ホーム / アート / 世界での私の役割, 2Thのエディション

世界での私の役割, 2Thのエディション

目の下の手作りの世界とブラジルおよび海外の紙芸術家の制作

バーチャルイベントの宣伝, の 20 A 30 9月, との会議 11 手作りの紙の世界で傑出したアーティスト. これらの会合で, すべてに開放, アーティスト, 異なる国籍の, 経験と手作業による生産技術、および素材との感情的な関係を提示します.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

世界での私の役割 のサポートがあります ユニパス – 国際平和大学, やる カンダンガ記憶の生きている博物館Secec-DF – 連邦地区の文化と創造経済の州事務局.

Covid-19のパンデミックは世界中の多くの人々の習慣を変えました, その中でも、日常の速いペース. それ, 監禁あり, 多くの人々が工芸品に新しい活動や自分たちと会う治療法を見つけました.

何が新しいのか, 多くの人にとって、この活動は長い間日常生活に存在してきました. で 世界での私の役割, 経験は始めている人に会います. アーティストのプレゼンテーションで, 紙のマニュアルを作成して魅力を深める機会.

イベント主催者向け, ギゼルマ・フェルナンデス, 「植物繊維と共生, 私たちはそれを使って論文を作成します, 多くのテクスチャーのタッチでエンチャントを呼び覚ます, 可能な色の多様性と結果の驚きに直面して」.

使用する原材料は短繊維です, ブドウの木と葉, 花びらと樹皮. 自然の動きに合わせた作品だから, 「私たちはバナナ繊維だけを収穫します, 彼女がすでに束を作り出した後」, 主催者の例. プロセス全体が手作りです, 繊維の切断から洗浄まで, 入力の調理を通過.

隠さないで, 手作り紙の製造と製造に携わってきました。 15 年, あなたの経験を精神的なものとして説明します, 「それは私を満たして空にするものです, 私を理解し、私をあふれさせてください」. 残っているレッスンについて, 「謙遜さについて学ぶ, 非常性と物事に対する制御の欠如」, ハイライト.

プログラミングは ペーパーデー (20/09), 「紙の芸術における聖なるもの」についてのギゼルマのスピーチで. アーティストの講義で, 対処されます, 含む, 職人による紙生産の社会環境的側面と彼らの生活における紙の重要性. ブラジリアの製紙業者がイベントに参加, サンパウロ, リオデジャネイロ、そしてスペインとエクアドル.

サービス:
II世界での私の役割
20 9月, ペーパーデー, へ 30 同じ月
ザ· 11 動画は毎日投稿されます, 常に午前11時, しない Instagramの そしてチャンネルで YouTubeの バナナフラワー.
このイベントは ユニパス, やる カンダンガ記憶の生きている博物館Secec-DF – 連邦地区の文化と創造経済の州事務局.
情報: (61) 9.9901-9096 または flordebananeiraarte@gmail.com

 

プログラミング (変更の予定)

20日目-製紙業者の日-ギゼルマ・フェルナンデス (ブラジリア) -紙の芸術における神聖さ

21日目-国際平和デー-ロベルトクレマ (ブラジリア) -職業と平和

22日目-春の日-レジーナフィッティパルディ (ブラジリア) -紙と紙: 変革の芸術における持続可能性の職人.

23日目-エリカ・カンポス (サンパウロ) – 作る手

24日目– Camola Valarezo (エクアドル) -リサイクル可能なものを使った手動織機がアフリカで始まった

25日目-ピラーサラ (スペイン) -野菜のテクスチャ

26日目-マルシアバラレソ (エクアドル) -リサイクルの話

27日目–ジョージアドアレクリムパペル (リオデジャネイロ) – 癒しの場としての紙のリサイクル

28日目-レオナルドゴメスドパペルエコ (サンパウロ) -手作りの紙とグラフィックアート: 植物と決まり文句の間.

29日目–モニカアルメイダ (ブラジリア) -紙と絵画: 悟り

彼女は30歳です– Nayla Reis (ブラジリア) -社会的接触と喜び: 世界での私の役割

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*