ホーム / アート / 雑誌は、路上で人の自治に関するセミナーを保持しているトレース
写真のスポークスマン. 写真: タイマロン.

雑誌は、路上で人の自治に関するセミナーを保持しているトレース

イベントは、上で起こります 20 と 21 11月, Fiocruzブラジリアの講堂で

ジャーナルトレイト, オズワルドクルス財団と共同で (FIOCRUZ), ブラジリア大学 (UNB) ・社会開発省 (MDS), セミナーを促進します 自治やホームレスにおける人の社会変容, 人口のこの部分についての議論を深めます, 弱体化などの社会.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

国家の労働長官が行った最後の国勢調査からの情報によると、, 社会開発, 女子, 人種平等と人権 (SEDESTMIDH), あそこにあります 7 のみFederal Districtの路上千人. ブラジルなし, 約です 100 千人.

これらの数字の知識を持つ人々の社会参加に積極的に, から 2015, プロジェクトの痕跡は、自治のゲインは、これらの人々が彼らの自尊心を取り戻し、社会の中、個々の能力をreconquistemするための主要な要因であると、, これは、このセミナーを正当化します.

活動の2日間, 彼らは社会的権利に関連する問題について説明します, 自治の世代に焦点を当て, ハウジングと所得創出. セミナーを閉じます, また、それはストリート論文のII全国大会が開催されます, の代表者を結集 ストリートペーパー 国の四つの領域, ジャーナル上の特徴を含みます, より多くのを助けています 200 路上の人々が労働市場を再入力します.

ストリート紙 – これは、通りの出版形式です, 新聞や雑誌, 路上で人によって販売されています, このグループに収入を生成し、その社会的包摂を促進するために. それは後半に起こる現象であり、 1980, 北米, その後、他の大陸と国に広がります, ブラジルに取得します, ボルタのバイ 2001.

トレース誌 – 雑誌のプロジェクトが実施を提案しています, 何の連邦直轄区ません, 社会技術 ストリートペーパー, これは社会的責任のアクション文字がすでに統合しました, 後半以来、以来、 1990 それは街の人々の経済的、社会復帰に貢献してきました, 以上で、今日存在しています 40 国. マガジンは、車両相互通信であります, その社説軸の文化的生産の促進が連邦区で開催, 都市のアイデンティティの構築に関する議論を助成. この意味で, 提案は、異なる文化のセグメントの文化的生産の可視性を拡張します, 地元の文化的議題のconstitutor車を装っ. 雑誌も、ブラジリアの国境を越えた対話を促進します, 全国各地の文化の薬剤アウトとの対話という記事やインタビューで.

SERVICE
Seminário Autonomia e Transformação Social da Pessoa em Situação de Rua
20 と 21 11月
Fiocruzオーディトリアム, 918:00 h
ブラジリアのキャンパスダーシーリベイロ大学 – UNB

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*