ホーム / アート / ワークショップlembraのOS 125 マリア・ブエノの死の記念日

ワークショップlembraのOS 125 マリア・ブエノの死の記念日

Workshop “O Retrato de Maria Bueno”. Divulgação

ワークショップ「マリア・ブエノのOポートレート」. ディスクロージャー

Gibitecaクリチバ場所次の金曜日 (2), 19時間のように, またはワークショップ「マリア・ブエノのOポートレート」, 講義および描画クラスで構成されてい. イベントは回想します 125 彼の死の後の名声と評判を得クリチバの歴史のこの文字の殺人事件の記念日, 恵みと奇跡を取得するには、人口の需要の仲裁に任命されます.

クリチバの文化財団の研究員によって与えられました, クラリッサ ・ グラッシ, 市営墓地サン・フランシスコ・デ・パウラのガイド付きツアーを担当します, そしてGibitecaのコーディネーター, フルビオ パチェコ, アクションは奇跡の歴史についての既存の情報に対処することを目指して, トリビアとその歴史についての論争, 黒であることの事実として、. マリア・ブエノはで死にました 29 1月 1893.

講義クラリッサ・グラッシ後, フルビオパチェコは、描画のレッスンを与えます, 形式での奇跡的な聖人の独自の表現を作成するには、参加者のための機会を提供. 図面は、マリア・ブエノさらさ墓で生産されます, 市営墓地サン・フランシスコ・デ・パウラにあります.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

イベントは続く 2 営業時間. 参加に興味のある人は、電子メールでの登録を申請しなければなりません cgrassi@fcc.curitiba.pr.gov.br.

サービス:
ワークショップ「マリア・ブエノのOポートレート」
ローカル: Gibiteca ・ デ ・ クリチバ-R. 代表取締役社長カルロス ・ カヴァルカンティ, 533
日付と時刻: 2 2月 2018 (金曜日), 19Hから21Hへ
Vagas limitadas
フリー

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*