ホーム / アート / ニテロイの詩と演劇俳優への贈り物

ニテロイの詩と演劇俳優への贈り物

限界に追いやられた日常生活に定着, Marcos Nasser lança ニテロイの詩 – 2° 巻 e reforça estética decadencista com elementos autobiográficos para abordar dúvidas existenciais atemporais e as mazelas sociais

O segundo volume de ニテロイの詩 (サイン) は、EspíritoSantoの作者が10年間に住むことを選んだ都市の時間と空間を背景にしたテキストのコレクションです。 1950, no município da Região Metropolitana do Rio de Janeiro. É um exercício do autor encarar os percalços dessa cidade – que poderia ainda ser tantas outras – sem usar atenuadores.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

存在と場所に情熱を注ぐ, マルコス・ナセルは退廃的な美学を使って自分自身と街の中の世界について話します, 信号を解読し、入り江を探す. 観察力はナセルのもう一つの特徴です. の耳と裏表紙 ニテロイの詩 – 2º volume é do professor e pesquisador Erick Bernardes, para quem a marca psicológica existente na literatura do Nasser compara-se a Baudelaire. “Talvez seja preciso ser poeta em uma cidade como Niterói, 衝動的な美しさと魅惑的な雰囲気の, ポストモダンと見なされる大都市と都市の病気の喜びを調整する方法を知るために」, 定義.

ナセルはトレーニングエンジニアであり、数学の正確さを詩の奉仕に置きます. 彼は人生の疲れについて話します, なぜ私たちが存在するのか、そして人生の有限性という存在の問題を提起します, また、シェイクスピアは「あるべきかどうか」を疑って働いた。.

そして、再発明する方法を指摘します, 命を奪う命しかない瞬間でも, すでに彼が書いた詩の中に 1989, そういうわけで、 46 年. "(…) 複数存在する, とてもたくさんの水があります, / 錨のない心が揺れる, / そしてあなたの驚きは傷つくことなく循環します, / 人生から自分の人生を吸い取る」.

著者は言葉を繰り返すのが好きです, 読者をトランスに導くために, 感情の他の意味を開きながら “その時の時間 / 別の時間を待っていた, / しかし、それは現在の緊張でした / 誰が時間を切望したか”, 彼を書く.

重要な点は、この路地から抜け出す方法を特定する試みです。, 別の時間, 見つけた.

この2番目のコレクションは最初の作品よりも強力です, についての 300 詩, の10年以来書かれた 1960. 私たちの問題の多くが長い間存在していたことを示す社会的な問題があります, スラムのように, 他の刺激的なアーティストに賛辞を渡す, カルロス・ドラモンド・デ・アンドラーデと光と叙情的な観察として “運が良かった, / そして晴れた日の午後に太陽が昇る, / 再び上昇, / そして花, と鳥, と喜び, / そして絶え間ないシランダ”.

ホルヘベンチュラの場合, 俳優, ライター, 編集者, コミックライター, ジャーナリストと広報担当者, 詩人, a poesia de Marcos Jorge Nasser é visceral e carga dramática – com versos densos – é ideal para ser lida por atores. Ventura emprestou sua sensibilidade à leitura de alguns poemas, YouTubeのMarcosJorgeNasserチャンネルで入手可能 (youtu.be/KnxAqus5_00 youtu.be/8Gvdns4IIOg).

何十年にもわたって, ナセルの仕事は暗くなる, 楽観的ではない. 彼は誰にでも近づく有限性によってそれを信じています, 歴史的な時代を通して, 前進を続けるように説得するのに十分強いユートピアの欠如. しかし, より懐疑的でさらに厳しい口調にもかかわらず, 詩は決して消えない, já que não há muita escapatória. Se “Somos sem destino”, どのように書きますか 2010, また、これらの可能性の低い瞬間に花が咲いていることを覚えています, アスファルトに芽生える花に関連した花: 「混沌の花」.

著者について:

マルコスホルヘ・ナセル nasceu em Vitória, エスピリトサントの, で 1943. で 1952, Niteróiに移動しました, 彼のインスピレーションの場所. ごく初期の詩を書き込み, 市場を打ちます, 謎めいた年の終わりに, com o segundo volume do seu ナイトの詩rói. 最初, これも彼のデビューをマークしました, それでした ニテロイの詩 - 名も無き, に発表され 2019.

SERVICE
Poemas de Niterói – 2° 巻
出版社: サイン
形式: 16×23 cm // ページ: 358 // 価格: R $ 55,00
マルコスホルヘナセルチャンネルへのリンク: youtu.be/KnxAqus5_00 youtu.be/8Gvdns4IIOg.

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*