ホーム / アート / 「私は自分の情熱を職業に変えました」, 第11回セスク国際音楽祭でのテナートロンボーン講師, ホセ・ミルトン・ビエイラ

「私は自分の情熱を職業に変えました」, 第11回セスク国際音楽祭でのテナートロンボーン講師, ホセ・ミルトン・ビエイラ

ミュージシャンはプロジェクトの初版の学生であり、, から 2015, 新入生に教える




ホセ・ミルトン・ビエイラ教授のテナー・トロンボーンのクラスに入ると、 セスク国際音楽祭, どこから教えていますか 2015, 学生は、クラスの反対側にいた人々と経験を交換する機会があります. で 2011, プロジェクトの初版で, ミュージシャンは学生として参加しました. 魅惑的な, 戻ってきた 2013 と, 2 年後, コンサート音楽に関する彼の知識と経験を新しい興味のある人と共有するよう招待されました.

「両方の経験ができて光栄です。. 学生として, 教師や同僚とともに大きく進化し、, 今, 学生とともに学び続けています, 私の経験のいくつかを彼らに伝える機会を持つことに加えて. イベント再開に立ち会えてとても嬉しいです, 私は自分自身を永遠の学習者だと考えているからです。」, ハイライト ビエイラ.




立候補に興味のあるミュージシャンおよびミュージシャン志望者 部分的および完全な奨学金 第11回まつり, の間にペロタスで行われます 16 と 27 1月 2023, 当日まであります 12 8月 ウェブサイトに登録する www.sesc-rs.com.br/festival. テナートロンボーン以外にも, ブラジルと世界の教師がヴァイオリンを教える準備をしています, ビオラ, チェロ, コントラバス, フルート, オーボエ (イングリッシュホルン), クラリネット, ファゴット, トランク, トランペット, バストロンボーン, チューバ, サックス, エウフォニアス, ハープ, コンサート音楽のためのパーカッション, フロア, 叙情的な歌唱に加えて, 作曲とチョロのレッスン (ギターの練習を統合する, 打撃, アコーディオン, マンドリン, パーカッションとカバキーニョ).

「フェスティバルは発見の場であり、音楽の明るい未来の始まりとなる可能性があります。. 両親の影響で, 教会の聖歌隊で歌った人, 声と楽器の組み合わせに興味を持ち始めた, また、友人によって駆動されます, で音楽の勉強を始めました 11 年. 最終的には, 私は自分の情熱を職業に変えました」, 彼は言う, 現在、ポルト・アレグレ交響楽団のソリストである (名声).

Sesc国際音楽祭について

第11版では, このイベントは、音楽制作の発展を促進することを目的としています, 文化財の交換と楽しみを奨励する. 推進者 Fecomércio-RS/ Sescシステム, 指揮者エヴァンドロ・マットを芸術監督に迎え、, フェスティバルは2つの主軸で運営されています: 教育学と社会文化. 教育計画ではない, 楽器コースあり, 組成, ベルカント, 泣く, コンサートと室内楽の練習, 音楽の学生と専門家のためのオーケストラの練習と交響楽団の練習. すでに社会文化的, 先生と生徒による発表会を開催, 無料ショーの幅広いプログラムに加えて, コミュニティ全体に開かれている.

Whatsappグループで一般的な展示会やイベントからのニュースを受け取ります!
*グループに投稿するのは私たちだけです, だからスパムはありません! 安心してお越しいただけます.

コースの登録 – 11第 2 回 Sesc 国際音楽祭

登録期間: 12/07 A 12/08/2022

入選作品の公開と登録 第1回公募: 05/09 A 20/09/2022
入選作品の公開と登録 2次公募: 26/09 A 10/10/2022
利用可能なコースの相談と登録に関する詳細情報 www.sesc-rs.com.br/festival

利用可能なコース:

コンサート音楽
バイオリン | ビオラ | チェロ | コントラバス | ハープ
フルート | オーボエ (イングリッシュホルン) | クラリネット | ファゴット
トランク | トランペット | トロンボーンテナー | バストロンボーン | チューバ
サックス | エウフォニアス | パーカッション | 叙情的な歌唱 | フロア | 組成
泣く (ギター, 打撃, アコーディオン, マンドリン, パーカッションとウクレレ)
オーケストラと交響楽団の練習 (表記がない. 楽器科選抜生による演奏)
室内楽 (リサイタルはフェスティバル全体で開催され、指定された学生のリサイタル時間に行われます)

第11回セスク国際音楽祭について

何が? Sesc 国際音楽祭は、ラテンアメリカの地域で最大の音楽祭の 1 つであり、音楽制作の発展を促進し、文化財の交換と楽しみを促進することを目的としています。

データ: の 16 A 27 1月 2023, ペロタスの

それが起こるように? まつり期間中, 学生は授業に参加します (コー​​ス) 午前と午後のシフトでのリハーサル; 午前中に行うことができるプレゼンテーション, 午後または夜. すべてのプレゼンテーションはコミュニティに無料で提供されます

コンサート音楽教室: 午前中勤務
叙情的な歌と泣きのクラス: 午前と午後
オーケストラのリハーサル, 室内楽: 午後と午後のシフト
学生発表会のリハーサル: 午前と午後 (エリアコーディネーターと合意すること)

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*