ホーム / アート / ハウス・ミュージアムエマクラビン社での講義やワークショップをチェック
A recepção do embaixador de Damasco, 1511, ルーブル美術館. 写真: ディスクロージャー.

ハウス・ミュージアムエマクラビン社での講義やワークショップをチェック

また、エッセイストの生誕百年を記念して日があるでしょう, 美術評論家、大学教授ギルダ・デ・メロEソウザ (1919-2005)

Casa-Museu Ema Klabinは、ローマのアイデンティティに関する一連の講義を推進しています, 近東, サンパウロや美術館のアイデンティティ. 大学リュミエールでローマ考古学の医師などの専門家を結集会議, リヨン, イヴ・ロラン; ルーヴル美術館への元顧問, a arqueóloga Cintia Gama; a pesquisadora, 講師やキュレーターサブリナモウラ, 他人.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

A Casa-Museu também oferece atividades para quem é apaixonado por livros, que vai desde uma palestra sobre o processo histórico do surgimento do livro à uma oficina sobre encadernação.

スタイルで12月を閉じるには, エッセイストの生誕百年を記念しての旅があるだろう, 美術評論家、大学教授ギルダ・デ・メロEソウザ.

登録はハウス・ミュージアムのサイトで開かれています: emaklabin.org.br

スケジュールをチェックします。!

講義ローマのアイデンティティ – イヴ・ロラン – 土曜日, 23/11/2019, 11Hから13Hへ- R $ 40,00- 35 欠員

当初は都市に限定, ローマの影響は、最終的には、地中海の周りの土地に広がっ. ローマの同一性の程度は、この領土拡張を伴います. Eneidaで「国家のアイデンティティ」の概念を提示する講義が始まります, ローマの神話や創設者, 考古学的データをテキストに直面しても、市民権の概念を通じて. Ainda discute como os habitantes do império romano exibiram suas identidades pessoais por meio da iconografia e de inscrições. そして、20世紀の全体主義体制に何世紀にもわたって「ローマのアイデンティティ」の回復に戻ります.

講演: 19世紀と近東との出会い: o orientalismo e uma nova afirmação de identidade- Cintia Alfieri Gama Rolland, 土曜日, 30/11/2019, 11Hから13Hへ, R $ 40,00 – 35 欠員. この講義の目的は、19世紀にどのような今日という名前のオリエンタリズムの歴史とその発展を提示します, 特にエジプトのキャンペーン後, だけでなく、エドワード・サイードの作品の出版以来、この広く使われている用語に関連した理論を議論, で 1978. A palestra abordará como esse “encontro com o oriente próximo” teve influências literárias, 歴史と西洋のビジョンを通じて、この東側に関連した虚とより正確にヨーロッパとしてのアイデンティティの両方の建設のための建築.

講義博物館とアイデンティティ – 美術館の新しい定義のための交渉- サブリナモウラ – 木曜日, 05/12/2019, 10:00 を 12:00 から, R $ 40,00 – 20 欠員. 最後の十年, 博物館は根本的に変えました, その原則を調整し、再発明, 政策と実践, 博物館現在の定義のポイント, ICOMによって採択 (国際博物館会議) で 2007, これらの機関の現代的課題を反映していません. Ao longo do encontro – segundo da série Museus e Identidades – será analisado as origens e os desdobramentos dessa proposta.

講演: ブックの歴史 (パートナーシップABER) – Fernanda Mokdessi Auada- 土曜日, 30/11/2019, 14:30、17:30, 80.00 ドル – 30 欠員. A palestra abordará sucintamente o processo histórico do surgimento e processos de produção dos livros, メディアや筆記具の開発から, 会議のアイデアと情報の保護を議論, volumenのような特色フォーマット, 写本, 中世の本, デジタル書籍や保全結合の出現までの印刷の出現.

バインダ (パートナーシップABER): 27/11/2019, 28/11 と 29/11, 1417:30 に H30 – R $ 260,00 – 15 欠員 – エステラVilela, representante brasileira da Associação Internacional de Encadernação Artística: アート製本の友達 (ARA国際). A Oficina abordará uma breve contextualização histórica do livro copta e suas estruturas de encadernação. その後、学生がモデルを製作するように指示されます, エチオピアコプトシーム, そのコア花粉で印刷された紙プランナーなり 90 グラム/平方メートル.

ギルダ・デ・メロEソウザの名誉の一日 シルビオ・ローザ, プリシラLoydeゴメスフィゲイレド, Suzanaアヴェレール, Brunnoアルメイダマイア, セルソ・ラファー, WalniceノゲイラGalvão, レナート・ジャニーン・リベイロとホルヘ・コリ – 日 6/12, 午前9時から午後06時30分まで, 無料で. Por ocasião do centenário de nascimento da ensaísta, 美術評論家、大学教授ギルダ・デ・メロEソウザ (1919-2005), エマクラビン社財団は旅を促進します, テーマ別のテーブルとの賛辞で構成, 教師の参加を得てUSP, UNIFESPとUNICAMP. 彼の主要な作品に進出への旅の目的, como O tupi e o alaúde: Macunaímaの解釈 (1979), 読書の演習 (1980), Os melhores poemas de Mário de Andrade – Seleção e apresentação (1988), 服の精神: 19世紀のファッション (1987), アイデアと人物像 (2005).

入学: www.emaklabin.org.br

エマクラビン社財団

アドレス: ポルトガルの街, 43, ジャルディン エウロパ – サンパウロ. このような: 55 11 3897-3232

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*