ホーム / アート / 重要撮影賞「グランプリフォトアリアンス・フランセーズ2019年には」最終段階やプレゼント3つのシリーズの勝者とコンテストの第9版で佳作に達します

重要撮影賞「グランプリフォトアリアンス・フランセーズ2019年には」最終段階やプレゼント3つのシリーズの勝者とコンテストの第9版で佳作に達します

Sob o tema “Fronteiras” o concurso oferece aos dois primeiros colocados premiações atraentes como uma semana de viagem em Paris, um fim de semana em sofisticado hotel no Rio de Janeiro ou ainda uma bolsa de estudos na Aliança Francesa, 月にプラスグループ展 2020, リオ・デ・ジャネイロのフランス語アライアンスギャラリー.

第九の グランプリ写真アリアンス・フランセーズ, concurso nacional de fotografias realizado pela Aliança Francesa, "テーマの下でボーダー「プレゼント当選者, que recebeu mais de 200 参加者のポートフォリオの加入者は今年.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

公式の陪審員の勝者はセアラました, Osmarゴンサルベス・ドス・レイス・フィーリョ (要塞, EC) 」シリーズでホタルのサバイバル", que será premiado com viagem a Paris com direito a acompanhante. 第二は、リオに配置しました ハローキティ パラナグア 」シリーズでTempo Presente". 審査員賞を受賞したに Giulianaのモタモスク (ノバフリブルゴ, RJ), エッセイ "ルックボーダー". 2回の完走に加え、, アッセイは、強調表示されています "Favelicidade", ルイス・バルタール (リオデジャネイロ, RJ), これには、特別な言及を与えられています.

グランプリ写真フランスのアライアンスは、任意およびすべての開いている全国写真コンテストです, 専門家と素人. 現在のトピックを, um eco das grandes questões de nosso tempo, 検索コンテストは、オリジナルの芸術の提案を高く評価します, 実験的, sejam abstratas ou documentais, そして、異なる外観を提供します. Uma exposição será apresentada após o resultado do concurso na Galeria da Aliança Francesa do Rio de Janeiro, 3 月に 2020 そしてフランスの提携及びブラジルのパートナーのツアーを続行します.

「私たちは、国境の再確認を見ています, これまで達しdesparecer」, ミシェルFoucher, 地理学者やフランスの外交官.

編集のために選択したテーマ 2019 「国境」でした. フランスは、ちょうどブラジルとの最大の土地の境界線を持っています. それは, ここで, 伝統的な意味での国境, 上限として, 二国間の3月かの境界線. 1行, 原則, インビジブル, resultado de tratados internacionais, その, 但し, これは、世界の特定の地域で重要性を増しています, como o ilustra o polêmico muro erguido entre o México e os Estados Unidos. A fronteira pode ser percebida, 平等に, 接触点として, 変更または, さえ, 他との融合, 何異なっています, 他者性を持ちます. より広範な気持ちで, a fronteira pode, também, 発見のアイデアを参照してください。, 探査と技術革新. A proposta do concurso consiste em debruçar-se sobre esse conceito que admite múltiplas acepções, 視点と翻訳画像.

RESULT
1° 場所:
「蛍のサバイバル」, Osmarゴンサルベス・ドス・レイス・フィーリョ.

2° 場所: 「現在時刻」キティパラナグア.
審査員賞: 「ルックボーダー」, Giulianaのモタモスク.
佳作: "Favelicidade", ルイス・バルタール.

競争の結果はと表示されます 最初の公式の陪審 テスト 「蛍のサバイバル」, Osmarゴンサルベス・ドス・レイス・フィーリョ (要塞, EC), que discute os limites das fronteiras nas ruas de cidades da América Latina, 夜に撮影. Segundo o 1º lugar: 「蛍のサバイバル」, de Osmar Gonçalves dos Reis Filho autor, 「私は通りの多数の正方形を取り込むと驚いています, ocupando as calçadas, 四隅にそれぞれ空いているCMを争います. 暗がりに包まれました, eles emergem como vagalumes, 小さな発光人間として, その不安定, por meio de seus gestos nômades, 彼らは街を理解することの他のモードを主張します, outras formas de viver e praticar o espaço urbano.” Unanimidade entre os jurados, o ensaio ressalta que os ambulantes surgem como forças de resistência diante dos projetos de urbanização atuais, marcados pela gentrificação, 無菌眼鏡スペースに.

第二に、公式審査員, テスト 「現在時刻」キティパラナグア (リオデジャネイロ, RJ), これは、対象の詩的なビューが表示されます. 著者によると、, “o foco do projeto é o embate homem, アーキテクチャ, ボーダー, natureza e todo o drama e a poesia que envolvem esta luta.” As consequências das mudanças climáticas, 自然の中で人間の介入の結果, criam uma metáfora com a realidade dos dias de hoje, quando as fronteiras se tornam cada vez mais tênues.

審査員賞を受賞したに Giulianaのモタモスク (ノバフリブルゴ, RJ), テスト 「ルックボーダー」.

2回の完走に加え、, アッセイは、強調表示されています "Favelicidade", ルイス・バルタール (リオデジャネイロ, RJ), これには、特別な言及を与えられています. O fotógrafo documenta a construção das paisagens, 社会的、政治的, fundamentadas em memórias pessoais e coletivas do cotidiano das favelas do Rio de Janeiro e “as fronteiras invisíveis de uma cidade partida”.

グランプリフォトAF - 公式の陪審員に注意してください。 2019
エウジェニオサビオ, ジェファーソンメロ, ジョアンKulcsar, カティアChalitaとマリーナ・アルベス.

賞品
3人の勝者のための賞があります:
1° 場所: パリへ2のための旅行
2° 場所: サンタテレサホテルRJ Mギャラリーでの2のための週末
審査員賞: アリアンス・フランセーズでバッグの半分

コンテスト

PRIX PHOTO ALLIANCE FRENCH, 旧タイトルグランプリフォトWebで知られます, ブラジルのアリアンス・フランセーズの一般的な代表団が主催するフォトコンテストです. あなたの目標は、現代の若い写真家の創造性を高めることです, ブラジルとフランスの文化交流を促進する. 競争は、経済産業省によって承認されています (C.A. SECAP / MFNº 17377.003691/2019-46). これは、全国の写真撮影マーケットでの地位を確立しています。この重要なコンテストの第九版です. 編集中 2019, パネルは専門家の面積の5人のメンバーから構成されていました: エウジェニオサビオ – 写真撮影の先生とフォトジャーナリズム, 編集エリアと主催者Tiradentesの写真祭でカメラマン -, ジョアンKulcsar - 教授, 著者と写真展のキュレーター -, カティアChalita – リオ・デ・ジャネイロのアリアンス・フランセーズの取締役会会長, プロデューサーと文化のマネージャー, メディア教育とCommunication-のためのコンサルタント, ジェファーソンメロ – 写真家, 広告映画やドキュメンタリーのディレクター- マリーナ・アルベス – 写真家や社会科学者, 写真撮影の教師と女子FotoRio祭の組織委員会のメンバー 2018.

で 2018, 最初に置かれました Weberton「ベト」Skeff 砦 (EC) 」シリーズで希望の甘い息", これは、水とその希少性と簡潔frontiersmanの関係に対処しました. 公式の陪審員の二位はリオに行ってきました アナ ・ カロリーナ フェルナンデス 」シリーズでグアナバラ湾のオープンシャフト", グアナバラ湾の海域を「非人間的な無関心」を糾弾, リオ・デ・ジャネイロの人間性やはがきの遺産, 人間の環境状況に対する人間の直接行動を美的に翻訳する. O prêmio do júri popular foi para o mineiro Rodrigo Lessa, ベロ ・ オリゾンテ市から (MG) シリーズでは “魚も“, 日常生活の中で人間と水の関係上、いくつかの視点を表現するように努めています, サイクルに主に関連します, 感謝, 飽食と生存.

アリアンス·フランセーズについて

ととも​​に 134 ブラジルでの活動の年, フランスのアライアンスは、言語と確かで参照されます, 最も尊敬機関と知られている世界, それはフランス語とフランス語圏文化の普及に来るとき. が, 現在, より多い 830 ユニット 132 国, どこにについて勉強 500.000 学生. フランスでは, それは外国人留学生のための学校や文化センターがあります. ブラジルはフレンチアライアンスの世界最大のネットワークを持っています 37 団体、 68 ユニット.

それは、フランス大使館が許可し、ブラジルで唯一の機関です, 国際卒業証書DELFとDALFへのアクセス権を与えるテストを適用する, 国民教育のフランスの省によって認識. アリアンス・フランセーズは、2年間のTCFの有効な国際テストのアプリケーションのための公式試験の中心であります (フランスの知識テスト) TEFとカナダ (フランスのアセスメントテスト) と1年間のマントのための有効な国家試験 (代理店のCAPESとCNPq MECによって認識).

ブラジルで同盟 Française 開発多数のフランス語、ブラジル企業とのパートナーシップ, フランコ ブラジル文化対話の重要な俳優であることに加えて. リオ・デ・ジャネイロの提供のアリアンス・フランセーズ 25% すべての通常のコースの割引, ワークショップ, シニア, リオデジャネイロの州および市従業員のために他の人の間で.

サービス:
グランプリ写真アリアンス・フランセーズ 2019
一般投票: の 23 10月に 25 11月
競争の結果: 06 12月
受賞写真展: 3月 2020
ローカル: アリアンス・フランセーズギャラリー – ルア·ムニーズバレット, 730, ボタフォゴ (21) 2286-4248 / 2539-4118
規制と登録: www.prixphotoaf.com.br
www.rioaliancafrancesa.com.br
www.facebook.com/aliancafrancesarj
www.youtube.com/user/aliancafrancesarj
www.instagram.com/rioaliancafrancesa

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*