ホーム / アート / RePangeia: 明日の美術館で新しい展覧会は、要素とバーチャルリアリティを兼ね備えtecnoxamanismo
RePangeia: 明日の美術館で新しい展覧会は、要素とバーチャルリアリティを兼ね備えtecnoxamanismo. 写真: ディスクロージャー.

RePangeia: 明日の美術館で新しい展覧会は、要素とバーチャルリアリティを兼ね備えtecnoxamanismo

私たちは、人類の歴史の転換点であります, これは自問する必要性を強調, すべての回で: 私たちは私たちの間で生きたいですか, そして、私たちは地球に住みたいですか? 我々が開発し、完成した技術は、より強力です, 私たちの体を変えます, 私たちの軌跡と世界に影響を与えます. しかし、我々は変換していないこと?

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

現代で必要とされる緊急性と生産・消費します, 私たちは、環境を扱っているかを反映することを忘れ, 時には取り返しのつきません, 世界のニーズを満たす資源を抽出することがますます都会化. この熱狂的な生産と自由の責任は、二分法を作成し、: 我々は、効率的にアクセスすることが, 快適性と俊敏性, 貢献積極的な気候変動に対し、, 土壌汚染率を上昇させます, 水と空気 - 困難な影響を無視して、私たちは自然の人間性を分離することができない光の反射をもたらします.

明日博物館はRePangeiaを提示します, 地球とお互いとの関係を再考するために私達を促す仮想現実で感覚的な体験. LAA - 明日の活動研究室が開発したアクション, サンタンデールが提示されています, 経験がTecnoxamanismoに触発されました, その共有の視点やビジョンの目的伝統的なコミュニティとフリーソフトウェア運動の中で来る - 先住民族, マルーン, 川辺 - と社会運動. そう, 祖先と技術の間の会議を作成し、, 伝統的な知識と技術の間.

バーチャルリアリティの経験で, インテルとの提携で開発されました, 3人は、別の時空に「あり」とによる人類と自然との解離に中間の制御されていない環境を助けるために呼ばれています. タイトルはパンゲアに触発されます, 何百万年も前に存在していた超大陸. あなたの名前, ギリシャ語由来, これは、「地球全体」を意味します, 最初の時間を指す概念 “我が家” これは、全体の空間で見られました. この事実は、惑星についての私達の認識を変え: それは私たちが宇宙の広大さに私たちの弱さと有限性を実現した初めてでした. この仮想集団的未来的な儀式で, 参加者は、私たちが相互に依存して接続されている共通の理解の必要性を発見し、, この方法でのみ, 私たちは世界を救うと自分自身することができます.

明日の活動研究所は、サンタンデールが提示されます. RePangeia展は、Intelとのパートナーシップの結果であります.

サービス
RePangeia – バーチャルリアリティでtecnoxamânica体験
から 30 4月
明日の活動研究室

.

明日博物館はリオデジャネイロの文化の市事務局の文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社).

明日の博物館について

明日の博物館 人類が持続可能性と共存の観点から、今後数十年間に直面することを機会と課題を探る応用科学の博物館です. 12月にオープンしました 2015 リオデジャネイロの都市別, 明日博物館は、リオ・デ・ジャネイロの市の文化学科文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社). 政府と民間部門の間のパートナーシップの成功例, 明日博物館は終わっ受けています 3,2 オープン以来百万人の訪問者. マスターバンコ・サンタンデールの後援や、シェルなどの企業が含まれるスポンサーの幅広いネットワークを持ちます, IBM, IRB-REブラジル, Engie, グルポグロボ, CCRの研究所インテル, 博物館はもともとロベルトMarinhoの財団によって設計されました.

IDG - 開発と管理協会 これは、公共文化施設や環境プログラムの管理に特化した非営利団体で、民間企業のためのコンサルティングや、文化や環境プロジェクトの実施や開発にも積極的です. 現在、明日の博物館を管理するためのアカウント, リオデジャネイロで, Frevoを行うパコ, レシフェ, 大西洋岸森林基金の運用マネージャーとしておよびヴァロンゴ埠頭の遺跡の保全活動のディレクターとの統合など, リオデジャネイロの港湾地区で. で詳細はこちら www.idg.org.br

明日の博物館や国連ODSについて

で 2015, 国連 (国連) 作成したアジェンダ 2030 ととも​​に 17 持続可能な開発目標 (ODS), それは、世界のすべての国で実施されなければなりません 2030. 持続可能性と共存の柱と, 明日博物館は、この議題の実現に努めています, 貧困と飢餓の撲滅のために提供します; 持続可能な消費と生産を通じて分解から地球を守ります; 経済発展を通じて人々の繁栄の生活や個人的な履行を確保します, 社会的、技術的, 自然と調和しました; そして、平和を推進します. 各ODSの詳細については、, 国連のウェブサイトをご覧ください。: nacoesunidas.org/pos2015/agenda2030/.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*