ホーム / ハイライト / 本を起動したい人のための5つの理由
エドゥアルドVillela. 写真: ワシントン・フォンセカ.

本を起動したい人のための5つの理由

本を得てアイデアやストーリーを整理, それは必ずしも容易ではありません. このミッションで支援するために、, エドゥアルドVillelaは本を出版したい方のために、いくつかの理由を示しています

ブラジルの映画監督グラウベル・ローシャ, ブラジルの新しい映画の指数, 主張その手にはカメラと頭の中でアイデア, それは映画を作るために始めていました. しかし、すべてがうまく動作しません. 誰もが語るべき物語を持っていることは事実であります, あなたの家族についてです, 専門的な経験, フィクション, 夢や興味をそそり、誰かが他の人の生活の中で何かを追加することができます任意の件名. しかし、本にこの物語をオンにします, すでに別の部門があります. 手紙の分野では, あなたは最大グラウバーを調整することはできません – 頭やコンピュータにおける考え方は、常に本が出版され得るために最初ではありません.

「本を起動すると、私たちは何を感じるeternizarmosするための最良の方法の一つであり、この問題に関する私たちの世界観. また、私たちの経験を分割するための非常に特別な機会です, 「他の人とスキルを習得し、, 守ります ブック顧問 エドゥアルドVillelaこと, から 2004, 彼らのプロジェクトが発表され持っている作家を支援し、対象の選択からそれらを伴います, スクリプトの章の開発, 本のサインに書かれた章. Villelaによると、, 次の手順, 計画など, 組織, あなたが書きたいものを上の献身とノウハウに依存しているが、作業を公開するために必須です.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

以下のヒントをチェック:

レガシーを残します

書籍が死ぬことはありません, 彼らはいつも図書館の棚に存在しています, livrarias e também no ambiente virtual como e-books. Villelaによると、, 誰の作品を出版したことは、将来の世代のための継承を残し. 「本は、期限切れになることはありません, あなたは、世代から世代へと渡すと何の知恵を残さないことができます, 思い出と彼の作家の教訓は、「ダイ, アカウント.

共有経験

“この本は、あなたが多くの人々に彼の知識と経験を共有するための非常に効果的な方法であります”, フレーズVillelaは書き込みもターゲットオーディエンスとの特定の主題の専門知識を共有するための方法であることを示しています.

例では、「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の旅行ガイドブックです – ・ライフ 30 日 ", ダニエルAgrelaによって書かれました, プロの旅行者とジャーナリスト, 作品は有名なヨーロッパのパスにおける著者の経験を共有し、乗り心地を楽しんであまりにも読者のための貴重な指針をもたらすブラジルのガイドです.

活用事業

著者のための本を出版することはキャリアのブースターすることができ. エドゥアルドVillelaはすでに以上をリリースしました 200 すでにスピーカーた著者の本, コンサルタント, リベラルと独立した専門家. 彼らの作品がリリースされた後, 彼らは見ました, 年後, の増加, 少なくとも, 50%, あるいは二重の授業の需要を見ました, ワークショップやコンサルタント. 「本は、コンテンツを持っている場合, あなたの文章はよく書かれており、読んで楽しく、著者が念頭に置いて、テーマでターゲットとするユーザーのニーズを保つことを書いています, それも、読者によって受け入れられているのは非常に良いチャンスを持っているだろう」, 本の顧問を明確化.

信頼性を貸し、その作者参照します

O livro dá força para o profissional que pretende ser referência em uma área. Villela defende que lançar um livro confere credibilidade e contribui muito para o seu autor se consolidar como especialista em determinado assunto, しかし、そのために仕事をうまく構築する必要があり、実際に彼らの読者に値を追加します. 「我々は、すべての知識を持っています, スキルと誰かの人生を変えることができ、貴重な経験. 本を書くとき, あなたは「それは可能他の人があなたから学ぶことのために作ります, 専門家は述べています.

方法論に従ってください

まだ彼によると, 缶, 生きと良い本を書くために、特定の方法論があります. 「本を書くのは一人で行われる活動ではありません, 何の生の才能を必要としません, しかし、需要はよく知っていて、特定の対象や公共の場での経験を持っています. あなたは本の顧問の専門家の指導に依存する必要が, あなたは彼の本」の執筆と出版の各工程で、著者に従うことができます, 明らかにする.

Eduado Villelaについて

彼は国際関係で卒業し、MBAに出席しました, アンボスNA PUC-SP. 執筆と出版の本で動作するので 2004, 彼はより多くをリリースしました 500 様々なテーマの本, 管理を含みます, ビジネス, 大学, 技術者, 文系, 一般的な関心, 伝記と子供のフィクションと大人.

彼はEditoraサライバで大学の書籍やビジネスのエディターとして働いていた買収, キャンパス・エルゼビアでのビジネス書の出版社, 出版社の人とcopublisherにおける出版物のすべての行の編集マネージャーとEditoraエヴォラのコマーシャルディレクター. 詳細については www.eduvillela.com

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*