ホーム / アート / Oficina文化オズワルド・デ・アンドラーデは、前例のない展示会を受け、 “[に]VISIBLE - ポーランド, メモリと抵抗” アーティストエヴァカスティエル, ファニーFeigensonとFulviaでモリーナ
Perspectiva da instalação. ディスクロージャー.

Oficina文化オズワルド・デ・アンドラーデは、前例のない展示会を受け、 “[に]VISIBLE - ポーランド, メモリと抵抗” アーティストエヴァカスティエル, ファニーFeigensonとFulviaでモリーナ

パラレルインストールし、性的に20世紀初頭のBomレティーロ、サンタIfigeniaのサンパウロ周辺に活用ユダヤ人の女性のイベント履歴を回復. を開く 26 10月 2019, 土曜日, へ 14 営業時間. 無料入場

A 文化ワーク ショップ オズワルド ・ デ ・ アンドラーデ, サンパウロの文化の機器省, 露出を受け取ります "[に]VISIBLE - ポーランド, メモリと抵抗」, アーティストの エヴァカスティエル, ファニーFeigensonとFulviaでモリーナ そして、マルシオSeligmann-シルバによってキュレーション. の実現 新規インストール, ラウンド テーブル 専門家へ, 公演, 向こう 近所をガイド付きツアー ボムのレティーロ, 回復 ユダヤ人の女性の歴史, もたらしました 南アメリカへ 者における性的搾取制度と人身売買で.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

ワークショップの展示スペースで, 物理的な要素はを参照してください。 埋葬のアイデア, この軌道を不在と忘却. 訪問者はまたへのアクセス権を持っています これらの女性の思い出を回復オーディオや未発表テキスト そして彼らの努力は、現在に関連する方法を指摘, いくつかの欠失は、連邦政府によって生み出されているとき, そして、としての役割を果たす 将来の世代のための例.

「ポーランド」の歴史は、の商標です。 女性の抵抗, 彼らの記憶の消去を生き残るトレースによって書かれました. 伝えます ヨーロッパオリエンの村に家を出た若いユダヤ人の女性をターゲット20世紀半ばに後半十九から南アメリカに来たなと, 結婚と仕事の約束によって惑わさ, 貧困や民族迫害の歴史を残すように駆動. リオ・デ・ジャネイロなどの都市で下船, サントスとブエノスアイレス, 自分自身を発見しました 走査周期に取り付け性的, 犯罪組織のZvi Migdalにリンク朝飯前と密売によって制御.

なぜなら 売春 する ユダヤ教で非難, それら 女性たち 結局 によって除外 自分の 宗教的なコミュニティ, あった 防止 シナゴーグに出席し、 彼らは伝統的なユダヤ人墓地に埋葬されています. まともな葬儀のそれらを奪います, その伝統への最重要.

用語 「ポーランド」 私はトーンを持っていました 軽蔑的な, なってきて ユダヤ人の売春婦と同義, その起源を参照するとき. 彼らは、知事アダマー・デ・バロスの衛生士の方針によっても、汚名を着せられました, これItabocaストリートに赤線地区を作成, 今日のチェーザレ・ストリートLombroso, ボムのレティーロ, 近所, その時以来、, それは移民によって主に住んでいました.

として 「ポーランド」, 但し, 抵抗, あなたを保ちます 文化的アイデンティティ, 宗教や民族, 自分の共済組合: として 学校, シナゴーグ, 文化団体と, さえ, 自分自身の 墓地 として Inhaúma, リオデジャネイロで, チョーラMenino, サンパウロ, と クバタン. 抵抗モードの彼らの文化.

上の 26 10月, a abertura da exposição conta com dois outros eventos: 15:00 で, アーティスト ヴィック販売 realiza uma perfomance poética sobre a mulher contemporânea e, 15:30 で, ザ コーラル伝統ICIB – イスラエル文化会館ブラジレイロ faz apresentação de músicas do cancioneiro iídiche.

パラレルイベント:

  • ラウンド テーブル上の 09 11月, ザ· 14 へ 17 営業時間, アーティストと (エヴァカスティエル, ファニーFeigensonとFulviaでモリーナ) e os debatedores: Enio Rechtman, マリアナ・エステベス (研究者), モーセRabinovicci (ジャーナリスト), ポーラJanovitch (人類学者) そして、博覧会のキュレーターマルシオSeligmann、シルバ. しないでください 記念抵抗/絵画館駅, ラルゴ一般 Osório, 66, ライト;
  • 乗る アーティストや人類学者でポーラJanovitchと 日 30 11月, へ 10 営業時間, ボムのレティーロポーランドの場所のメモリ. 出力: 文化ワーク ショップ オズワルド ・ デ ・ アンドラーデ. デュレーション: 2 営業時間.

アーティスト:

エヴァSvenickカスティエル

エヴァカスティエルはサンパウロに住んで動作します. インストールからマルチメディアアーティストの移動, ビデオアートとパブリックアート. 彼は彼のキャリアをスタート 1980 e faz parte do grupo Casa Blindada desde 2000. Realizou diversas exposições individuais no Brasil e em países como Alemanha, イスラエル, Hungria, ノヴァニューヨークE中国, ELAS間: 「無限」, バリューオリアガレリア, サンパウロ, 2007, 「西, O Muro”, フランシスコ会修道院キルヒャーを台無しにします, ベルリン, 2002 E「カルク」, ガレリアBarsikow, ベルリンで, 2000. 彼はいくつかのグループ展に参加しました, ELAS間, "Corpoinstalação", SESC ポンペイアへで, サンパウロ, で 2009, 「パラレル・ビエンナーレ」, で 2006, 「天才座」, 研究所マリア・アントニア, サンパウロ, 2002, 「ヴィート」, 何artecidadezonalesteません, サンパウロ, 2002 E「ウォール西」, EMルター教会, ケルン, 2000.

ファニーFeigenson

ファニーFeigenson, サンパウロでの生活と作品. それはピーターパルPelbartとPUC SPでの臨床心理学のポスト博士課程の学生であります, サンパウロの大学からの視覚詩の博士号を取得. 彼女は以来、マッケンジー大学で建築と都市計画の過程で教師として働きます 1975. 様々なメディアでの生産をフォーカス, vídeos e instalações. Na área de Artes Visuais, サムソン屈筋とヨランダ・モハリイーや絵画を描く勉強; ・施設, カルロス・ファハルドと動画と介入. サンパウロで開催された展示会, 香水, ベルリン, シカゴとスロベニア, それがビエンナーレで受賞しました, ビデオの作成と. で 2016, 「ウィスカによって」ビデオインスタレーションやサウンド介入を開催, ユダヤ博物館と文化センターUnibes, サンパウロ, onde debateu o momento contemporâneo nas cidades e suas diversidades. で 2018 マッケンジー長老大学センターの歴史で開催された展示会「XXIハーピー」.

Fulviaでモリーナ

Fulviaでモリーナは彼の注意は、国の政治的、社会的記憶に焦点を当てています, 特に人権侵害の面で, 女性の地位, à exclusão social e à migração. É Mestre em Artes pela Escola de Comunicações e Artes da USP, fez residência artística na Faculdad de Bellas Artes da Universidad Politécnica de Valencia, スペイン, no Centre de Diffusion Press Papier de Québec, カナダ、ハーゲンでFrauen Kunstforum, ドイツ. Seus trabalhos em pintura, 彫刻, オブジェクト, 写真撮影, オーディオとビデオは現実の断片化の異なる層を表現しようと反射します, それは意識のアップデートとしてたびに知覚されます. これは、ベルリン国際展示会に参加しています, エッセン, ハーゲン, ケベック州とマドリード, entre outras cidades. É coautora e organizadora dos livros “MemoriAntonia – A Alma dois Edifícios” e “Hiatus – Arte, ラテンアメリカでのメモリと人権」.

SERVICE:
暴露: "[に]VISIBLE - ポーランド, メモリと抵抗」, アーティストの エヴァカスティエル, ファニーFeigensonとFulviaでモリーナ
オープニング: 26/10/2019, 土曜日, へ 14 営業時間
展示期間: の 28/10 A 14/12/2019
文化ワーク ショップ オズワルド ・ デ ・ アンドラーデ
ストリートスリーリバーズ, 363, Bom レティーロ, サンパウロ - SP
電話: (11) 3221-5558 と 3222-2662
時刻表: 月曜日から金曜日まで, ザ· 9 へ 22 営業時間; 土曜日, ザ· 10 へ 18 営業時間
無料、入場無料
サイト: www.oficinasculturais.org.br

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*