ホーム / アート / アーサー・バルボーザの新作オペラが明日オープン (13) TheatroSãoPedroでの短いシーズン
モンタージュは有名なキャストをシーンにもたらします. 写真クラウディオエトゲス.
モンタージュは有名なキャストをシーンにもたらします. 写真クラウディオエトゲス.

アーサー・バルボーザの新作オペラが明日オープン (13) TheatroSãoPedroでの短いシーズン

アーサー・バルボーザの室内オペラとアルバロ・サンティの台本, ジャクリーン・ピンゾンが上演し、ラウル・ヴォージュが振付を担当するまで展示されています 15/07

待望のデビューの準備が整いました オペリタチェロ, 指揮者によって作曲され、指揮された一幕の室内オペラ アーサー ・ バルボサ, リブレット付き アルバロサンティ, チェロを中心テーマにしています. プレミアは明日です, 13 7月, しない Theatroサンパウロペドロ, そして数日で続く 14 と 15, 水曜日と木曜日, 異なる時間に (「サービス」をチェックしてください). プレゼンテーションは、WHOが推奨するすべてのセキュリティプロトコルに従います. このプロジェクトは、法律No. 14.017/2020, レイアルディルブラン, セダック通知番号を介して。 09/2020 – 文化的および芸術的作品.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

モンタージュは有名なキャストをシーンにもたらします, メゾソプラノ主演 アンジェラディエル, 低音を通して ダニエル・ゲルマノ ダンサーと振付師による ラウル・ヴォージュ, プラス10人のチェリストのセット, パーカッショニストと2人のダンサー/女優, パメラマニカJanaínaNocchi. このキャストをリードする, 女優兼演出家です ジャクリーン・ピンゾン.

アーサー・バルボーザによるこのオリジナル作品の違いの1つは、作曲家がチェロのアンサンブルによってのみ演奏されると考えたという事実です。, 伝統的なオーケストラの代わりに. チェロオーケストラの音はとても独特だと彼は説明します, このトレーニングのための仕事は少ないですが。. 」だから, 私たち自身の作品を作成するための推進力. 前代未聞になります, 特に一般の人々のために」.

オペラのトレーニングにラテン系のタッチを確実にするために、パーカッショニストが含まれていました, このアセンブリでは、ホルヘマットによって表されます. 「私はラテンアメリカの音楽に触発されました, プロットはこの大陸のどの国でも行われるからです. 聴衆は魅力的な音楽性を期待できます, ブラジル南部のタンゴとリズムがたくさんあります, ミロンガのように」, コメント.

三角関係

アルバロ・サンティの台本では、演奏が大好きでチェロに完全に専念しているマリアのドラマを追っています。. 楽器, 他方, 人間の形を取る, そして、そう, それらの間の情熱は具体化され、アイデアの分野から官能的な情熱へと移ります. しかし、アーティストの人生では、フアンが登場します, 自分だけのためにメアリーを欲しがる魅惑的な青年. このジレンマで, あなたの楽器, チェロ, 彼は「裏切られた」と感じ、したがって、マリアと彼女の愛に大きな変化をもたらす結果を伴う、ありそうもない三角関係を開始します.

受賞歴のある詩人および作曲家, アルバロサンティはいくつかの詩を出版しています. (あなたの最後の本は私のような愛はありませんでした, にリリースされた 2019). 「私はすでにオペラの筋書きを持っていました, しかし、このラブストーリーを開発したのはアルバロでした, これらの3人のキャラクターを含む」, アーサーバルボーザが報告します. 「それはスムーズな仕事でした. 彼は詩を作り、私はそれを音楽に変えました」, 言う. 彼は曲のかなりの部分がすでに書かれていると言います, しかし、それは対話を持っていませんでした. 「アルバロは自由に自分の役割を果たした. 私たちは常に印象を交換します, 最終テキストに到達するまで, そこから行方不明の曲を作曲し始めました. 作成された対話を音楽に変換したのは、ペアでの作曲のプロセス全体でした。」, 話法.

オペラ, その組み立ての観点から, 多くの注意を必要とする複雑なパズルです。. オペリタのディレクターとして, Jaqueline Pinzonは、彼女が特定のスペースを離れることができる視聴覚表現を印刷しようとしています, 視聴者が見て解決するための意味と解釈の明確化. 「私は話をするのをためらうわけではありません, しかし、私はすぐにすべての詳細を明らかにするわけではありません。, 気楽にやります, 曲のテンポで, 言ってみれば. そう, ステージオペリタチェロ, 私にとっては, 光を投げることです (またはいくつかの影さえ) おそらく見たり感じたりしていない、すでにそこにある何かについて. 但し, このオペラのステージングは, 平等に, 観客と作品との出会いを実現するために、独創的で考えられない道を選ぶ. そう, 私は説明する".

未発表のオペラ

Operittaチェロはその提案で前例のないでしょう? アーサーバルボーザは彼が知識を持っていないことを強調します, 何の世界ません, チェロオーケストラで作られたオペラの. 「そしてもしあれば, 数が少なく、不明になります」. 補強する. 「この提案はブラジルでは前例のないものだと言っても過言ではありません。. 徹底的な調査を行っていないにもかかわらず, 実は、私は世界に同様の作品が存在するという証拠を見つけていません。」, 強調.

このユニークなオーケストラの形成のために, バルボサは州で働く優秀なチェロ奏者に目を向けました. それらは: フィルメイヤー, ラファエル・ホノリオ, ジョナタン・サントス, イサドラゲーレス, MartinaStröher, PaulaSchäfferSaraiva, ムリロアルベス, Estela Deunisio, ロドリゴアルクアティ, タシオビエイラ. トレーニングを完了する, パーカッショニスト ホルヘ・マットとピアニストのフェルナンド・ラウバー, 歌手の準備を担当. 主な役割を演じる, アンジェラディエルです, ダニエル・ゲルマノとラウル・ヴォージュ, アーサー・バルボーザが数え切れないほどの時間を使って仕事をする機会があったアーティスト, オスパとのいくつかのコンサートで.

振り付けについて, Raul Vogesは、研究はチェロでミュージシャンの動きを観察することから始まったことを強調しています. 「やってみた, さまざまな方法で, このジェスチャーと動きの宇宙, キャスト全体の体に存在する可能性があります」, 説明してい. "このような, スコアを作成して選択します, 物語の物語の行を追加する, 私たちの動きと解釈の創造に」, 結論.

芸術の生産チェーン全体がパンデミックの影響の欠如に苦しんでいる時代, アーティストに大きな影響を与えました; インセンティブの欠如から; スポンサーシップカット, 景気後退の真っ只中に, 文化活動の撤回とともに生きることは、直面するのが難しい現実になっています. 州内のいくつかのオーケストラの絶滅とともに, オペラのステージングは​​最も挑戦的な仕事になります.

「OperitaVioloncelloの編集は息抜きのようなものだと思います, たった今", 導体を評価します. 「オペラへ, ブラジル人か外国人か, 評価する必要があります, それは完全なジャンルだからです, それはすべての芸術を含みます: シナリオのある造形芸術があります, ミュージシャンとの音楽芸術, 表現のある舞台芸術, とダンス, 言い換えると, さまざまな言語が共存しています, オペラを私が知っている最も完全な芸術的ジャンルの1つにしている」.

またはスクリプト

アーサー・バルボーザは、オペリタ・チェロのアイデアは、彼とアルバロ・サンティからそのような特別な音色の楽器へのオマージュとして生まれたとコメントしています. しかし、人間の形をとる楽器を提示する方法? Jaquelineは、この点に関していくつかの選択をしたと言います. 「聴衆が彼らをフォローしてくれることを願っています, または、少なくともそれらを美的に評価されるものと見なしてください。」, 言います. 「私はオペラの聴衆が, ポルト ・ アレグレから, たくさんあり、とても情熱的です, 別のショーを期待することができます, 大胆で非伝統的なキャラクターアプローチ, アンジェラ・ディエルはとてもセクシーで、観客が彼女について持っているイメージとは非常に異なるキャラクターを擁護しています, 明らかに, すべてがそれに特有のクラスで行われます. また、明らかなものから抜け出そうとするムーブメントの振り付けとデザインのレイアウトを強調します; ショーやビデオ画像の視覚性とライブシーンとの相互作用を扱う際の大胆さ」, 宣言.

「ポルトアレグレにはオペラが必要ですが、私たちには不足しています, também, サポートの. その後, より多くのイニシアチブが発生します, しかし、私たちはそれらを賞賛する必要があります, ありがとう、そして彼らに落ち着いていて、人々があなたをサポートするように頼んでください」, アーサーバルボーザは主張します. 「現時点でそれは非常に重要です, オペラの生産が落ちているところ, 自分の作品で貢献できます. それは素晴らしい喜びです」, 両端.

ファクトシート:

オペリタチェロ
オペラスタジオポルトアレグレ
芸術の方向, 構成と実施: アーサー ・ バルボサ
台本: アルバロサンティ
演出: ジャクリーン・ピンゾン
コリオグラファー, 俳優とダンサー: ラウル・ヴォージュ
ソリスト: アンジェラディエル (メゾ・ソプラノ) とダニエルゲルマノ (低)
バレリーナ: PamelaManicaとJanaínaNocchi
カメオ: "バズ"
チェロオーケストラ: フィルメイヤー, ラファエル・ホノリオ, ジョナタン・サントス, イサドラゲーレス,
MartinaStröher, PaulaSchäfferSaraiva, ムリロアルベス, Estela Deunisio, ロドリゴアルクアティ, タシオビエイラ
パーカッショニスト: ホルヘマット
歌手準備ピアニスト: フェルナンド・ラウバー
オーケストラインスペクター: ファビオクレマー
衣装: アントニオ・ラバダン
シナリオ: ラウル・ヴォージュ
髪とメイク。: カシアーノペレンツ
照明: マウリシオモウラ
写真撮影: クラウディオ・エトゲス | ファビオクレマー
動画: モーリシャスカシラギ
グラフィック アート: EROICA-コンテンツ
サウンドとビデオの記録: セリトソノリゼーション会社
技術者のCelitoBorgesとAlexandreScherer
Cenotécnica: パウロペレイラ
トレーニング: ジョーンカルドソ
ポンドでの翻訳: シモーネ・ドルネレス
プロダクション アシスタント: ロレーナ・サンチェス
デジタルメディア: UPAデジタル
プレスオフィスとアウトリーチ: 統合マーケティングコンサルタントによるSílviaAbreu
エグゼクティブ ・生産: アドリアーネ・アゼベド
計画と管理: 文化都市
成果: アンジェラディエルプロダクション

アクセス:

フェイスブック: www.facebook.com/OperitaVioloncello

#アルディア・ブラン緊急LAW
# ミュージックハウス
# Theatroサンパウロペドロ
# SEDAC RS
# CIDA文化

SERVICE:
オペレッタチェロ
日 13 7月, (火曜日), へ 20 (エッセイを開く)
日 14 7月, 水曜日に, 午後4時と午後8時 (レシタ)
日 15 7月, 木曜日, 20:00 で (レシタ), UFRGSチェロ会議のスケジュール内
Theatroサンパウロペドロ (悪広場. デオドーロ, y / n –ヒストリックセンター–ポルトアレグレ/ RS)
デュレーション: 60 分
属: 操作する
年齢区分: 12 年
自由参入.
マルチパルコのレセプションでのチケットコレクション, 間で 06 と 15 7月, 午後6時まで午後1時30分, の寄付により 2 腐りにくい食品のkg. 寄付はSATED-RSとCasado ArtistaRio-Grandenseに行われます。.
一般向けの詳細情報:
(51) 3227.5100 / 3227.5300 Theatroサンパウロペドロチームと

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*