ホーム / アート / アートインダイアログプロジェクト, 検疫中, comサミヒラル, で、MNBA

アートインダイアログプロジェクト, 検疫中, comサミヒラル, で、MNBA

アーティストのサミ・ヒラルが彼の作品を歩き回るのを手伝ってくれます: “影響力のある記憶, 執筆と文学は私の概念的なプロセスで繰り返されるテーマです, 新しい道を示す実験的研究の結果新しい発見. 描画と彫刻のハイブリッド作品」.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

熱心な研究から生まれた作品で, サミヒラルの作品のいくつかは、このマルチメディアアーティストが翌日公開するビデオで私たちに影響を与えます 30 10月, 16:00 で, MNBAソーシャルネットワーク上: フェイスブック – MNBARioとInstagram – @mnbario, ArteemDiálogoプロジェクト内-検疫中.

の教師を務めたこと 20 年, シリア系のサミ・ヒラル, ビトリアで生まれました (ES, 1952) UFESの美術を卒業する前に, で 1976, ミナスジェライスですでに統合された展示会. アーティストは、彼の作品が「飛行機で生まれ、宇宙に打ち上げられる」と明かしています。, 提示されているのは空虚に関連する問題です, 透明性, 物質によって導かれる脆弱性. それは彼ら自身を明らかにする現実です。”

サミヒラルの軌跡には、UFFアートギャラリーでの展示が含まれています(ニテロイ); ギャラリーマリリアRazuk (SP, で 1998/2000/2003); Vale do Rio DoceMuseumで (ビラベリャ, ES) で 1998; HAPギャラリーで(川), で 2001 と 2004; MAM RJ, 2008; 芸術の宮殿 (ベロオリゾンテ, MG), で 2008; Lasar SegallMuseumで(SP), で 2010; no Museu Chácara do Céu(RJ), で 2013; アンシエタ宮殿で, ビトリアで(ES), 年間で 2016; ポルトアレグレのコレイオス文化空間で, で 2015, entre diversas outras participações.

全く外にありません, アーティストはドイツで展示会を統合しました, エクアドル, インド, レバノン, フランス, 米国, 日本とスペイン, アートフェアに加えて, 例えば.

国立美術館/イブラムがプロジェクトを開発 アート・イン・ダイアログ – 検疫中 現代のアーティストと社会に感情的で反省的な相互作用を提供する, 社会的孤立のこの困難な時期に.

フェイスブック: www.facebook.com/MNBARio
Instagramの: www.instagram.com/mnbario
Youtubeチャンネルに登録する: MNBARio

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*