を記念して文化拠点がオープン “150 ブラジルにおけるイタリア人移民の年月”

リオデジャネイロのイタリア総領事館, リオのイタリア文化研究所とIED (デザインのヨーロッパの研究所), 「ポロ・カルチュラル・イタリアーノ・リオ – 芸術」の創設を支援するために団結しました。, デザインとイノベーション」, 当日は一般公開されます 22 2月, ブラジルでイタリア移民の日が祝われる週.

発表

完全復活, 新しい文化拠点はショーケースとして機能する, イタリアとブラジルの間の対話が何度か反響を呼んでいる.

カーサ・ディタリアの建物内にあります, リオのダウンタウンの中心部 (シネランディアとサントス・ドゥモン空港に近い), ラウンジと中二階を合わせたスペースは合計約 500 平方メートルで、居住用に設計されています。 美術展, ファッションとデザイン, 美食イベント以外にも, テクノロジーとイノベーション.

コースも開講予定です, セミナー, 講義サイクルおよびその他のプログラム.

文化的および科学的関係を強化し確立することを目的として, 他の機関との協力によりパートナーシップが計画されています.

特別展示会の年間日程を開始する, ショー」 1874-2024: 150 イタリアとブラジルの間の長年にわたる友情と絆, 共に未来へ』のパネルを展示します。 42 m の ², アーティストのブルーノ・ビッグによる落書き, 移民の到着とコーヒー栽培における彼らの関連するパフォーマンスを描写する, リオとブラジル社会の社会文化形成への影響​​に関するビデオやテーマ別パネルに加えて.

中二階で, 「オブ・アーキテクチャー」が発足します – リオの風景におけるイタリアの存在感」, についての 40 建築界の巨匠たちのイメージ, アリスティデス・コレア・ドゥトラによって捕らえられた.

あるだろう, まだ, ブラジルイタリア移民150周年を記念した新しい公式ロゴの展示, ブラジルのイタリア語学校の生徒間のコンペを通じて選ばれた, ブラジリアのイタリア大使館によって開始されました.

この取り組みはブラジルのイタリア系パリティ学校で宣伝され、ジョシュア・アッゼ・ディステル氏のプロジェクトが優勝者に選ばれました。, の 17 年, 「トリノ財団」科学アカデミー4年生.

ロゴは船を表しています, 何百万人もの移民が利用する交通手段。, 勇気と冒険心をもって, 彼らは「新世界」を目指して長い海を渡った, 良い生活環境を求めて.

ミニマルなラインで形成されたフィッティングのゲームで, 船の図面に「150」という数字が挿入される: または「ゼロ」は, 同時に, 数字は半円です, 地平線のように, 共通の空, 両国の国旗の色で構成されています, それらの間の歴史的および文化的つながりを象徴しています.

Whatsappグループで一般的な展示会やイベントからのニュースを受け取ります!
*グループに投稿するのは私たちだけです, だからスパムはありません! 安心してお越しいただけます.

展覧会「Dell’Architettura」について – リオの風景におけるイタリアの存在感」

リカルド・ブッファ, ルイジ・フォサティ, ラファエレ・レベッキ, アントニオ・ヴィルツィ, マリオ・ヴォドレットとアントニオ・ヤヌッツィは、リオデジャネイロ市に功績を残したイタリア建築界の偉大な人物の一人であり、「Dell’Architettura」の一員です。 – リオの風景におけるイタリアの存在感」.

イベントニュースを受け取るためにサインアップしてください
まずは芸術の世界!

さまざまな時代の珠玉の建築の記録, 写真家によって白黒で作られました, 教授兼ビジュアルアーティストのアリスティデス・コレア・ドゥトラ, 今回の展覧会に選ばれました, リオのイタリア文化研究所が開催し、次の期限まで訪問できます。 26 4月.

アリスティデスは写真のキュレーションとテキストにも署名しています, 彼らの中で目立つ: ラーゲビル (1924–1925), 栄光; シーブラビル (1931), フラメンゴビーチにて; ユナイテッドビルディング (1937), センターで; 悲しみの聖母病院 (1910–1914), カスカドゥラで; サン ジェラルド本教会 (1931), オラリアで; トッレ・ダ・アンティガ・セへ (1905–1913年), センターで; ヴィラ・マウリナにて (1915), ボタフォゴ; 自宅でヴィリーノ・シルベイラ (1915), 栄光.

アリスティデス・コレア・ドゥトラについて

写真家, ビジュアル アーティスト, mestre em Comunicação pela ECO\UFRJ e professor da Universidade Veiga de Almeida.

写真家として、建築観察者として, 開催, に沿って 2016, 「対話」展, 遺跡公園内, 「慈悲から正義へ」, リオデジャネイロ州司法博物館にて, そして「ロゴス」, マングイーニョス図書館にて.

サービス

「リオイタリア文化センター – 芸術」, デザインとイノベーション」

公開: 日 22 2月 2024
展覧会「Dell’Architettura」を訪問 – リオの風景におけるイタリアの存在感」: 日 26 4月 2024

後援: ゾナスル, Ternium, チームブラジル, イリーカフェ, ITA航空とフェラーリ・トレント

操作: 月曜日から金曜日まで, 午前7時30分から午後4時30分まで
ローカル: イタリアの家
アドレス: によって. プレ. アントニオ Carlos, 40 – センター, リオデジャネイロ

PG
自由参入

関連:

コメントを残す

×