ホーム / アート / SEAにおけるアートの世界で議題
リオの美術館. 写真: ディスクロージャー.

SEAにおけるアートの世界で議題

テーマの下で “ファシズムのあいまいさ」, リオ美術館は明日開きます (04/07), 16:00 で, o programa “Conversas na Sala de Encontro”. O debate de estreia será ministrado pela professora Marcia Sá Cavalcante Schuback, Södertörnの大学の哲学ホルダー (スウェーデン). 同じ日に, オスカーSvanelid, またSödertörnの大学の美術史で博士号候補, 画家、ブラジルの写真家ジェラルド・デ・バロスの作業を分析します, ホイール「ジェラルド・デ・バロスと地域社会の問題」.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

無料のアクティビティ, まで、毎週木曜日開催されます 26 9月, 一緒思想家をもたらします, artistas e curadores no térreo do pavilhão de exposições do MAR para dialogar sobre temas relacionados com as mostras em cartaz e questões ligadas à arte e ao pensamento contemporâneo. Para participar é preciso retirar uma senha com 1h de antecedência na bilheteria do museu.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*