ホーム / アート / 「人生の波」, デボラ・デ・モスクワ, これは、パライゾポリスで万博Artivismo招待されます
Instalação “Onda da Vida” na Dinamarca de Debora Muszkat. 写真: Acervo Pessoal.

「人生の波」, デボラ・デ・モスクワ, これは、パライゾポリスで万博Artivismo招待されます

Artivismルートウィーク中のアーティストの参加 2019 ブラジル、デンマーク

サンパウロ, 11月 2019 -日中 23 11月, 午前9時から午後5時, Debora MuszkatとEspaçoThrough GlassがExpo Artivismoに招待されました, パライゾポリスで, サンパウロのゾーン南, 間に Slum Summit, 運河トランスフォーマー. コミュニティとParelheirosを促進するトレーニング・ワークショップの学生と協力して彼女のために作成した仕事に, a instalação traz a 「人生の波」 – 象徴海に投げ込ま作品を救助し、いくつかのガラスの状態を通過します, 鳥にそれらを回すと自然に戻ってそれらをもたらします.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

A parceria do Artivism敗走ウィーク com a Onda da Vida acontece junto ao Slum Summit, 運河トランスフォーマー, 正式スラムのG-10を起動するイベント - primeiro encontro dos líderes e empreendedores de diversas comunidades brasileiras, para a assinatura de um Protocolo de Cooperação e Diretrizes para um Desenvolvimento Econômico Sustentável これらの都市部. A instalação de デボラ・マスカット コミュニティによって労働組合の背後にある考え方は、, ワンススルー芸術と係の人が必要な原因に準拠しました.

「ちょうど私たちのように, ガラスはまた、絶えず変化することができます, 「自然の中で一緒にいるのより公正な方法を求めて, コメント デボラの生産. “Queremos que as pessoas percebam que podem fazer a diferença, その作用を持つ各. 誰もが自分たちの生活の制御を取ることができます」, ガラスを信じているアーティストとしてだけでなく、持続的にも客観的かつ社会的な引数を持って補完. 展覧会はサイモンFelippeとのパートナーシップであります, criador do Projeto Route Brasil e da Artvism Route Week que atua em causas de preservação ambiental e inclusão social.

の生みの親 ガラスを通してスペース, にオープン 2011, デボラは、提供する無料のトレーニングワークショップを促進します 2001 そしてenxerguem用ガラス分野で収入の材料新しいフォームを技術者を養成することを目指して. 「コミュニティはガラス越しに再活性化することができます. 人口自体の処分とコミュニティのアクションで. 画面上にその場所をオンにすることができます, "技術と, デボラは説明します. の週を越えて暴露 Artivismo,ガラスを通してスペース também escolheu Paraisópolis como o próximo núcleo a receber fornos para a formação e especialização de técnica vidreira. A ação tem também o objetivo de encantar e conscientizar a comunidade com os poderes mágicos da matéria vítrea e dos benefícios que ela pode trazer à sociedade.

ブラジルの土の上にデボラは、コミュニティパライゾポリスに人生の波をとりながら、, デンマークでは、市内のショッピングモールでartivismoが付属しています. 「私たちはそこ文化圏からの財政支援を持っており、また、お買い物します. そしてそれは、すべての住民がどこにあるのです, principalmente com o frio de novembro”, デボラは言います, それはまた、芸術はどこ皆だけでなくaprecidadoresのために行くべきであると述べて.

2年間の国の居住者, 彼女はそれが故郷に相補的であり得るか指摘します: 「デンマークでの私の最初のインストールでは、生命の木でした, 移民学校のファサード, 私が行かなければならなかったところ, 「言語を学ぶためのさまざまな国から非常に多くの他のような, 言う. 「初めに, 私の仕事は素晴らしい疎外を持っていました, それは無い言語での会話スペースになりました. 「タッチで人を置く遊び心言語, アーティストを伝えます, 誰がブラジルとデンマークは、その違いによって補完されていると考えていると、, どのように人間, 常に共有への知識を持っています.

「私は非常にブラジルの方法で世界を見ての持続可能な方法を持っています, それは私が何であるため、. ブラジルでは、我々はすべてを投入しました, 我々は物事を実現するために猫とよたよたと狩猟に持っており、これは私たちの芸術家を作ります. そして芸術はすべてのための救いです. ここでもまたはデンマークの ", explica Muszkat.

造形作家, で 1984 デボラは、ガラスの芸術を発見しました. 「ガラスの破損の誰もがおびえているとき. そして、唯一の私たちが関係するのか分からないものを恐れます. この材料は、偉大な教師になることができます, 自然の中で人間の友, 私たちは、時間とガラスのニーズを尊重した場合, 我々は驚くべきことを作成することができます」, コメント. 「私たちはガラスを扱うすべての時間. ウィンドウで, 私はしないでくださいフレーク, バスルームで. それは自然の一部であります, そうです 100% リサイクル. そして、あなたは素晴らしいものになることができます. それは素敵です, 水と光することができ. 私たちの感覚をかき立てます, 私たちは "キャッチ.

サービス
「人生の波は」デボラMuskatは、パライゾポリスが来ます
ローカル: Pavilhão Social (Itamotingaストリート, 41, パライゾポリス - サンパウロ, SP)
データ: 23/11
時間: 9時間として17hを
フリー

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*