ホーム / アート / 13FotoRioの初版, ラテンアメリカで最も重要な写真祭の1つ
写真: ラタンディニス.
写真: ラタンディニス.

13FotoRioの初版, ラテンアメリカで最も重要な写真祭の1つ

ラテンアメリカで最も重要な写真祭の1つ, またはFotoRio, そのプログラミングのほとんどで仮想形式で5月から6月に行われます. このエディションのオンライン形式では、プログラム全体の範囲を大幅に拡大し、国内および海外のすべての地域からの参加者を組み込むことができます。, ラテンアメリカに重点を置いて.

fotorio.fot.br

この第13版の幅広いプログラムのハイライトの中には、フォトジャーナリズムの偉大なマスターを称える展示会があります。, フラビオダム (1928 – 2020), 昨年亡くなったガウチョ写真家の未発表画像を掲載しています。 92 年, として メキシコのグラシエラ・イトゥルビデとブラジルのアンダーソン・バレンティンによるなめる-なめる展示会, COVIDラタムについての会話ホイール, 受賞した写真家の集団 FotoEvidence Book World Press Photo, 最高のオンラインパンデミック報道プロジェクトとして, 他の多くのイベントやテーマの中で 写真のプロモーションと強化を提案します.

合計になります 06 未発表展, 02 ワーク ショップ, 04 会話ホイール, 04 ディスカッションフォーラム, 写真集に捧げる一週間, 賛辞, 投影, 視覚的職業週間に加えて, 写真の芸術に没頭するためにすべて2ヶ月で.

24 5月 27 6月 に起こる 13版 ラテンアメリカで最も重要な写真祭の1つ: ザ Fotorio. Em formato virtual na maior parte da sua vasta programação – apenas duas exposições e uma projeção acontecem de forma presencial -, プログラム全体の範囲をさらに拡大し、国内および海外のすべての地域からの参加者を組み込むことができます, ラテンアメリカに重点を置いて.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

プラットフォームへ fotorio.fot.br é o canal para apresentação de obras, 議論, 展示会, ワーク ショップ, e desenvolvimento da cultura visual, 国内および国際レベルでのパフォーマンスの統合, 写真とその宇宙に関する情報へのアクセスの民主化に貢献するために.

豊富なプログラムのハイライトの中には、2つのなめる-なめる展示会があります: 与えるために メキシコのグラシエラ・イトゥルビデとブラジルのアンダーソン・バレンティン, その仮想開口部 月曜日, 24 5月, de 18h:15 20:00 で:30. デニース・カマーゴとの対話でグラシエラ・イトゥルビデとのこの展覧会について特にインタビューが提示されます, イオアナメロ, モニカマイアエミルトングラン. 写真家パウロマルコス (展示キュレーター) e Erika Tambke conversam com de Anderson Valentin. Únicos eventos presenciais do festival, グラシエラ・イトゥルビデによる現代のメキシコとアンダーソン・バレンティンによる叫び/アピール/警告は、南ゾーンとリオデジャネイロのダウンタウンの壁に広がる大衆を表しています.

プログラムのもう一つのハイライトは仮想展示会です 「未公開」 フォトジャーナリズムの偉大なマスターに敬意を表して, フラビオダム (1928 – 2020), 提示します。 25 ガウチョ写真家からの画像. 不測の事態から展覧会が開催されました: 写真家の息子, 俳優のキャンディード・ダム, 彼の父のアパートの入り口のテーブルで、フラビオ自身が選んだ拡大の箱を見つけました, 彼の最新の作品の中で. "この状況は、この視覚的レクイエムを非常に特別なものにしました, キュレーターシップは作者自身が行ったので, 彼の制作で繰り返されるテーマを反映する, 都市生活といくつかの特定の文化空間の自発的でユーモラスな記録として: 博物館, 教会やバー", 写真家兼研究者のペドロ・カープ・バスケスは言う, バーチャルショーのプレゼンテーションに署名する人, 発足予定 火曜日, 日 25 5月, へ 18 営業時間, ペドロバスケスとの会話ホイール付き, ミルトン・グランとキャンディード・ダム.

中に 金曜日, 28,11 12Hで:30分, 国際写真フェスティバルのもう一つの忘れられない瞬間が起こります: についての会話ホイール COVID私は飛んでいます, 受賞歴のある写真家集団 FotoEvidence Book World Press Photo, 最高のオンラインパンデミック報道プロジェクトとして. Entre os dezoito fotógrafos de 14 集合体の一部であるラテンアメリカの国は3人のブラジル人です, アナ ・ カロリーナ フェルナンデス, リオから, ビクター・モリヤマとラファエル・ビレラ, 両方ともサンパウロから. Durante um ano os fotógrafos documentaram o avanço da maior crise sanitária que se abateu sobre o planeta. Para falar sobre o projeto, 誰も勝った 今年の写真ラテンアメリカ (POY Latam) そしてそれはすぐに本になります, アナカロリナフェルナンデスが写真家のパウロマルコスと語る, エリカ・タンブケとジョアナ・マッツァ.

土曜日に, 29 5月, の 11 へ 12:30, 特別なイベントが発生します: 昨年亡くなった写真芸術の獣への大きな賛辞: Zeka Araujo, カフィ, フェリペ・パイバとアントニオ・ゲレイロ ブルーノ・アラウージョのスピーチで尊敬されます, Miguel Hijjar, ペドロ·バスケス, ミゲル・コルカー, MaurícioValadares, タイのロック, パウロマルケス, ボブ・ウォルフェンソンとルイス・ガリド.

すでに6月に, の 8 A 12, Fotorio に実行する 視覚的職業週間 (睡眠), outro ponto alto do festival internacional de fotografia. Esta edição conta com duas oficinas abertas e gratuitas: "ラジェのカフネ: 周りの記憶」 (9 6月, 水曜日に, ザ· 10 12:00 で – 碑文: forms.gle/FySQSXaDXZsfsJLo9), ジャカレジーニョの美しい視聴覚教育プロジェクト, justo o lugar que esteve sob os holofotes nas últimas semanas. O projeto mostra a importância e a urgência de falar de educação, ジャカレジーニョを考える物語とイメージ. A outra oficina “RatãoDinizとの色の軌跡について" (10 6月, 木曜日, ザ· 10 12:00 で. 登録: forms.gle/MpYZLd5KUQq6akoM8), 国内で最も重要な写真ドキュメンタリーの一人としての地位を確立したRatãoによって教えられています, グラフィティアーティストの間を行き来する仕事で, スラム街と大衆文化. この会議, 著者, マレ生まれ, fala da sua busca fotográfica autoral documentando temas que se tornaram seus projetos de vida: 貧民街, 内陸, festas populares e grafite. Os interessados nas oficinas devem se inscrever até o dia 05 6月.

また 6月中に, の 21 A 26, 専用の週に起こります 写真集へ.

作成しました。 2003, 最初は隔年および毎年 2011, この18年間で Fotorio 以上を収容 1.200 展示会, 予測, 討論会, 関連するコースとアクティビティ, envolvendo centenas de fotógrafos brasileiros e estrangeiros. Em todos esses anos o festival nunca deixou de acontecer mesmo sob a forte crise econômica que a cultura nacional atravessa até hoje. で 2020, 政府からのスポンサーシップを差し控えたため, 第13版は2段階で開催する必要がありました.

「OFotoRio 2020 VIRTUALが最初でした, での作成以来 2003, 直接スポンサーを得た人. 但し, イタウ銀行が正しい期間内に金額を預け入れたという事実にもかかわらず, お金は今年3月まで官僚的な理由で政府によって保持されていました. その後, カレンダー全体を失わないように, 去年の終わりにフェスティバルの最初のシーズンを自分たちのリソースでやりました. ハイライトは仮想ポートフォリオの読み取りでした, ととも​​に 38 読者と 150 ラテンアメリカ賞を競ったいくつかの国からの参加者, 私たちの大陸がこのフェスティバルのこのエディションに重点を置いていることを示すために、この機会に立ち上げられました. 今, 最終的に, FotoRioの第2ステージを実施しました 2020 強力な仮想プログラミングで. 唯一の例外は、街を歩く人への贈り物です: メキシコのグラシエラ・イトゥルビデの美しい画像と、街の壁を通り抜けるアンダーソン・バレンティンの叫び/アピール/警告」とFotoRioの作成者は言います, ミルトン Guran.

の仮想フォーマット 13ºFotoRio また、ポートフォリオの読み取りと視覚的職業週間の範囲を大幅に拡大し、国内および海外のすべての地域からの参加者を組み込むことができました。. デジタルプラットフォームで作られた会話ホイールもまた別の次元を取りました, 誰にとっても最も都合の良いときに、誰もが見たりレビューしたりできるようにするため.

このエディションには、「Inside atimeinself」というタイトルのプロジェクションもあります。, 写真コレクション「中断された時間の内側」のスニペットから作成されたPauloMarcosによってキュレーションされました, FotoRioが主催するこのパンデミックの瞬間についてのプロジェクト, パウタ/チラデンテスの写真, ソーラー写真フェスティバルとドクギャラリー.

Fotorio リオデジャネイロ市の写真家の運動として認識されています, エリカ・タンブケがコーディネート, イオアナメロ, ミルトン Guran, ナナモラエス, パウロマルコスデメンドンサリマとトーマスバレンティン.

Programação FotoRio VIRTUAL

24 A 29 5月 -FotoRioの第2ステージのオープニング 2020 VIRTUAL-展示会のオープニング

8 A 12 6月 -視覚的職業週間

21 A 26 6月 -Fotolivrosウィーク

27 6月の- 17 AS 18h30min -FotoRioの第2ステージの終了 2020 – 「写真の中の女性」についての討論, FotoRioではありません 2017 -Ana MariaMauadとのErikaTambkeによる調停, ナナモラエス, SilvanaLouzadaとThaisRocha

オープニング-展示会 – 賛辞

24/05 - 月曜 – 18 18時間15分 -スポンサーとネットワークの代表者の参加によるフェスティバルのこの第2部のプレゼンテーション.

24/05 - 月曜 – 18h15minから20h30min – グラシエラ・イトゥルビデによるなめる-なめる展示会のプレゼンテーション (ミルトン・グランによる調停, 何人かの写真家の参加) とアンダーソンバレンティン (エリカ・タンブケとの調停パウロ・マルコス)

25/05 -火曜日 – 1819:00 h – FlávioDammによる仮想展示「Inéditas」のプレゼンテーション (ペドロバスケスによってキュレーション) 会話ホイール付き: キャンディード・ダムとペドロ・バスケスによるミルトン・グランによる調停).

26/05 -水曜日 – 1819:00 h –ルーカスギブソンによる仮想展示「夜の神経の下」のプレゼンテーション (JoaquimPaivaによるキュレーション) 会話ホイール付き (JoaquimPaivaとIoanaMelloによるPauloMarcosによる調停)

27/05 -木曜日 – 1112:00 h – JulienSpiewakによる仮想展示「ブラジルとフランスの間のスタイルのボディ」のプレゼンテーション (IoanaMelloによってキュレーションされました) 会話ホイール付き (レティシア・マシエルとリオデジャネイロのフランス総領事館の代表とのイオアナ・メロによる調停).

28/05 - 金曜日 – 1112:00 h– 会話ホイール付きCOVIDラタム (Mediação de Paulo Marcos com Erika Tambke e Joana Mazza).

28/05 - 金曜日 – 1819:00 h – ヴァルダ・ノゲイラによる仮想展示「ポルト」のプレゼンテーション (タイのロシャによってキュレーション) 会話ホイール付き (ThaísRochaとRafaelLinoによるNanaM​​oraesによる調停.

29/05 -土曜日 – 11 12:00 で:30分 -写真家ZekaAraújoへのオマージュ (ブルーノ・アラウージョとの調停MG, ミゲル・ヒジャールとペドロ・バスケス), カフィ (ミゲル・コルカーとの調停MG, filhodo Cafi, とMaurícioValadares), フェリペパイバ (タイ人ロシャとフェリペの未亡人とのエリカ調停) とアントニオゲレイロ. (ボブ・ウォルフェンソンとルイス・ガリドによるパウロ・マルケスによる調停)

30/05 -日曜日 – 17 午後7時30分 -プロジェクション「それ自体が時間の内側」プロジェクトのカット中断された時間の内側 – 会話サークル: EugênioSávioとの調停MiltonGuran, モニカマイア, パウロマルコスとティアゴサンタナ.

トークホイール

25/05 -火曜日 – 19 午後8時30分 – ブラジルアフォラ – 仲介: AmazôniaRealのErikaTambke (AM), ロライメンス写真協会 (RR), 写真 (PA) ロンドニアの写真と写真 (RO).

27/05 -木曜日 – 18 午後7時30分 – 先住民の生活が重要-調停ミルトン・グランとソニア・グアジャハラ, J. R. リッパーとカミキア・キセジェ

ディスカッションフォーラム

26/05 -水曜日 – 18 午後7時30分 -複数のフェミニズムと写真撮影-クラウディア・フェレイラとのシモーネ・ロドリゲスによる調停, フェルナンダマガリャエス, ナヤラ・ジンクス, ロベルタバロス, ロサ・ルスとタイのロシャ.

27/05 -木曜日 – 19h30分から21時間 – 構造的人種差別と写真撮影-ADジュニアとのナナモラエスによる調停, バルバラカップ, ジャヌアリオガルシアとマリアナマイアラ

28/05 - 金曜日 – 19hàs20h30min – ラテンアメリカの写真: 一般的な州 – IoanaMelloによるFrediCascoへのインタビュー

視覚的職業週間

08/06 -火曜日 – 1920Hの時間 -オープニング–缶に手を入れる (RJ) Fotoativaとの会話で (PA) –ErikaTambkeプレゼンテーション

09/06 -水曜日 – 1012:00 h -ワークショップ「CafunénaLaje: 周りの記憶」

09/06 -水曜日 – 19 20:00 で -ラテンアメリカの橋: 平和の目 (アルゼンチン)

10/06 -木曜日 – 1012:00 h -RatãoDinizとのワークショップ「光の道」

10/06 -木曜日 – 19 20:00 で -ラテンアメリカの橋: Lucia Nigro Barrios / CdF (Uruguai)

11/06 - 金曜日 – 1011:00 h -クリスティーナ・チャセルへのオマージュ–調停: Custódioコインブラのエリカ・タンブケ, キタペドロザとダンテガスタルドーニ.

11/06 - 金曜日 – 18 20:00 で – オープンディベート「ポピュラーフォトグラフィー, 従うべき道?"

12/06 - 土曜日 (確認する時間) フレンテフェスティバルのクロージングトーク (RJ) ColetivoPerigrafiaで (セアラー州, 確認のため)

Fotolivrosウィーク

21/06 - 月曜 – 18 19時間のように:30分 – 会話ホイール「フォトブック, さて ?「-パウロマルコスとマルコスボニソンの間の調停 (著者兼キュレーター), シモーネ・ロドリゲス (編集者ナウ / RJ) とコビダド

22/06 -火曜日 – 18 19時間のように – EduSimõesによる「59-ブラジルの若者の肖像」とGuiChristによる「Fissura」-プレゼンテーション: ナナモラエス-コメント: ミルトン・グランとデニース・カマーゴ

23/06 -水曜日 – 18 19時間のように – AndréDusekによる「OuroBruto」 / CarlosCarvalhoによる「ACurvaturadoOlhar」-プレゼンテーション: パウロマルコス – 注釈: J. R. Ripper e Monica Maia

24/06 -木曜日 – 18 19時間のように –「15:30」IsisMedeiros著 / GilvanBarretoによる「Sobremarinhos-Capitaniasetyranias」-プレゼンテーション: ErikaTambke-コメント: トーマス・ヴァレンティンとミシェル・バストス

25/06 - 金曜日 – 18 19時間のように“Hellas” de Ana Sallas, アンジェロ・ホセ・ダ・シルバの「詩の裏側」とブルーノ・ボウの「神も休む」-プレゼンテーション: ミルトン Guran – 注釈: エリカ・タンブケとマルシア・メロ

26/06 -土曜日 – 11H – ながべしんじの「エスピーニャ」と「トランサス」, 最後の太陽のバラード」アンジェラ・ベルリンデ-プレゼンテーション: パウロマルコス – 注釈: イオアナメロとチアゴサンタナ

26/06 -土曜日 – 15 16:00 で:30分 – 会話ホイール「スペース / 写真集のフロンティア」-アナ・カサス・ブロダとのイオアナ・メロによる調停, AndressaCeとEderRibeiro)

クロージング

27 6月-日曜日 – 17 AS 18h30min -「写真の中の女性」についての討論, FotoRioで開催されたイベントについて 2017 -Ana MariaMauadとのErikaTambkeによる調停, ナナモラエス, SilvanaLouzadaとThaisRocha

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*