ホーム / アート / 作家はバレンタインデーを祝うために人生の祭りを作成します
フェスティバルサンライベンティン, バナー. ディスクロージャー.
フェスティバルサンライベンティン, バナー. ディスクロージャー.

作家はバレンタインデーを祝うために人生の祭りを作成します

あなたの新しい短編小説のプロモーションキャンペーンで, a escritora Paula Neiva conduz o Festival San LAIVEntin com a participação de personalidades célebres do mercado literário.

若いオーディエンスを対象とした出版社, ロマンス作家, 文芸雑誌やポッドキャストは、フェスティバルサンライベンティンでの存在が確認されたゲストの中にいます, um festival de lives que a escritora Paula Neiva vai conduzir do dia 9 毎日の 13 2月.





そして理由はたくさんあります: バレンタインデーを祝うことに加えて, 北半球の国々で祝われた日付で、バレンタインデーに似ています, 人生の祭典はまた、彼女の新しい短編小説を一般に公開する作家による最新のリリースへの道を開きます “バレンタインデーを気にする人?” 日曜日, 日 14.

“アカウントなし, 主人公のアマンダはロマンチックな休日に完全に嫌悪感を持っており、, こんな日に, 見知らぬ人とエレベーターで立ち往生. 従って, フェスティバルのアイデアは, 物語のエレベーターをほのめかして同じ空間で2人を団結させることに加えて, また、それを再生します, 情熱的かどうか, 私たちは皆、愛情に捧げられた日に楽しむことができます”, ポーラは説明します. そして結論: “フェスティバルサンライベンティン, 良い会社は不足していません!”

物語 “バレンタインデーを気にする人?”, ユーモアのある現代ロマンス, すでに予約注文中です Amazon.com.br と完全なフェスティバルスケジュール, それは作者のInstagramプロフィールで発生します (@porpaulaneiva), ここをチェックします:

何: フェスティバルサンライベンティン
どこ: instagram.com/porpaulaneiva
とき: の 9 A 13 2月
テーマとゲスト:
・ 日 9, 第3, 20:00 で, “2試合: elementos que nos conquistam em livros de romance”, DuploSentido社説付き
・ 日 10, 第 4 回, 20:00 で, “うわあ, ときめき: personagens literários que não existem – mas bem que poderiam”, ポッドキャストチームQueroSerEscritorと, そしていま?
・ 日 11, 農場, 20:00 で, “ページをめくる: como superar o fim daquele livro apaixonante”, 著者ローラコンラードと
・ 日 12, (金曜日), として18h30, “Textos românticos demais para serem lidos e não respondidos”, 文芸雑誌MaçãdoAmorのチームと
・ 日 13, 土曜日, 17時間のように, “S.O.Sサンバレンティン: como passar a data bem acompanhada (良い本のために)”, GrupoEditorialCoerênciaと
短編リンク: www.amazon.com.br/dp/B08VGS65FB

 

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*