ホーム / アート / インテリアデザイナーを雇う時期?
master1305によって作成されたテクノロジー写真 - br.freepik.com.
master1305によって作成されたテクノロジー写真 - br.freepik.com.

インテリアデザイナーを雇う時期?

インテリアデザイナー 家の装飾プロジェクトを提案する責任がある専門家です, オフィスや企業. 言い換えると, 彼は部屋の装飾と協力します, 環境に最適な作品を提案する.

多くの人が職業に疑問を持っています, インテリアデザイナーからアーキテクトへの違いと同様に, 彼らは両方とも一緒に働くので 装飾プロジェクト 不動産用.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

但し, それらのそれぞれは、家の装飾に関して中心的な側面で機能します. このため, 今日の記事では、インテリアデザイナーをいつ雇うべきかについてのヒントと、職業に関するより多くの仕様を提供します。.

もっと知りたい? その後, 読書に従ってください!

インテリアデザイナーがすること?

インテリアデザイナーは、家のインテリアデザインの特定のトレーニングを受けた専門家です, 商業施設または企業. 言い換えると, 仕事の焦点は部屋です, 職業はファサードや構造計画を提供していません.

インテリアデザイナーが常に機能のルールに従うことが重要です, 人間工学, 音響, 照明と熱, モデレーターの美意識と好みを無視することなく, 最高の装飾プロジェクトを作成する.

インテリアデザイナーによる作品の中で, 目立つ:

  • 設立予測;
  • コーティングページネーション;
  • 周囲の照明の投影;
  • 行われるべき絵画の定義;
  • 環境における家具の投影.

インテリアデザイナーは、インテリアスペースをより快適にするためのプロジェクトを設計する責任があります, 高調波と機能, 住民のニーズに応える. こうして, 専門家はの作成に貢献します 計画された環境.

インテリアデザイナーを雇うことの利点は何ですか?

インテリアデザイナーを雇うことはあなたの不動産プロジェクトに多くの利点をもたらします. フォローする, これらの利点のいくつかをチェックしてください:

より大きなお金の節約

インテリアデザイナーは、各プロジェクトに最適なソリューションを探します, 顧客の経済的可用性を考慮に入れる. こうして, 材料の請求書, コーティングとオブジェクトはカスタムメイドで予算内になります.

さらに, 何かを購入して後で後悔するリスクはありません, 支払われた高額のため、またはオブジェクトが装飾の他の部分と対話しないため.

例えば, 装飾品を購入するとき, 各部屋のスペースと場所の家具を考慮することが重要です. あなたのスペースが持っている場合 カスタムキッチン家具, 装飾的な要素は家具と対話する必要があります.

インテリアデザイナーを雇って家全体をデザインするとき, 経済はさらに大きい. 専門家は、既存のリソースをより有効に活用する方法を知っており、, 研究と計画を通して, 購入する必要があるものを事前に定義します.

大幅な時間の節約

お金を節約することに加えて, インテリアデザイナーも顧客の時間を節約します, 不必要な変位を回避し、損失をもたらす可能性があります, 材料の選択が断定的でない場合.

これは、専門家が最も費用対効果の高いアイテムを探すためです, 出席する ショールーム 市場動向をもたらし、, あなたの経験による, 最高のサプライヤーを示すことができます.

これとともに, 顧客は、探すために企業の長いリストを作成することを心配する必要はありません。 ラミネートウッドフローリング, 例えば. インテリアデザイナーの推奨事項に従ってください.

環境の優れた機能

前に述べたように, インテリアデザイナーは、日々の居住者の快適さを保証する実用的な環境を作り出すことを主な機能として持っています.

素人がサービスを行う場合, 装飾は異なる美学を持つことさえできます, しかし、それは機能しません, 宇宙での移動を妨げる可能性があります.

コーティングの選択における主張

最近, 市場で入手可能な多種多様なコーティングを見つけることが可能です. 従って, 各環境に最適なオプションを選択するのは難しい場合があります, 主題の経験がない人のためにさらに.

美的側面に加えて, 素材の特性を考える必要があります, インストールの実現可能性と予算を分析する, プロパティの特性を忘れずに, すべてのコーティングがどの環境にも適用できるわけではないため.

経験豊富なインテリアデザイナーの外では、すでにインストールされているコーティングの使用を提案できます, 簡単な実行 表面処理. また、お金と時間を節約するのに役立ちます.

プロパティの評価

数年以内に物件を売却することにした場合, 確かにインテリアデザイナーの仕事で高く評価されるでしょう.

このため, 多くの人がデザイナーだけでなく, しかし、不動産計画を実行するためのいくつかの専門家, として 電気設備設計, 家具作り, 他人.

インテリアデザイナーとアーキテクトの違いは何ですか?

これは非常に一般的な質問です, 私たちが私たちの財産の環境を設計するための適切な専門家を探しているときはさらに.

このため, 専門家を雇う前に, インテリアデザイナーでもアーキテクトでも, 仕事の目的を定義する必要があります. 1つのヒントは、実行する必要があるすべてのリストを作成し、, したがって、, 各活動に最適な人を特定する.

リストを作成した後, あなたは最高の専門家を定義し始めることができます: デザイナーまたはアーキテクト. これを手伝うために, それぞれの職業を以下に定義します.

建築家がすること

建築家は建築と都市主義の訓練を受けた専門家です, 建築都市評議会に登録 (CAU) 職業の行使のために.

通常は, あなたはそれを見つけることができます エンジニアリングとアーキテクチャ, 専門家は建築プロジェクトを実行するように訓練されているからです, 造園, 最初から最後まで作業を行うだけでなく.

さらに, アーキテクトは、電気設備プロジェクトを実行するために必要な知識を持っています, 照明および機器の設置.

から 2014, アーキテクトは技術責任登録に署名する必要があります (RRT) マンションの構造改革のために.

こうして, の仕事 施工管理 建築家の構造変更を伴う, 専門家が次のような仕事をすることができるので:

  • 壁の変更;
  • 健康プロジェクトの変更, 電気および油圧;
  • 床と覆いの変更;
  • 固定家具プロジェクトの実行.

全般に, アーキテクトはエンジニアと協力します, 作業が効率的かつ積極的に実行されることを保証するため.

インテリアデザイナーがすること

インテリアデザイナーは、技術または学士号を持っている可能性があります (大卒). 職業はブラジルインテリアデザイナー協会によって規制されています (米国), 国の昇順の職業であること.

建築家とは異なり, インテリアデザイナーがインテリアの改革を提案, 構造的な変化がない限り. 言い換えると, 壁を壊す必要はありません, パイプを交換する, また、新しい電気プロジェクトを実行しません.

但し, 専門家は装飾的なカバーを選ぶのを手伝います, 壁画用塗料, 一般的なコーティングの選択, 装飾要素の編成, 家具の配置, 他の作品の中で.

それに加えて、デザイナーはあなたの家の仕事のために何人かの専門家の指示を助けることができます, サプライヤーや建築家さえも含む, 環境の構造改革が必要な場合.

これは、作業全体を最適化するのに役立ちます, より積極的なプロジェクトを定義することに加えて. インテリアデザイナーはデコレーター以上のものであると言う価値があります. 従って, これらの2つの職業も混同しないことが重要です.

結局, デザイナーは美学について考えたり、家具の選択を手伝ったりするだけではありません, 生地と色. 専門家はスペースの投影にも責任があります, 家具や照明器具の最適な配置を研究する.

さらに, インテリアデザイナーは、各環境を最大限に活用する方法も知っています, 計画的で機能的な家具を提案する.

結論

インテリアデザイナーの職業は日々成長しています, 多くの人が家を設計する資格のある専門家を探しているので, ますます小さなプロパティの立ち上げでさらに多く.

これは、屋内スペースを最大限に活用する方法を知る必要があることを意味します, 美しい環境を離れる, だけでなく機能的. これはまさにインテリアデザイナーの目標です.

職業は建築と非常に混同されていますが, インテリアデザイナーは構造改革の面倒を見ません.

言い換えると, 装飾を改善し、機能的な環境を残したい方のために, しかし、壁を壊したり、パイプを変更したりすることはありません, デザイナーは適切な専門家です.

今日の記事は、インテリアデザイナーの仕事を持つことのいくつかの利点を示しました, 超美しいプロパティに加えてそれを指摘する, また、時間とお金を大幅に節約できます.

このテキストはもともとブログチームによって開発されました 投資ガイド, さまざまなセグメントで何百もの有益なコンテンツを見つけることができます.

designer de interiores é o profissional responsável por sugerir projetos de decoração para residências, オフィスや企業. 言い換えると, 彼は部屋の装飾と協力します, 環境に最適な作品を提案する. 多くの人が職業に疑問を持っています, インテリアデザイナーからアーキテクトへの違いと同様に, já que ambos trabalham com projetos de decoração para imóveis. 但し, それらのそれぞれは、家の装飾に関して中心的な側面で機能します. このため, o artigo de hoje vai trazer dicas de quando contratar um designer de…

レビューの概要

優れた!!

要約 : 記事を評価する! ご参加いただきありがとうございます!!

ユーザー評価: 4.88 ( 2 投票)

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*