ホーム / アート / 「ABênção」シリーズがサウンドトラックを発表

「ABênção」シリーズがサウンドトラックを発表

O trabalho do compositor Felipe Longhi pode ser conferido gratuitamente nas plataformas

その日に起こります 5 7月, (月曜日), 19時間のように, ローンチライブ Instagramの 全国シリーズのサウンドトラックから 「祝福」. 作曲POR フェリペロンギ (「死者の港」), 作品はで見ることができます プラットフォーム 楽しんでる, YouTubeの, これは Deezer とその他の. として 33 トラックは、加入者が利用できる最初のシーズンの物語を区切ります Globoplay. プロットで, 死への恐怖を阻止することを約束する革命的な薬の作成は、科学者が関与する一連の出来事を解き放つことになります, 精神科医とその患者, 警官や他のキャラクター. によって作成されました フレデリックストリートレオ・ガルシア, によって駆動されるアトラクション デビッドデオリベイラピニェイロエミリアーノ・クーニャ あなたのキャストをもたらします アルドリ受胎告知, プリシラ・コロンビ, マリア・ギャラン, ワーナーシューネマンジョアンカンポス.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

シリーズのために書かれた最初の曲, 祝福 (オープニングテーマ) スクリプトを読んでいる間に作成されました。. 「私は、幸せで日当たりの良い面が、密度の高い、もう少し厳粛な面に囲まれた曲を作ろうとしました。, しかし、必然的に悲劇的なものとして生と死の間の論争に直面することなく」, ポルトアレグレは説明します フェリペロンギ. 「今、私はこのアプローチを自分自身への解毒剤としても取ったと思います. 自分の死を恐れるほどではない, しかし、私を取り巻くすべてのもののそれ: 人々, 動物, 夢, 紀要", 結論.

「創造的な言葉で, 私の意図は、特に物語の雰囲気に貢献することでした, メロドラマ的な方向にあるが、メロディーはほとんどない, よりテクスチャベース, 電子要素と電気音響要素の混合物で」, について説明します ロンギ. 付随音楽に加えて, のトレイル “祝福” 異なるジャンルの6曲のオリジナル曲が含まれています (レシフェのミュージシャンと一緒に書いた ファッポ), それらの中で塔 いつ痛みますか とセルタネージャ ハリウッドの終わり. “祝福” の成果です 飛んでいるウサギ, 出口アンチフィルム, によって資金提供 視聴覚セクター基金 沿って ANCINEBRDE.

祝福 – サウンド トラック

無料で利用可能 | 33 トラック | 1h18分

ライブローンチ日 05/07/21, Instagramの午後7時 @abencaoserie | 作曲家に参加する フェリペロンギ と取締役 デビッドデオリベイラピニェイロエミリアーノ・クーニャ

プラットフォーム: 楽しんでる, YouTubeの, これは Deezer とその他の: ps.onerpm.com/1034637779

祝福 (2020) (8 x 50 ’)

加入者が利用できるエピソード Globoplay

フレデリコ・ルアスとレオ・ガルシアが制作したシリーズ | 方向: ダヴィ・デ・オリベイラ・ピニェイロとエミリアーノ・クーニャ | 評価: 16 年

ファクトシート

主要キャスト: アルドリ受胎告知, アウレアバプテスト, ジョアンカンポス, マリア・ギャラン, プリシラ・コロンビ, RodolfoRuscheinskyeWernerSchünemann | キャストをサポート: アドリアーノバセジオ, ガブリエラ・ポスター, ジュリアナウォルクマー, Liane Venturella, マルセロレストリ, マルガリーダリネラ, ペドロナンブコ, ラファエル・トンビーニとロッセンド・ロドリゲス;

によって作成されました: フレデリコ・ルアスとレオ・ガルシア | ショーランナー: レオ・ガルシア | 共同ショーランナー: フレデリックストリート | オリジナルコンセプト: フレデリックストリート, レオガルシアとペドロハレス | 脚本: デニスマルキ, フレデリックストリート, Iuli Gerbase, レオ・ガルシア, ペドロガリザとチアゴウォダルスキー | 方向: ダヴィ・デ・オリベイラ・ピニェイロとエミリアーノ・クーニャ | エグゼクティブ ・生産: レオ・ガルシアとペドロ・ギンダニ | 生産: デビッドデオリベイラピニェイロ, エミリアーノ・クーニャ, フレデリコ・ルアスとレオ・ガルシア | 化粧: ユリアーネセナ | アートディレクション: アナ・ムーサ | 写真ディレクター: エドゥ・ラビン | アセンブリ: ダニエルアルメイダとタイのフェルナンデス | サウンドデザインとミキシング: ウィリアム・カシウス, グスタボ・フォッパとジョ​​ンツ・フェレイラ | 音楽: フェリペロンギ | 成果: 飛んでいるウサギ, 出力eアンチフィルム | 融資: ANCINEとBRDEによる視聴覚セクター基金.

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*