ホーム / アート / reestreia “TERRITORY” 劇場MASP
TERRITORY. 写真: Arnaldo Torres / ディスクロージャー.

reestreia “TERRITORY” 劇場MASP

Kauêリベイロ付き, ホアキン・トメとマリーナDroghetti

Reexistir, 作り直します, 明らかにします。, 抵抗します…

自己イメージへの取り付けは、不法監禁に入ります. ドライブが出てくると旅が必要になります. リリースの瞬間, 無限の動きが再び来るまで描きます.

それは生涯持ち実存的な質問で泳いで. この旅に沿って作られた発見, しばしば悲惨, 米軍は、チェーンを破ると調和を見つけるために、私たちの生活をリフレームします.

修正に関するお知らせは、その中央の焦点として組合自我魂の検索をリードし、この旅を持っています, 宇宙での主要労働組合.

Reexistir, 作り直します, 明らかにします。, 抵抗します… ブースト自己反射, 彼のエゴの様々な力と面との関係で個々の.

ショーは、自分の実存の質問に国民を目覚めさせるつもり.

無限の動きが再び来て. 領土.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

SobreマリーナDroghetti:

EAT現代でダンサーとして形成され (文化省) パリ, 研究クラシックバレエ, 現代、ジャズダンス. Performou no museu Rodin e na Bourse de Paris. Já no Brasil, で 2015, 彼は自身のスタジオを設立し、方法を開発しBalletBuild. ストレッチとピラティスと床にミックスバレエのテクニック, que desenvolve um corpo flexível e tonificado. Uma de suas grandes referencias é o coreógrafo Philippe Decoufle, 数ヶ月のために勉強できる人.

「総光景のアイデア, ダンスに焦点を当て, フィルム要素, a dramaturgia e a ilusão de ótica que ele trabalha me levam para um estado de total presença e imersão artística. 「すべて私の仕事でそれを置くことを求めて -マリーナ.

ファクトシート:

方向: Marina Droghetti e Joaquim Tomé
振り付け: ジョアキン・トメ
デザイン: マリーナDroghetti
アシスタントテスト: Kênia Genaro
リスト: Kauêリベイロ, ジョアキン・トメ, マリーナDroghetti
衣装: Sônia Tomé
プレス: Leonardo Almeida Assessoria de Imprensa
生産: Cassia de Souza – ルーム生産

サービス:
データ: 17/12
時間: 21 営業時間
ローカル: MASP – パウリスタ アベニュー, 1578
チケット: R $ 70,00 (全て) R $ 35,00 (半分)
評価: 本
Instagramの: @revir_marinadroghetti

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*