ホーム / アート / エスタシオ・デ・サ記念碑は前例のない展示会を受け、 “私は今まで何を尋ね”, アンナStorino
我々はこれまでに尋ね画像 , アンナStorino. 写真: ディスクロージャー.

エスタシオ・デ・サ記念碑は前例のない展示会を受け、 “私は今まで何を尋ね”, アンナStorino

アーティストがテーマ鶴と作品を作成しました – 折り紙の神聖な鳥、日本の伝統文化A

日まで 30 6月, 国民は「私が今まで尋ねたもの」展を確認することができます, カリオカアーティストアナStorino, 記念碑でエスタシオ・デ・サ, フラメンゴ公園. アナは、自分の仕事に側面と東洋思想を取り入れしようとテーマで作成したショーの作品をもたらします 鶴 - 神聖な鳥の折り紙、日本の伝統文化. 鳥は幸運と関連しています, 無事息災. 彼らは千折り畳まれたときにオーダーを受ける権利であると考えられて tsurus (千羽鶴), 折り紙日本の伝統文化. 文化の柱でその社会的責任プログラムを通じて, エスタシオ - 教育機関 – それはRIOTURのパートナーであります, それは記念碑ビジターセンターエスタシオ・デ・サのキュレーションを担当して.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

この伝説とはかなさとはかなさの概念に基づいて、, 作品「私は今まで尋ねたもの」展示会 tsuru いくつかの方法で. 番組で, 日まで再生 30 6月, 作品や開発の再解釈は、すでに生産されてい, そして未発表の水彩画のシリーズ.

EMBAPによって形成されました (現在UNESPAR) 彫刻でBA (2013-2016/17), アナStorinoは、研究対象として持ち、日本の美学に影響を与えます WABI言います, その機能を組み込むために求めています, 美しいとして非永続性と不完全性など, その生産で. 彼の作品は、現代アートと新技術ポンタグロッサの第一及び第二展示会に出展されています (PR), 展示会「その他内で行わ」, 灯台ギャラリー, そして「明白について」, 美術館グイドViaro, クリチバの.

SERVICE
展示会「私たちはこれまでに尋ねました」
どこ: エスタシオ・デ・サ記念碑 – によって. Infante Dom エンリケ, S / N Subsolo – Parque do Flamengo
とき: まで、 30/6
時間: 9Hから17Hへ
チケット: 自由参入

注釈

2 注釈

  1. Waldirアラウージョ

    アナStorinoの展示会は、日まで延長されました 20 7月

  2. 展覧会はアナStorinoまで延長されました 20 7月. Imperdivel

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*