ホーム / アート / 職場でのウィリアム・Wisnik大臣スペース講義: 都市, 芸術, アーキテクチャ
Grafite de Paulo Ito, palestra Espaço em obra: 都市, 芸術, アーキテクチャ - Ana Cristina. 写真: Thais Leite.

職場でのウィリアム・Wisnik大臣スペース講義: 都市, 芸術, アーキテクチャ

エマハウス博物館クラビン社で行わ会において, ギルヘルメウィスニックは、芸術と建築に関連する興味深い問題に取り組みます.

サンパウロ大学建築都市学部の建築家および教授, ウィリアムWisnik, 大臣翌日 31 8月, 土曜日, 11Hから13Hへ, 講義 「ワークスペース: 都市, 芸術, アーキテクチャ ". O encontro acontece na Casa-Museu Ema Klabin, ジャルディンエウロパ, サンパウロ. あるだけ 35 欠陥と登録はミュージアムハウスのサイトで開かれています.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

スピーカーは、都市の生活の現在の状態にオランダの建築家レム・コールハースの反射を引き出すます, そして、都市の思想.

都市の規模や公共スペースでの経験の問題で作家の没入作品を議論することに加え. 「非場所」, 「一般的な都市」, 「宇宙ゴミ」, 「ポストイットの都市」.

それ, まだ, 都市と田舎の過疎, 道路や消費によって交差, 「トランスジェニックな風景」を作成, それはなります, ますます, 私たちの生息地. これは, também, 現代写真の主要なテーマの一つ.

Sobre Guilherme Wisnik:

建築と都市計画学部教授 (USP). 新聞のコラムニストのSシート. ポール (2006-07 と 2016), そして、このようなルシオ・コスタなどの本の著者 (Cosac Naify します。, 2001), カエターノヴェローゾ (Publifolha, 2005), 危険な状態: 都市で漂流 (Publifolha, 2009), オスカー·ニーマイヤー (フォリア ド s。. ポール, 2013), 作業スペース: 都市, 芸術, アーキテクチャ (問題SESC SP, 2018, comのフリオ・エラ) 霧の中でと: 芸術, 現代建築と技術 (Ubu, 2018). ボリュームを編集しました 54 スペイン語ジャーナル2G (2010) ビラノバアルティガスの仕事について, そしてエッセイは、様々な書籍や雑誌に掲載します. APCAのメンバー – 美術評論家のパウリスタ協会. これは、いくつかの展示会のキュレーターやサンパウロで10番目建築ビエンナーレの総合学芸員でした (2013). 彼は、美術評論家のブラジル協会の「2018ハイライト」を受賞しました (2019).

他のコース, oficinas e palestras na Casa-Museu Ema Klabin:

8 月, ハウス博物館エマクラビン社は、コース数が付属しています, 一流の専門家と人間の知識の様々な分野でのワークショップや講演会. クリエイティブライティングコースからあります。, 写真を通して, アート講座, 音楽, CHAP-ブック, 美術学校、ハイファ大学の芸術家と監督との会談へ (イスラエル), アッシメシュラム, ソーシャルネットワークで生中継されます. ハウス・ミュージアムのサイトで完全なスケジュールを参照してください。: emaklabin.org.br

サービス:
講演: 「ワークスペース: 都市, 芸術, arquitetura” com Guilherme Wisnik
データ: 土曜日, 31/08/2019
時間: 11Hから13Hへ
投資: R $ 40,00
35 欠員 登録順により、
ローカル: エマクラビン社財団
アドレス: ポルトガルの街, 43, ジャルディン エウロパ, サンパウロ, 電話: 11 3897-3232
入学: emaklabin.org.br

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*