ホーム / アート / 文学サンパウロはエマハウス博物館クラビン社での講演のテーマであります
Sérgio Fabris, acrílico sobre madeira, São Paulo na Literatura imagens e identidades de uma cidade. 写真: Ana Cristina.

文学サンパウロはエマハウス博物館クラビン社での講演のテーマであります

会議は、しばしばとして大都市にインスピレーションを得た作家を議論します: アルヴァレス・デ・アゼベド, マリオ·デ·アンドラーデ, オズワルド·デ·アンドラーデ, アルカンターラマチャド, ギリェルメ de Almeida, ゼリア・ガタイ, アナ・ミランダ, ホセ・ロベルト・ウォーカー

日 26 10月, 土曜日, 11Hから13Hへ, ハウス博物館エマクラビン社は、講義を促進します 文学における「サンパウロ: 街のイメージとアイデンティティ – 筆者の目にはサンパウロ". 会議は大学パリIIIソルボンヌヌーベルからブラジル文学の博士号を取得して行うことになります, アナベアトリスDemarchi Barel. As inscrições estão abertas no site no museu: emaklabin.org.br

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

アナDemarchiはdroversのルートの歴史的な時代にサンパウロ市にあります, パイオニアの, コーヒー・サイクル, 革命 32, アナキスト, プロレタリア, 産業化, サンパウロのモダニズムと現代.

スピーカーによると、, São Paulo é musa de românticos como Álvares de Azevedo aos modernistas como Mário de Andrade e Oswald de Andrade. ゼリア・ガタイとアナミランダの著作で背景や主人公, fonte de inspiração do recente romance de José Roberto Walker, 他人.

アナベアトリスDemarchi Barelについて:

大学パリIIIソルボンヌヌーベルからブラジル文学の博士号を取得, UNICAMPで文学理論と歴史におけるMA. エコール・デュ・ルーブルで行われた美術史コース. Realizou seus estudos de pós-doutorado em História na Universidade de São Paulo (USP) e estágio de Residência em Pesquisa na Biblioteca Brasiliana Mindlin. これは、ゴイアス州の州立大学のポルトガル語文学と文学理論の教師、研究者であります (UEG) e membro do Grupo de Pesquisa Brasil-França do Instituto de Estudos Avançados da USP ( GRUPEBRAF ).

サービス:
講演: São Paulo na Literatura: 街のイメージとアイデンティティ – 筆者の目にはサンパウロ
データ: 26/10/2019
時間: 1113:00 h
値: R $ 40,00
欠員: 35
入学: emaklabin.org.br
ローカル: エマクラビン社財団
アドレス: ポルトガルの街, 43, ジャルディン エウロパ – サンパウロ. このような: 11 3897-3232

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*