ホーム / ハイライト / 「隣人と友達になる」: ミュージアムオブトゥモローが港湾地域の社会団体から配布されるフードバスケットを集めるキャンペーンを開始
明日の博物館. 写真: バーナード・レッサ.
明日の博物館. 写真: バーナード・レッサ.

「隣人と友達になる」: ミュージアムオブトゥモローが港湾地域の社会団体から配布されるフードバスケットを集めるキャンペーンを開始

コミュニティ, 住民を助けるためにすでに動員されていた, 今、彼らはミュージアムの友プログラムに参加する人々から寄付を受け取るでしょう. 資源は食料を購入するために完全に使用されます

港湾地域, 彼らが住んでいる場所 30 千人の住民, 保健地区から配布, ガンボア、サントクリスト、コンセイソンの丘, ピント, リブラメントとモロダプロビデンシア, コロナウイルスのパンデミックの影響は深刻です, しかし, 検疫開始以来, 住民グループや地方自治体は、脆弱な家族を支援するために一生懸命取り組んできました.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

O Museu do Amanhã criou a campanha 隣人の友達になる e com duas categorias para doação: a do 連帯の友 e a de 無料寄付, 基本的なフードバスケットの購入に使用される資金を調達する目的で. バスケットは、住民に配布するためにすでに動員されている社会組織や地元のグループによって配布されます. 都市のこの地域で, 丘の多くの家族の脆弱性を超えて, 職業で不安定に住んでいる多くの住民もいます. さらに, 自営業者として働いていて、危機の間に彼らの収入を失った一部の家族も、助けを必要とし始めました.

A campanha funcionará por meio de doações de pessoas físicas ou jurídicas. Quem doar 120 フレンズオブトゥモロープログラムに参加できる, 1年間無料で優先入場できるメリットを期待しています, 美術館の再開から一般へ. 無料の寄付のカテゴリは、金額から協力したいすべての人に開かれています 20 レアル, すでに美術館の友だちを含む. As doações serão feitas através da plataforma Benfeitoria. Todo o dinheiro arrecadado será empregado nas ações das comunidades.

地域とその住民を、大規模な変革の推進者として、人気のある洗練された文化の担い手として認識する, ミュージアムオブトゥモローは、地元の組織をサポートするために、パートナーと一般の人々のネットワークを結集しました – それらのほとんどは、地域の住民によって形成されました – この危機の瞬間を最善の方法で乗り切るためにすべての支援を受けて地元住民と直接接触している人.

「どんな助けでも大歓迎です. 私たちをサポートする人々をサポートするために集まる必要があります. 私たちの隣人なしでは、私たちは私たちがいる博物館にはなりません」, マリア・ガリバルディは言います, IDGの公共開発およびパートナーシップ担当ディレクター, ミュージアムオブトゥモローを運営している人.

明日博物館はリオデジャネイロの文化の市事務局の文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社).

明日の博物館について

ミュージアムオブトゥモローは、持続可能性と共存の観点から、今後数十年で人類が直面する可能性のある機会と課題を探る応用科学の博物館です。. 12月にオープンしました 2015 バイ リオの街, ミュージアムオブトゥモローは、地方自治体の文化長官の文化機器です。, の管理下で運営 開発管理研究所 (IDG 社). 政府と民間部門の間のパートナーシップの成功例, 明日博物館は終わっ受けています 4 オープン以来百万人の訪問者. マスタースポンサーとして サンタンデール銀行, スポンサーとしてのシェルと、次のような企業を含む幅広いスポンサーネットワーク IBM, Engie, ロジャス・アメリカナス, グルポグロボ e Renner, 博物館はもともと設計されました ロベルトMarinhoの財団.

IDG - 開発と管理協会 これは、公共文化施設や環境プログラムの管理に特化した非営利団体で、民間企業のためのコンサルティングや、文化や環境プロジェクトの実施や開発にも積極的です. 現在、明日の博物館を管理するためのアカウント, リオデジャネイロで, Frevoを行うパコ, レシフェ, 大西洋岸森林基金の運用マネージャーとしておよびヴァロンゴ埠頭の遺跡の保全活動のディレクターとの統合など, リオデジャネイロの港湾地区で. で詳細はこちら www.idg.org.br

明日の博物館や国連ODSについて

で 2015, 国連 (国連) 作成したアジェンダ 2030 ととも​​に 17 持続可能な開発目標 (ODS), それは、世界のすべての国で実施されなければなりません 2030. 持続可能性と共存の柱と, 明日博物館は、この議題の実現に努めています, 貧困と飢餓の撲滅のために提供します; 持続可能な消費と生産を通じて分解から地球を守ります; 経済発展を通じて人々の繁栄の生活や個人的な履行を確保します, 社会的、技術的, 自然と調和しました; そして、平和を推進します. 各ODSの詳細については、, 国連のウェブサイトをご覧ください。: nacoesunidas.org/pos2015/agenda2030.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*