ホーム / アート / 仕事シリーズ「私の父との会話」マルコスアマロは、ハウス・ミュージアムエマクラビン社に公開されます
彫刻光沢, マルコス・アマロ, インナーハウス博物館エマクラビン社・ガーデンで展示されます. FOTOステファニア・サンギ.

仕事シリーズ「私の父との会話」マルコスアマロは、ハウス・ミュージアムエマクラビン社に公開されます

Abertura da exposição acontece no sábado, 9 11月, 14Hとして, シリーズ現代レンジ. アーティストはまた、彼の作品についてのチャットに参加します

ハウス・ミュージアムエマクラビン社が推進します 9 への11月 15 12月シリーズ 現代範囲. O convidado é o artista plástico Marcos Amaro, シャンデリア彫刻を提示.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

仕事, produzida no Brasil logo que o artista regressou de uma pujante temporada na Bélgica, パーツシリーズ 「私の父との対話」, アマロは再び兄弟文字オブジェクトに近づきます, 彼らに新しい感覚を投げます. O artista é filho do ex presidente da TAM Linhas Aéreas, ロリム・アマロ (1942-2001).

彼は分厚い作品で父の思い出にリンクされているのフェーズがあった場合, 通常のオブジェクトを貫通するここアマロバック, 石膏を取ります, インク, 砂, セメントおよび他の素朴な材料が著しいとみなし、そのようなアイテムを満たすために. ペニシリンの注射器は、アーティスト焼却材料の間に表示されます, 戦争の間の正確な関連で, época em que tal substância foi descoberta e quando a família Klabin se mudou da Europa para o Brasil na busca de livrar-se de memórias ou futuros incertos.

露光学芸員によると、, ジャーナリストのアナカロライナ州ラルストン, o lustre que agora se decompõe no chão da suntuosa casa projetada pelo engenheiro-arquiteto Alfredo Ernesto Becker em meados dos anos 1950 para abrigar a coleção de Ema Klabin poderia facilmente ter feito parte da decoração criada à época por Terri Della Stuffa para o espaço.

彼女のために, a sombra em que está imerso hoje, 但し, あなたの現在の提案を示してい, 斜視の下に置く - 検索手段再近い感情的な思い出.

シリーズ「現代レンジ”:

シリーズ “現代範囲” ハウス・ミュージアムエマクラビン社の中庭に干渉作品を作成するための招待アーティスト. このスペースに設置した作品が Ema klabin 社が取得したコレクションに対位法, 訪問の間の現代的な生産の議論に入る, この範囲のための部屋を作る別の経験をカバーし、このコレクションとその干渉する前に新しいデザインを有効にします。.

アーティストマルコスアマロとアート - チャット:

誰が仕事やアーティストマルコス・アマロの仕事についての詳細を知りたいです, ele e a curadora Ana Carolina Ralston participam de um bate-papo, 無料で, 露光初日, 9 11月, 15:00 で.

サービス:
現代範囲: 光沢暴露 – シリーズ「私の父との会話」マルコスアマロ.
信託統治: アナカロライナ州ラルストン
コーディネーションビジュアルアーツ: ルネ・フォッシュ
総合調整: パウロ・コスタ
展覧会のオープニング: 09/11/2019, 14Hへ - 入場無料.
アーティストと-Papoアート: 09/11/2019, 15h-への無料入場.
展示会の日: 09/11/2019 へ 15/12/2019
博物館や展示会への訪問: 水曜日から日曜日まで, 14Hから18時間へ. 土曜日, 日曜・祝日無料入場. 他の日に$ 10.00.
ローカル: ハウス博物館エマクラビン社
アドレス: ポルトガルの街, 43 -ジャルディン エウロパ, サンパウロ
emaklabin.org.br

.

マルコス・アマロ:

マルコスアマロはサンパウロで生まれました (SP) で 27 9月 1984. それ起業家, パトロンと芸術家. Fundaçãoアルマンド・アルヴァレスPenteadoで学ぶ経済学 (FAAP) 教育と文化のGENS研究所で哲学に卒業. 彼はTAM Linhas地域委員会のメンバーだったとブラジルの光学業界で強調表示しました, スイスのブランドタグ・ホイヤーとフランスのアラン・ミクリの先駆者、国家代表として, além de proprietário da rede Óticas Carol, 間で 2008 と 2013. 製図や彫刻家として、, realizou exposições em grandes museus e centros de cultura pelo Brasil e participou de feiras internacionais, SP-アルテとして, アートバーゼル・アート・Eチューリッヒ. マルコス・アマロ財団の控え (FMA) そして美術館工場のマルコス・アマロ (FAMA), プロジェクトや芸術や文化をサポートしています. また、企業V2投資のパートナーです, LogBras e Galeria Kogan Amaro, サンパウロとチューリッヒのユニットと, 現代彫刻ラテンアメリカの博物館の生みの親 (ブレンド), 下はまだ内部に開かれます 2019. 現在, é conselheiro do Instituto de Arte Contemporânea (IAC), 彫刻のブラジル博物館 (Mube), do Museu de Arte Contemporânea de Sorocaba (MACS), da Fundação Instituto Iberê Camargo e do Museu de Arte Moderna de São Paulo (MAM).

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*