ホーム / タグ別アーカイブ: チャペル サンタ マリア

タグ別アーカイブ: チャペル サンタ マリア

ソプラノベルリン国立オペラ劇場は、クリチバで行い、

ソプラノエイドリアンケイロス, ベルリン国立歌劇場で歌います, ヨーロッパで最も重要なオペラハウスのひとつ, この週末クリチバで実行されます. O concerto promovido pelo Núcleo de Ópera Comunitário de ...

続きを読む »

カスカヴェウとフォスはクリチバのカメラータAntiquaの受信します

サラ・サンパウロでのプレゼンテーションの後, 主要国のコンサートホール, そして状態で見ました, カンポスでジョルダン祭を行います, クリチバのカメラータAntiquaのはパラナへの旅を続けて. A turnê pelo oeste paranaense ...

続きを読む »

チャペル サンタ マリアを受け取る 40 合唱の歌の第三週の街のサンゴ

今週は、サンタマリアに合唱団チャペルに専念されます. 講義は、, ワーク ショップ, CDリリースと 40 日曜日まで、毎日無料のコンサートをやっ合唱団 (24/6). クリチバのカメラータAntiquaの合唱団が推進, com direção geral de Mara ...

続きを読む »

コーラCTBAの介入はクリチバ移動に一括して建設される壁画に参加する市民を招待します

今週の土曜日 (3/3) 電子ドミンゴ (4/3) クリチバ文化財団は、クリチバを移動し、プログラミングに参加します, 空間での工場 5, オールド・プラド. 様々なアーティストによる介入と, 提案されたアクションは、起業家を招待することです, 学生や公共 ...

続きを読む »

クリチバ市の室内管弦楽団とノートン Morozowiscz 名誉ラダメス ・ ニャタリ

ハダメス・ジナタリ作品は、巨匠ノートンMorozowisczの指揮でクリチバ市の室内管弦楽団によって行われます. 今週の金曜日に行われるコンサート (10/11) 20:00 と土曜日に (11/11) として18h30, conta com solos de viola ...

続きを読む »

チャペル サンタ マリア 2 祭オルガおうばくきうんを受け取る

1 日間 4 11 月チャペル サンタ マリアを室内楽の第 2 祭オルガおうばくきうん開催します。. Nas quatro noites de concerto vão passar pelo palco do icônico espaço cultural músicos convidados do Brasil ...

続きを読む »
Orquestra de Câmara da Cidade de Curitiba "Viva Vivaldi!". 写真: ディスクロージャー.

クリチバ室内管弦楽団「ビバ ヴィヴァルディを提示!"

アントニオ ・ ヴィヴァルディの最も重要な作品のいくつか (1678 - 1741) クリチバ室内管弦楽団は、今週の金曜日を果たしているレパートリーで、ヴァイオリンとオーケストラのための (15), 20:00 で, 土曜日 (16), として18h30, サンタ マリア礼拝堂で ...

続きを読む »
・ カメラータ ・ デ ・ クリチバの合唱団. 写真: ドリーン マルケス.

クリチバの・ カメラータ Antiqua の聖歌隊、コンサートへのオマージュで 500 プロテスタントの宗教改革の年

クリチバの・ カメラータ Antiqua の聖歌隊を祝う 500 歴史的なコンサートとプロテスタントの宗教改革の年, 金曜日 (1/9), 20:00 で, 土曜日 (2/9), として18h30. 句「平和, 可能であれば, 真実, 任意の価格」で, ...

続きを読む »
ベティ Garcés. 写真: ディスクロージャー.

チャペル サンタ マリアはコロンビアのミュージシャンと歌とピアノのリサイタルを備えてください。

ベティ Garcés 叙情的な歌手およびピアニスト アレハンドロ ロカ, コロンビアの, 来週の火曜日を提案します。 (29), 20:00 で, サンタ・マリア ・文化空間のチャペルで. 多くのスタイルと時代をカバーするリサイタルに, ミュージシャンの威信を示す ...

続きを読む »
クリチバ市の室内管弦楽団. 写真: ギルソン ・ カマルゴ.

室内管弦楽団、国立音楽作曲コンテスト今日のファイナリストを提示します。

クリチバ市の室内管弦楽団閉鎖 IV ビエンナーレ音楽今日のプレゼンテーション, クリチバで行われる現代音楽の国際フェスティバル, estabelecendo um diálogo entre a produção musical brasileira e o que se tem criado no ...

続きを読む »