ホーム / アート / フランス人パスカル・ランペールがリオデジャネイロで短いシーズンプレミアプレー

フランス人パスカル・ランペールがリオデジャネイロで短いシーズンプレミアプレー

親密な環境でのプレゼンテーションのために、ショー「Encerramento do Amor」がリオデジャネイロに到着.

全国流通で, Clôture de l'Amour のブラジル版, 受賞歴のあるフランスの劇作家パスカル・ランベールによる, リオデジャネイロに2ラウンドの議論をもたらす, 何層もの複雑さを伴う関係の終わりに先立つもの. テキスト形式は、リスニングとスピーキングの練習を提案します.




DS 23, 24 と 25 9月, エスパソ・タピアスで, バーラ · ダ Tijuca の, 無料チケット付き.

「愛するときは誰を愛するか?」は、ラブズエンドの爆発的な質問です, ディエゴ・ブレサーニ監督, 今年の 9 月にリオデジャネイロに到着し、4 月から全国的に流通しています。, すでにベロオリゾンテを通過した, 救世主, サンパウロとポルトアレグレ – Espaço Tápias での短期滞在, バーラ · ダ Tijuca の. A 再生 賞を受賞したフランスの劇作家パスカル ランベールによる、ロマンチックな関係の終わりを告げる 2 つの独白で構成される会話をもたらします。, 「すべての長い関係には、その層と複雑さがあります, これは私たちの仕事で呼び起こされます, しかし、人間関係について語る番組の決まり文句から逃れています。」, 監督を強調する. テキスト形式は、リスニングとスピーキングの練習を提案します.

リオの観客が鑑賞する作品は、作品「Clôture de l’Amour」のブラジリア版です。, パスカル・ランベール. アヴィニョン音楽祭で初演 2011, 作品はグランプリ・ド・文学・ドラマティックを受賞しました 2012, パルマレス・デュ・テアトルで最優秀作家賞を受賞 2013. フランスシーズン終了後, さまざまな文化や言語用にいくつかのバージョンが登場しました, 日本とイタリア, 例えば.




作品のブラジル版を組み立てたいという願望は、女優のアダ・ルアナから来ました, 彼は、通訳者として直面する最大の課題の 1 つだけでなく、テキストの大胆さを見ました。, 人間関係の可能性も. 「大衆の前で息を引き取る愛をテーマに, 言葉の決闘を通して, 私には、私たちの聞く能力に疑問を投げかける最良の方法のように思えました, ダイアログの, 相手を理解し歓迎する」, コメント エイダ. この質問は、現在の政治的社会的文脈で私たちが今日生きている時代に完璧な雄弁さを見つけました.

テキストをブラジルに適応させることは、翻訳以上の課題をもたらしました. 「言葉の意味で非常にフランス的なテキストです。, 彼らが言葉に対して持っている情熱の中で, レトリックによる. テキストで私たちを誘惑したのはまさにそれでした. 句読点のないテキストのページが多すぎる. 私たちの課題はこれでした, テキストに句読点を付けて作業する. ショー中に各スコアを作成する方法を発見する」, エクスプリカ・ブレサーニ.

監督とキャストによる研究は、舞台上での物語の構築と表現力の伝達における構成要素としての動詞と聞き取りに焦点を当てました。. フランス語のテキストのステージングによって提案された現代的な形式 - 一人だけが途切れることなく話す関係の終わりに先行する議論, 短いタップ ダンスで区切られた 2 つのラウンド - ショーを強烈なサウンドスケープに言及する. ステージ上の身体間の距離, 衣装と舞台装置の清潔さとシンプルさ, そして冷たい照明, 風景体験の焦点を俳優の仕事に向けて強化し、方向付ける, 話したり聞いたりする行為.

Whatsappグループで一般的な展示会やイベントからのニュースを受け取ります!
*グループに投稿するのは私たちだけです, だからスパムはありません! 安心してお越しいただけます.

CCBB ブラジリアで初演された愛のクロージング, ブラジリア現代シーン国際フェスティバル期間中, 版 2017. 同年、Teatro Sesc Garagem でシーズン公演を行う。. で 2019 FTBに参加しました – ブラジル演劇祭, レシフェ. で 2022, ショーは全国流通に戻った, ベロオリゾンテでのプレゼンテーション (四月), 救世主 (かもしれません, ブラジル演劇祭で), サンパウロ (七月), ポルトアレグレ (八月) とリオ·デ·ジャネイロ (9月). BHの季節, SPとRJは文化支援基金から支援を受けました (行う) 連邦区から.

EspaçoTápiasでの公演は 23, 24 と 25 9月, 金曜日と土曜日, 20:00 で, そして日曜日の午後7時, 無料チケット. 金曜日のセッション (23) Librasの通訳者と一緒になります.

戯曲とその作者

大きな部屋の中, 女と男が話し合う. 彼は会話を始める人です. 彼女は聞く, 気配りのある, 2番目のモノローグで応答します. 彼らはあなたの分離を呼び起こします, 昔と今の話. Pascal Rambert は、質問に対してすぐに答えを提供していません。: 「愛するときは誰を愛するか?". 可能性を巡る. 彼は彼らが使う決まり文句を否定しない, 少なくとも1回, 別れる者たち, 愛の欠如の理由を探す人, あなたの思い出をよみがえらせる, いくつかのキラーフレーズですべてを破壊する前にそれらを装飾する. 途切れることのない言葉の川, 繋がる問答, 恐怖と解放の間の一種のマラソンで息を止める: ここにある, このつらい瞬間の中心に, パスカル・ランベールが私たちに与えたもの. 遍在する動詞の残忍さの中で, 信じられない厳しさの冷たくて致命的な文章、無慈悲な戦闘. 彼は攻撃し、彼女は彼が彼女に課したい失踪と戦わなければなりません. 彼らは同じ武器を持っている, しかし、彼らはそれらを同じように使用していません. オスとメスがいる. 見た目は2つ, 二つの沈黙, 死ぬ愛の暴力を語る2つの演説.

パスカル・ランベール ジェヌヴィリエ劇場の信仰監督 (T2G), 彼はそれを現代創作のための国立演劇センターに変えました, 劇場に捧げる, ダンス, オペラ, 現代美術, 映画と哲学. 彼の作品は世界中で発表されており、彼のテキストはすでにいくつかの言語に翻訳されています。. 彼の作品はモンペリエの主要なフェスティバルで発表されています, アヴィニョン, ユトレヒト, ベルリン, ハンブルク, ニューヨークと東京. Pascal Rambert encenou também várias óperas na França e nos Estados Unidos. Dirigiu curtas-metragens que foram selecionados e premiados em festivais em Pantin, ロカルノ, Miami e Paris.

監督について

Diego Bresani é fotógrafo e diretor de teatro, graduado em Artes Cênicas pela Universidade de Brasília, で 2006. Iniciou sua carreira de direção como assistente de Antônio Abujamra e Hugo Rodas no espetáculo Os Demônios que teve temporada no CCBB Brasília e Rio de Janeiro. Dirigiu diversos espetáculos, entre eles A História do Jardim Zoológico, classificada pela Revista Veja São Paulo entre as 10 melhores peças de 2006. No mesmo ano foi indicado ao Prêmio Sesc de Teatro Candango, nas categoria Melhor Direção. Dirigiu A Trilogia Sobre a Violência, Cla の. 隔離区域セクター, ヴィアレンタのショーで作曲, リスクセラピーと私が卵を食べるもの. すべてがベストディレクターとベストショーのカテゴリーにノミネートされました, 証券取引委員会表彰, 年 2010, 2012 と 2013. この作品を持って、彼はブラジルのいくつかのフェスティバルに出かけました。, その中には、レシフェでの素晴らしいショーの1月. ディエゴは、以来、写真と演劇照明を専門的に扱ってきました。 2001. 現在、ブラジリアとパリの間で活動中.

ファクトシート

方向: ディエゴ・ブレサーニ
テキスト: パスカル・ランベール
翻訳: マーカス・ヴィニシウス・ボルハ
生産: タイズ・フェリペ
リスト: ルアナがいる, ジョアン・カンポスとタイス・フェリッペ
照明: ディエゴ・ブレサーニ
写真撮影: アンリ・ドス・アンジョス
報道官: ネイモッタ
成果, 舞台美術と衣装: 孤立した地域の企業部門

SERVICE

ローカル: タピアススペース

アドレス: によって. アルマンド・ロンバルディ, 175, 2歩く, ダ·Tijucaアウト. ペドロ ボラト通りの入り口.

建物の隣にある回転式駐車場は、Espaço Tápias を訪れる人に割引を提供しています。.

情報: 21 97279-9684

シーズン: 23 A 25 9月 2022; 単一のプレゼンテーションで.

時間: 金曜日と土曜日, 20:00 で, そして日曜日の午後7時.

金曜日のセッション (23) Librasの通訳者と一緒になります.

無料チケット, 引き出し付き 1 数時間前.

聴衆の容量: 80 人々

ショーの期間: 100 分

年齢区分: 16 年

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*