ホーム / アート / Casa do Povoは、出版物NossaVozの年次版を発表しました

Casa do Povoは、出版物NossaVozの年次版を発表しました

「増殖」アイデアのパーメット
新聞の新版 私たちの声

カサドポボが作成した年次刊行物, サンパウロのボンレチーロ地区にある文化センター, ザ 私たちの声 その版n.1022が到着します. 公開された数の多さは、プロジェクトの長寿を反映しています: 新聞NossaVozは 1954 それが民軍独裁政権によって閉鎖されたとき, で再開されています 2014 バイ 文化施設. ととも​​に 74 ページと 3,5 万枚, と現代的な外観, 新版はエッセイで未発表のコラボレーションをまとめます, インタビュー, ストーリー, 視覚的介入, 現在の政治的文脈と対話しながらホットなトピックを議論するフィクションとノンフィクションの作品で.




の新しい数 私たちの声 AnaDruweとBenjaminSeroussiが編集, EstúdioMargemによるグラフィックデザイン, 比較的単純なアイデアから生まれる: そして、私たちの生活を決定するリズムを置き換えることができれば–生まれる, 成長する, 繁殖して死ぬ–他のダイナミクスによって, 線形性が低く、他の状態に私たちを連れて行くことができます–作曲, 代謝する, 吸収する, 増殖する, 腐敗へ, 分解する, 再構成? 新しい言葉を採用し、他の存在形態から学ぶことによって, 人生と行動についての新しい考え方.

のアイデア ねずみ算, このエディションを実行します, 部分的には、カサドポボでのダニエルリーの作品との共存によるものです。, 近年、機関と提携して他の作品を制作しているアーティスト. 今度こそです, コラボレーションは、すべての種の生存として自然界に存在する戦略としての多様性のアイデアに取り組む、コロンビアのクィア生態学者ブリジットバプティストなどの人物へのインタビューで行われました。. この増殖と生命の脈動の意味で、 私たちの声 最も多様な構成で多重度をもたらす.

新版のハイライトの中には架空のテキストがあります セブンとハンド, アーティストAnaRaylanderMártisdosAnjosによる 1919 スペイン風邪によって殺された人々は、生存者との最後のカーニバルパレードのために生き返りました. ジャーナリストで人類学者のFábioZukerは、森林での犯罪的な火事の痕跡をたどり、それをPiroceneに接続します。これは、火の制御されていない使用によって特徴づけられる新しい地質学的時代です。, その, コントロールと進歩のフィクションの背後にある, 過剰な蓄積と有害な形態の電力を生成します.

気候正義と反人種差別

廃墟と進歩はマルセロロシャのテキストで祖先に道を譲ります, 今がその時です, 若い活動家は、彼の人生経験から始まるアカウントで、ブラック・ムーブメントと気候正義のための闘争との関係を調べます. Marcelo Rochaは、ブラジル政府を「気候ペダリング」で訴えた若い活動家の1人です。 2021, パリ協定で合意された目標の後退を主張する.

同じスレッドをたどる, 今回は、反人種差別主義者の闘争を新しいテクノロジーと絡み合わせます, シルヴァーナバイア, PretaLab組織の創設者, 彼女自身の人生の道を再構成します–彼女と、新しいテクノロジーやイノベーション市場で働くまだ少数の黒人女性の人生の道.

祖先と言語

このエディションのもう1つのハイライトは、GustavoEmosによってイディッシュ語からポルトガル語に翻訳されたIsaacBashevisSingerのスピーチの未発表の翻訳です。. 有名なユダヤ人作家のあまり知られていないテキスト, ノーベル文学賞を受賞する前夜に発音されました, で 1978. 歌手自身によると, この賞は、彼の文学的な業績だけでなく、その功績が認められて授与されました。, イディッシュ語も, 彼はこれを「亡命中の言語」と表現しています, 土地なし, ボーダレス, それはどの政府によってもサポートされていません; 武器の言葉がほとんどない言語, 弾薬, 軍事演習と練習; 軽蔑された言語, 異邦人とほとんどの解放されたユダヤ人の両方によって。」. 増殖のアイデア, そう, 死んだと見なされる言語の豊かさと、生き続けるために他の言語と融合するその並外れた能力を示すテキストで具体化されます。.

セクションで 私たちの声の声 ブレノマセドとラファエルピバは 人気のジム: ボクシングの愛, ファシズムへの憎しみ 彼らがイタリアで知っていた人気のあるアカデミーのモデルの適応と、カサドポボでの反ファシストボクシングアカデミーの実施. コーチはボンレチーロの貧民街から若いアスリートを訓練することによって人気のボクシングの伝統を続けています.

編集 1022 アリス・ヌージャイムのコラボレーションにも数えられます, ベアトリス・フェレイラ, ブリジットバプティスト, ブルーノケリー, ダニエル・リー, Daniela Avellar, Erico Amorim de Souza Nunes, ジオバンナサンタナ, ジュリアーナ・フルチ, グライスケリーヘクター, ギエルメ・マルコンデス, グスタボエモス, ジョン・カモリーズ, ローラ・フリーズ, レオナルド・アラウホ, アカシアのように, リノ・アルーダ, LuAin-Zaila, ルイザ・クロスマン, マイラディートリッヒ, マリア・ロレイロ, セルジオコスタとヴィトリアガルバダ.

私たちの声 -エディション 1022/ 六月 2022

描画: 3.500 コピー.

無料出版, それはカサドポボで拾うことができます 5 7月 2022. 定期的なサポートプログラムを通じて教育機関と協力し、自宅で新版を受け取ることも可能です。: casadopovo.org.br

#新聞の声

出版社: Ana Druwe e Benjamin Seroussi | 社説コーディネート: デボラ・ドナデル | 編集委員会: Ana Druwe, ベンジャミン・セロウシ, IsabellaRjeilleとMariliaLoureiro | グラフィック デザイン: マージン (アレクサンドルリンデンバーグとジョアンペドロノゲイラ) | プリントショップ: Cinelândia | レビュー: ラファエラビフセラとディミトリアランテス | 翻訳: ダニエル・リューマン | 感謝: ルリ・モレッティ, アリタマライア, カミラスベンソン | Copatrocínio: CSN, ヴェルデアセットとイタウ | 成果: 人々 の家, サンパウロ州政府の文化および創造経済長官, 観光省連邦政府による文化特別事務局.

それ以降に発行されたすべてのエディション 2014 その後、Casa doPovoのWebサイトで入手できます: casadopovo.org.br/programacao/#nossa-voz. のエディション 1947 A 1964 国立図書館のアーカイブで入手可能: memoria.bn.br.

MediumのCasado Povoのプロフィールは、ソーシャルネットワークで共有できる形式で利用できる新聞からのテキストを集めています: medium.com/nossa-voz.

人々 の家

ストリートスリーリバーズ, 252 Bom レティーロ-サンパウロ

(11) 3227-4015 | casadopovo.org.br

facebook.com/casadopovoxxi

Instagram @_casadopovo

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*