ホーム / アート / カフェテリアパトでの陶芸ショーにおける女性の主人公, 日 12 3月
Cris Martim. 写真クリスマーティンim.
クリスマーティン. 写真: クリスマーティン.

カフェテリアパトでの陶芸ショーにおける女性の主人公, 日 12 3月

A カフェテリアパト, およびCLN 407 北, の新版を受け取ります

巡回公認陶磁器見本市

セラミックショー 連邦直轄地のカフェを循環する功利主義的で芸術的な

主に男性の市場で, アートプロダクション, 低温または高温のセラミック片の作成において, 観察されるのは反対です. この中で, ほとんどのスタジオを担当しているのは女性であり、コレクションだけでなく独占的な作品の作成も彼らのプロセスから生まれています。.




作品の中で, それらを高く評価する人々の目は、タッチを誘う柔らかい曲線をさまよっています. 使用している色は, ほとんどが自然を表す明るい色調です. Nas peças escultóricas, observa-se criatividade delicada e, 場合によっては, humor que leva o observador a uma sensação de bem-estar.

No repertório apresentado, se tem afeto e, 主に, partilha. Quando há a oportunidade de um encontro, ouvem-se elogios e muita troca de experiência. Nos coletivos, majoritariamente composto por mulheres, o compartilhar de conhecimento é constante.

Alia-se a tudo isso, a presença de algumas matérias primas encontradas na natureza como o barro, 粘土, os pigmentos, a areia, cinzas de madeira queimada. O que faz desta arte um belo encontro com a mãe terra.

Whatsappグループで一般的な展示会やイベントからのニュースを受け取ります!
*グループに投稿するのは私たちだけです, だからスパムはありません! 安心してお越しいただけます.

Reverenciar esta arte majoritariamente feminina ganha especial significado com a proximidade do 8 3月 – Dia Internacional das Mulheres. Em comemoração a esta data de lutas por igualdade e emancipação feminina, 次の巡回著者陶磁器フェアは土曜日に行われます, 日 12 3月.

この会議を主催するために選ばれた場所は カフェテリアパト, 小さな職人のパン屋, その美食はフランスの技術に基づいています, セラードの材料と味を混ぜる. メニュー項目には穀物が組み込まれています, 季節のスパイスとフルーツ, 味覚を最大限に探求するための探求において.

この新版に参加する 巡回公認陶磁器見本市 とアーティスト: バーバラアンジェリーナ (@studiobarbaraangelina); クリスマーティン (@ crismartim.ceramista) デボラ・アモリム (@ amor_im.ceramica); フェリペ・ラライア (@Seu Barromeu); ガビとデボラ (@逆立ち) ルシアナコサティ (@luciana_cosati_); ロドリゴ・マチャド (@sbarroceramic); と RuiAraújoオタビオマランゴーニ (@ atelie.ara).

サービス:
3ª巡回著作権陶磁器見本市
ローカル: カフェテリアパト
アドレス: CLN 407 ブロック B, ショップ 17, アサノルテ – ブラジリア
日: 12 3月, 土曜日
時間: 10Hから19Hへ
エントランス: 自由参入
保護者の指導: すべての観客のための無料
情報: (61) 9.8654.2569

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*