の衝突を私たちに提示します. バネックと杜氏は、人生経験と視点が自分たちの中で大きく異なっています. そして、この摩擦は我々の注意を引く最初のものです. 私は、「我々はブラジルで深刻な政治的分極と遊び深い対話のこの構造的な側面を生きていることと言え, アカウントディレクタージュリアナ・ヴァレンテ.

どちらも全体主義の影響を受け, 「労働者」と「知的」はおそらく平等主義的な環境の急激なクラスの違いや検閲の時に人生について深く考えを開発します. 「テキストによってもたらされたもう一つの側面は、芸術家の場所についての質問であって、社会における知的. これは、「現在、私たちが生きていることに起因する一般的な知識で、アーティストと知的の切り下げプロセスに地面を得ているということの議論であります, deviserを追加.

ショーは、思考と表現の民主主義と自由を守るための提案を持っています, 乱現在の世界の政治シーンの前に脅かさ, そして全体主義はどのスキームに有害であるかについて議論.

作品は、サウンドトラックもジュリアナ・ヴァレンテによって署名フランシスコTurbianiとルイス・フェリペLabakiとシナリオでライブを行いました. 観客は、対向するように配置された顔であります, 風光明媚な要素と廊下に配置されました. 「方向についての私の最初の懸念の1つは、醸造所の環境の整備でした. これは、シーン要素や小道具に表示されます。, だけでなく、ステージ上のミュージシャンを示すの選択に関し、, この工場の従業員として特徴づけ」, 言ったディレクター.

バネック三部作

「聴覚」に加え、 (1975), ハヴェルは後半に書きました 1970 同じ主人公と他の二つの部分, 劇作家フェルディナンドバネック: 「ベルニサージュ」 (1975) そして「抗議」 (1978). 文字 - とハベルのも、絵は - また、他の劇作家のチェコ人のために適切でした, コモパヴェル・コホウト電子智異Dienstbier.

3つの作品は広く「サミズダート」としてチェコスロバキアで循環させました (東ヨーロッパの全体主義政権によって検閲出版物の違法な開示) 国の主要な反体制派の政治家としての著者の評判を強化. 「オーディエンス」の初演後, このシーケンスの他の二つの部分を設定するには、集団の学校計画.

ヴァーツラフ・ハヴェル

ビジネスマンや知識人の裕福な家庭に生まれ, ハヴェルは半ばに作家や詩人として浮上しました 1950 そして劇場で彼のキャリアを始めました 1959 劇場ABCの舞台技術者として, プラハの. 彼の最初の作品, 「ナイトファミリー」, これは、同じ年に書かれました. 彼は作品の成功「庭で饗宴」で脚本家として知られるようになりました (1963), 「コミュニケ」 (1965) そして「成長集中難易度」 (1968), 抑圧的な政権の厳しい批判と近代的な現代人の状況は誰でした.

そのため、政治的闘争の, ハヴェルは別の機会に逮捕され、「正常化」の期間中に行わ彼のプレーを持つことが防止されました. 刑務所での彼の長期滞在を間に起こりました 1979 と 1983.

数年後, ハヴェルは、市民フォーラムの動きをリード, ビロード革命の抗議行動の出現に形成され, その日その 17 11月 1989 共産主義チェコスロバキア終了. 彼の著作のため、表現や思想の自由に, ハヴェルは、運動のスポークスマンでした, それは共産主義政権と電力の伝送を交渉するための責任があると政府の間の遷移を陣頭指揮します.

同年, 劇作家は、連邦議会の最後の大統領に選出されました. スロバキアの独立性を持ちます, で 1993, 彼はまた、チェコ共和国の初代大統領に選出されるまで国を支配されました 2003, 二つの用語について.

JULIANA VALENTE ABOUT - DIRECTION

女優, ディレクターと芸術教育, ジュリアナ・ヴァレンテは、USPのコミュニケーションと芸術の学校以来のことでシアターの解釈に特化した舞台芸術に卒業しました 2012. 「睡眠の両端」眼鏡に出演 (2016); 「マリー」 (2014); 「スパ」 (2012); 「セーラム」 (2013), テキストから作成された「るつぼ」; 「オラシオ」 (2012), ハイナー・ミュラーによってテキストから適応; 「マドリッド 36: スペイン市民戦争の追憶」 (2010); 「手の中のAの鳥」 (2009), 適応ワークアントン・チェーホフの「かもめ」; 「最初の物語」 (2008), ジョアン・ギマランエス・ローザによって本から適応; そして「今日はロックの日です」 (2007) ホセ・ビセンテ. ショーのメイド操舵補助「いいえムーニーチョーラの息子」, デテネシーWillians (2018) 小アクトシアターで上映中.

芸術の教育者として、, 彼は数年の間監督しました 2012 と 2017 ショー「サイ」, テキストは、ウジェーヌ・イヨネスコから適応しました; 「例外とルール」, ベルトルト・ブレヒトのテキストの自由な適応; 「民衆の敵」, ヘンリック・イプセンのテキスト適応; 「インスペクタ」, ニコライ・ゴーゴリによってテキスト「監察官」から集団的創造; 「ピットと泥棒」, 適応物語のマリオ・デ・アンドラーデ; 「彼はそう言っていない、誰と誰が何と言います」, ベルトルト・ブレヒトのテキストから; 「標準は幸せになることです」; 「私の反省」; 「チョークサークル」, 自由にテキストブレヒト「白人チョークサークル」に触発; 「不寛容論」; 「紫とバラ」, 自由にテキスト「ホラティウス兄弟とCuriácios」に触発, ブレヒト; 「私たちのパート」; 「どちらかこれか、その」; 「選択肢; 「マリアホアキーナのクロニクル」; 「恐怖のAワンピース」; 「どのようにチート死を」, リカルド・アゼベドの物語から; 「メグ」E「ハムレット」, ウィリアム・シェイクスピアの戯曲の適応.

ノーシネマ, 映画に出演し、「Aロイヤルガード」 (2019), ルイス・フェリペLabakiによって書かれ、監督, E EM「ジェニファー: ガール黒い肌 " (2010), レナート・カンディドによって書かれ、監督, サンパウロ州によって意図WILL.

翻訳 - ルイス・フェリペLABAKI ABOUT

それは映画監督, ロシア語と作曲の翻訳者. 彼は短編映画「オデッサのPracinha」を監督しました (2013), 「なるようにA生活, 同志?" (2017) そして「Aロイヤルガード」 (2019). 劇場に, 彼は劇場の一括学校のための2つの作品を書きました: 「スパ」 (2012) そして「睡眠の目的」 (2016).

マスターメディアとオーディオビジュアルプロセスECA-USP, とに擁護 2016 紙の上の彼の論文「Viértov: DzigaViértovの著作の研究」. で 2017, ソ連のドキュメンタリーサイクルの共同キュレーター「100でした: USSR "にデ・ヴォルタ, それはそれのすべての真の第22版を統合します – 国際ドキュメンタリー映画祭. で 2018 と 2019, 祭りの統合国際短い選考委員会. 間 2011 と 2015, 集団NMEと協力 (新しい音楽オーディオテクノロジー), サンパウロの異なる文化圏でのコンサートの制作に参加し、グループプロジェクトのためのacousmaticやビデオの部品を実行します. 間 2014 と 2015, 彼は美しい電子雑誌に毎月の貢献者として参加しました, 音楽や実験的な芸術に焦点を当てました.

サウンドトラックの編集者、作曲として作用することに加えて、, ロシア語翻訳者として活躍, 公表された「私はどのように炎に忘れてしまいました」, Cosac Naifyによって (2015), ダニイル・ハルムスの童話のコレクション.

COLLECTIVE学校ON

アーティストの会合によって形成されます, USPのコミュニケーションと芸術の学校の学生や卒業生 (ECA USP), 集団スクールで登場しました 2012 「スパ」の初演で, 1つのテキスト適応「人々のアン敵」, ヘンリック・イプセン, サンパウロ沿岸コンテキストへ. サンパウロの都市サンパウロの最初の作品国家とその年循環 - オープニング作品は、酢酸イソプロピルで想定されました, クバタン, Mongaguá, サンビセンテとサンセバスチャン.

で 2015, グループは「睡眠の両端を」新しい仕事の世界にリンクされた検索やショーを開始した大規模な都市部の大都市でその意味を開始しました, 本から未発表テキスト「24/7: 後期資本主義と睡眠の目的」, デジョナサン・クラリー. 遊びはめまい劇場のスペース本部でアーティストレジデントで行いました, プロジェクト内の「新ディレクター」, ペトロブラス/連邦政府からの資金の.

あらすじ

チェコスロバキア, 、 1970. 国内の醸造所での作業, 劇作家フェルディナンドバネックはマスターブリューワーのオフィスに召喚されます. ボトルと他の間, 上司は芸術の彼の人生についてバネックを尋ねます, その新しい環境への適応、それは彼の倫理の限界をテストする提案を行い.

ファクトシート

ドラマツルギー: ヴァーツラフ・ハヴェル
翻訳: ルイス・フェリペLabaki
方向: ジュリアナ・ヴァレンテ
パフォーマンス: マロZamaroとペドロMassuela
シーンのミュージシャン: Turbianiフランシスコ・ルイス・フェリペ・Labaki
音: ルイス・フェリペLabaki
照明: サンフランシスコTurbiani
シナリオ: ジュリアナ・ヴァレンテ
衣装: 集団的創造
生産方向: サンフランシスコTurbiani
プレスオフィス: ブルーノ・モッタとベロニカドミンゲス - 庁Phatic
サポート: サンパウロでチェコ共和国総領事館
施設支援: SP ドラマ学校
成果: 集団学校

SERVICE
公聴会, ヴァーツラフ・ハヴェル・デ
ヒルダ・ヒルストルーム - 劇場のSP学校 - スクエアRooosevelt, 210, 共和国
シーズン: 29 への11月 16 12月
金曜日に, 土曜日と月曜日, 21:00 に; 日曜, 19時間のように
チケット: R $ 30 (全体), R $ 15 (半額とエントリー友人) $ 10 (学習者SPシアタースクール)
デビットカードと現金を受け入れます.
ウェブサイトSymplaを通じてオンラインでチケットを販売.
評価: 12 年
デュレーション: 75 分
情報: (11) 3775-8600
フェイスブック: @ColetivoCardume
Instagramの: @coletivocardumedeteatro

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*