ホーム / アート / フリップのカサヨーロッパパートナー 2019 博物館やメモリの将来を議論するためにヨーロッパやブラジルからの思想家をもたらします
写真: ディスクロージャー.

フリップのカサヨーロッパパートナー 2019 博物館やメモリの将来を議論するためにヨーロッパやブラジルからの思想家をもたらします

A EUNIC (文化のための欧州連合国立研究所) リオデジャネイロとサンパウロで, との提携で フランクフルト・ブックフェア, 第二版の開催 ハウスヨーロッパ パラチー国際文学祭 そして美術館やメモリ政策の将来に関する議論のシリーズを促進.

すべてのプログラミングは無料で一般に公開され

「多くの人々が今まで見たり感じたことなく話すファイルのほこり, 新興tenuíssima pを微妙葉の場合でも崩れるするPAGES, この古典的な手のほこりssica – しっかりadjetivemos – 過去の長いパスに対して投資する粘り強い研究者に落ちます, アップの日々. そして、それはesforç役に立ちませんでしたザ.

ダ・クーニャ, 21 8月 1897.

ハウスパートナーFLIP
ハウスヨーロッパ – 神聖な芸術の博物館 パラチ (サンタリタS / Nを超えます。)
ザ·ハウスヨーロッパounge (ストリートサンタリタ 176)

A EUNIC (文化のための欧州連合国立研究所) リオデジャネイロとサンパウロで, との提携で フランクフルト・ブックフェア, の公衆に開く第二版 ハウスヨーロッパ日 11 A 13 7月 2019, ダス09h00 17h00 AS, カッシャの聖リタの教会で – ポルトガルの植民地時代の建物, パラチに建てられました 1722, これは今日の家 神聖な芸術の博物館 (サンタ・リタS / N以上) – と, によって パラチー国際文学祭, realiza uma série de encontros entre profissionais do campo da memória social com o objetivo de promover um debate público que articulará saberes e fazeres por meio do diálogo entre teorias e práticas acerca do futuro dos museus e o papel dessas instituições na contemporaneidade.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

この文脈において, A EUNIC, 欧州連合の加盟国の文化機関の協会, そのリオデジャネイロとサンパウロの極: ブリティッシュ ・ カウンシル, ゲーテ・インスティトゥート, セルバンテス, デンマークの文化会館, ブラジルとフランスの同盟のフランスの研究所とイタリア文化会館, パラチは、いくつかの形式で構築された正確なプログラミングにつながります: 講義, インタビュー, パラチの聖なる美術館のために特に設計された前例のない美術展, 同様に無料の教育活動とのフランクフルト・ブックフェアと提携して開発したインタラクティブスペースとして.

キュレーターの研究者や教授レノVerasとmuseologistマリアナVárzea, ヨーロッパやブラジルのビッグネームのチームが経験を交換するために集め、視点は博物館の未来に収束して, 「メモリー・ポリシー」と「歴史の著述」を有します, 私たちの過去を守るこれらの機関によって行わプラクティス, 私たちの現在を考えるテーマとして. 作家との5つの表の議論があります, 博物館や国内および国際的な文化施設の思想家とマネージャー, 次のエリアの周りに: “キュレーションの実践と現代美術の収集”; “覇権歴史学と反体制派の物語”; と “decolonial声と主人公の武装勢力”.

公衆にさらに強化された方法を受信するには、これらすべての考えや知識環境が受賞作家フランツ・マナタサウルLaudaresの前例のないパブリックアドレスシステムによって取得されます, スピーカーのセットを介してサンタリタ教会の身廊に構造化されます, それは生と国立博物館の生活のメモリを持つことになります没入雰囲気の建設を可能にします. アートインスタレーションを通じて聴衆を聞くことが利用できるようになりますオーディオコンテンツは、小児および青年は、キンタ・ダ・ボア・ヴィスタの国立博物館に送られた手紙からです, 上の機関に影響を与えた悲劇的な火災の後 02 9月 2018; 将来の博物館を継承するそれらの世代の声明に触れ、彼らは他の若い人々によって解釈されました, 賞賛と励ましの対象として、国立博物館があり思い出と想像力の集まりで、.

美術館に併合, ザ ラウンジカーサエウロパ (ストリートサンタリタ, 176) これは、ブラジルの著者とのインタビューが起こる場所であります, FLIPの公式プログラムの一部であり、ラテンアメリカ人とアフリカ人, その博物館での体験や思い出やその地域やコミュニティの話と彼の文章の交差点について; 作曲, そう, 多様なフォーマットの豊富なプログラム, これは22Hに10Hから配信活動の異なる形を結合します.

他の国で成功した実績を持ちます, フランクフルトフェアで提案活動 ラウンジカーサエウロパ それでも、自分の物語を共有するために聴衆を奨励する雰囲気を持つ空間の使用で構成されてい, 対応書き込み装置から, 1 つの時間, 新しい世代を起こすと、古い誘致: アナログタイプライター.

国民はタイトルのライブラリーの中で彼らの物語を書くために招待されます, メモリポリシーなど, 人権と表現の自由, 書かれた歴史 - 開催の文化とユートピアの間の翻訳: バウハウス宣言百年祭, ドイツからブラジルに送られました, これは寄付されます, プログラムの完了後, リオデジャネイロとサンパウロのゲーテ・インスティチュートのライブラリー; そしてイベント中に書かれた文字は、ラウンジ自体での展示スペースに表示されること, そしてFLIPの終わりに, 彼らは、フェアの次版に組み込まれるフランクフルト・ブックフェアの方向に送信されます, ドイツ, 10 月.

ラウンジカーサエウロパ また、著者がスローされる図書の署名を開催します Kilomboの都市 (Cobogó), ニーナ・ジョージ (レコード) と カーチャPetrovskaya (CIAダスレトラス), プログラミング円卓会議の最終日の終わり, しない 土曜日, 13 7月, 17Hからの 18 営業時間.

プログラミング

受託者

レノ Veras – それはコミュニケーションの専門家であります, 研究者や教授, 教育的なアプローチに焦点を当てキュレーションし、編集フィールドに身を捧げ. メディア論を明確に行うプロジェクト, メモリシステム及び国際機関における美術史, 非政府と市民社会, だけでなく、教育や文化の公共および民間機関, その中でいくつかの大学, 研究センター, 博物館, 図書館やアーカイブ. 現在, コミュニケーションのUFRJ学校での彼の博士論文を開発し、, 客員研究員として, 高度な研究の学校でウォーバーグ研究所、ロンドン大学.

マリアナ Varzea – それはmuseologistです, 博物館学における社会史で修士と博士号人文・リスボン・テクノロジーズのルゾフォニア大学. サーブ 25 文化部門で年間, 彼は様々な公共のオフィスを開催場所, 民間や第三セクターの組織, 常に博物館の領域を収束, 教育と文化. 彼女は大学カンディド・メンデスで教えて, 文化生産MBA取得で, 文化マネジメントと博物館; ArteCidadeとリオ・デ・ジャネイロの著者 (2009), 公共空間におけるアートの作品に、出版博物館RJをコーディネート – 思い出や愛情のガイド (2013), リオ・デ・ジャネイロの状態にある博物館にバイリンガルガイド. この博物館の国際研究所のブラジル人委員会のmembra, 文化マネジメントのブラジル協会. 現在, 指示インスピレーションアンリミテッドは、美術館や文化の中でのコンサルティングに特化会社です.

ゲスト

アントニオForcellino 建築家であります, ローマの大学を卒業, で 1981. で 1982, 彼はローマの修復の中央研究所を卒業しました. デッサ日として, 彼は芸術作品の復元として彼の専門的な活動を開始しました, ルネッサンス時代に彼らの注意を集中. 最も重要な修復の中で, 彫刻の分野で, それはVincoliにサンピエトロにジュリオIIトンバのものに言及する価値があります, ない祭壇ピッコロシエナ大聖堂とマドンナ・デ・メディチのemFlorença, ミケランジェロ・ブオナローティすべての作品. Forcellinoもテーマに生まれた材料や歴史的な文脈でエッセイや小説の著者であると芸術作品を開発します.

ベネディクトEstoile CNRSの研究者であります, アイリス (社会的な問題についての学際研究のための研究所), 高等師範学校での社会人類学を教えた後 (パリ) e no EHESS. 彼はブラジル北東部の政治人類学で彼の研究を続け、, 特に彼はLygiaのSigaud職業と土地社会の変換と共同監督します, Editora FGVによって公開されました, リオデジャネイロ, で 2006. CNPqの研究者を招待しました。 (研究への支援のためにブラジルセンター) 国立博物館 (リオデジャネイロ連邦大学). また、ル・痛風デアクセサリー - リモコン、スイッチの著者であります. 原始的な芸術への植民地時代の暴露から (シャンゼリゼフラマリオン, 2010).

クリスティアナSerejo 大学ガマフィリオから生物科学の学位を取得, 生物科学の修士号 (動物学) – 国立博物館/ UFRJ, doutorado em Ciências Biológicas (動物学) オーストラリア博物館でサンパウロの大学やポスドクフェローシップ (2004). これは、現在、国立博物館の准教授であるIV, リオデジャネイロ連邦大学, これは、MN / UFRJの甲殻コレクションの上級学芸員であります. 彼は現在、国立博物館の副所長であります.

Kilomboの都市 é escritora, 理論的な, 心理学者と学際アーティスト. それは、アンゴラの子孫であります, portugueses e são-tomenses, そして今、ベルリンに住んでいます. テキストを統一するハイブリッド言語ワークス, パフォーマンス, ステージング, インストール, 振り付けとビデオ. 彼は国際的な大学で教え, エントレELASベルリンのフンボルト大学. 彼の本 Memórias da Plantação (Cobogó, 2019), もともとに掲載されました 2008, それは日常の人種差別のエピソードをまとめたものです, baseado em conversas com mulheres da diáspora africana. A autora estará autografando seus livros しない 土曜日, 13, へ 17 営業時間, しない ラウンジカーサエウロパ.

ジェスパースタブジョンセン 彼は、研究の副ディレクターであります, コレクションとデンマーク国立博物館の保全. コペンハーゲン保全学校とヨーテボリ大学から保守的な写真や映画館として卒業. コペンハーゲンビジネススクールをマスター. 彼はDinarmarcaの国立博物館で彼の仕事を始めました 1982, 保守的な写真撮影, と, から 1999, 彼はデンマークの映画協会のフィルム・アーカイブの頭になりました, なってきて, で 2003, 保全の頭と, で 2018, 副所長. で 2017, 彼はコペンハーゲンでICOM-CCのトリエンナーレ会議を準備国家組織委員会の議長を務めました, この組織の50周年を祝います.

ジョエル・テイラー それは詩人であります, スラマー電子dramaturga. フンダドールはSLAMbassadorsを行います, 英国の若者の参加にスラム優勝, 詩協会が主催. これは、ホストとOut-音声イベントの共同キュレーターであります, 何がロンドンで起き.

ファン・マヌエル・ボネット そうです 作家や美術評論家, セントロデアルテレイナソフィア監督, バレンシア現代美術研究所とセルバンテス協会. 彼は、さまざまなジャンルの文学作品の著者であります, 詩の研究論文から, 辞書や経歴を通じて. パノラマは、展示会やアーティストの回顧展のキュレーターでした, 作家や有名な作曲, その中でパブロ・ピカソ, ゴメス・デ・ラ・セルナ、モートン・フェルドマン, 向こう, ブラジルの芸術の彼の深い関心から, Tarsila はアマラル. それは詩ルイスAranhaのスペイン語版を前置きして, そして画家や写真家ホセ・マニュエル・バレスターと共同で、サンパウロの本の著者であります.

カーチャPetrovskaya 作家、ジャーナリストであります. 年生まれ 1970 EMキエフ, ウクライナ. 彼はモスクワでエストニアの文字や博士号を研究しました. から 1999 彼はベルリンに住んでいるし、ロシアとドイツのプレスのためにジャーナリストとして働きます. から 2011 コラムニストフランクフルターアルゲマイネSonntagszeitungです. で 2014 彼はインゲボルク・バッハマン賞を受賞しました, ドイツ語の最も権威の1, おそらく、仕事エスター (Companhiaダスレトラス, 2019). 小説はに翻訳されました 20 idiomas. A autora estará autografando seus livros しない 土曜日, 13, へ 17 営業時間, しない ラウンジカーサエウロパ.

マリノへの良いです 大学もLusófonaによって社会博物館学における歴史家とマスターであります. 彼はブラジルの国際博物館会議の委員会のメンバーであります (ICOM), 博物館と国際人権連盟ブラジル特派員 (FIRHM-LA) サンパウロの抵抗記念のコーディネーター. の 2010 A 2017 彼はコーヒー博物館のエグゼクティブ・ディレクターでした (サントス-SP) サンパウロ州の移民博物館 (サンパウロ-SP). これは、以上のために働いていました 18 研究の年, ドキュメンテーション, 美術館や文化的な管理にキュレーション.

ドイツ語 ニーナ・ジョージ それはジャーナリストであります, 作家、活動家. 彼の本 パリの書店の魔法 (レコード, 2016) これは、国際的なベストセラーであります, ニューヨーク・タイムズのリストに数週間を登場. それはまたの著者であります 素敵なフレンチビストロ (レコード, 2017), 他の 26 作品以上の百の短編小説. Na FLIP, その新しい仕事を立ち上げ 夢の書籍 (レコード), いない土曜日, 13, へ 17 営業時間, しない ラウンジカーサエウロパ. É presidente do Conselho Europeu de Escritores e fundadora de várias ONGs, として ネットワークAuthorsrightsフェアBookmarket. 彼女は夫と一緒に住んでいます, 作家ジョー・クレイマー, ベルリンとブルターニュの, フランス.

アーティスト

フランツ マナタ アーティスト, 学芸員と教授と 敷設laudarer アーティスト, 教師とプロデューサー. デュオはマナタLaudaresで生まれました 1996, 現代音楽の宇宙の行動や文化に関する彼の研究の結果. アーティストはレジデントプログラムを実施し、展示会に参加しています, 個人と集団, ブラジルとのうち. から 2009 サウンドアートプログラムは、パルケラジェのビジュアルアーツの学校で座標.

EUNICについて

EUNIC (文化のための国立研究所の欧州連合) これは、EU加盟国の文化機関の協会です, そのリオデジャネイロとサンパウロの極: ブリティッシュ ・ カウンシル, ハンガリー総領事館, ゲーテ・インスティトゥート, セルバンテス, デンマークの文化会館, ブラジルのフランスの研究所とフランスの同盟, イタリア文化研究所とProヘルヴェティア (後者, 準会員). Posicionando-se diante deste panorama, このテーマの周りに集まった思想家 ハウスヨーロッパ, 次のベース パーティー 国際文学パラチ, それは第17版でトリビュートユークライズ・ダ・クンハを支払うことになります, 傑作国民文学の偉大な名前, やせ地, フェアは、国の歴史的形成に焦点を当てて.

提案概念ハウスヨーロッパ

「9月に 2018, 1つのぞっと火はこの国の社会的記憶を荒廃しました: 私たちは、キンタ・ダ・ボア・ヴィスタの国立博物館の炎で失わ, そのニーモニック基礎構造, 彼らが新たに完成した200年間に建てられ、この実りある研究機関, ブラジルの歴史の世紀を守ら材料遺産だけでなく、, まだだったこれらのmuseologicalオブジェクトが物語として含ま知識生産の力を戻します.

災害後, 彼らは多くの質問が残りました: 何, 結局, それは博物館です? 現代におけるあなたの役割は何ですか? として, または理由, 自分の限界を設定します? 博物館が破壊されたときに何が残っています? 私たちの博物館には将来ません? ", ハイライト, レノ Veras (ハウスヨーロッパのキュレーター). 現在のブラジルのコンテキストに対して, その中では、公共部門の解体を実施しています (文化, 教育と科学) 猛烈なスピードで, 政治メモリと書かれた歴史を議論促します.

テーマの思い出, 想像と詩的には3日間のイベントの間で開催されます, ファイルのコレクションを有効にします, 図書館および博物館, 試運転取締役による, その異なる視点社会史のクリエイターや思想家, 文化と異なった物語のブラジルの政治作り上げるコレクション; 会議や対立のキュレーター, プレゼンスと不在の詩的な在庫として構築.

解説プロジェクトカサエウロパ

フランツマナタサウルLaudaresによってコーディネート, モダンアート、リオ・デ・ジャネイロとパルケラジェのビジュアルアーツの学校の教授の博物館の元学芸員, それぞれ, カサヨーロッパにシンガポールで開催される展示会には、ユニークな遺産を提供しています, 最近博物館で買収: 子どもたちからの手紙, 青年および若年, 国のさまざまな地域から, 博物館にこの世代のサポートを持つ者, コレクションを知ることにだけでなく、彼らの関心 (ほとんどは火の前に機関へのアクセス権を持っていませんでした).

アキの救助や保全に関わる専門家のための強力なインセンティブであることが証明されたこれらの文書は、前方にこの博物館の復興作業を運びます, ブラジルの歴史の重要な部分.

文字は寛大国立博物館教育の支援セクションで提供されました, これリオデジャネイロ連邦大学が含まれます, 私たちは作成することができます, パブリックアドレスシステムを介し, これらの新興の声を聞く能力, カッシャの聖リタの教会の身廊を占めるようになる没入型環境 – ポルトガルの植民地時代の建物, パラチに建てられました 1722, 今宗教美術館を収容します, 博物館のブラジル協会のメンバー, 絶滅の脅威の下でボディ.

この芸術的な実験では、イベントの日にわたってパブリックハウスヨーロッパに利用できるようになります, ダス09h00 17h00 AS, ただEUNIC会議が開催される一方で廃止されています, 11時00分と午後3時で, 公式FLIPプログラムの参加者とのインタビューでは、博物館の別館で行われますので、.

サービス:

ハウスパートナーFLIP

ハウスヨーロッパ – 神聖な芸術の博物館 パラチ (サンタリタS / Nを超えます。) そしてLハウスヨーロッパounge (ストリートサンタリタ 176) www.facebook.com/eunicrio

プログラミング

  • 木曜日 - 11/07 - 博物館の未来: 現代ブラジルの博物館へのコンテキスト紹介
  • ハウスヨーロッパ: パラチーの神聖な芸術の博物館:

14H-15H: 歓迎: EUNICの代表, 博物館のブラジルの研究所 (IBRAM) フランクフルトブックフェア

ブラジルの現代美術館をconextualする博物館の紹介の未来 – アーティストやキュレーターフランツマナタサウルLaudaresと暴露調停 (ブラジル)

15時間-17h – 就任会見クリスティアナSerejo (国立博物館 – ブラジル), マリリアBonas (ICOM – ブラジル)

  • ザ·ハウスヨーロッパounge (美術館に併合):

17H-18h00: カクテルレセプション (ゲストやジャーナリストのためにのみ)

  • 金曜日 – 12/07 – 書かれた歴史cuatoriais実践と現代美術の収集
  • ハウスヨーロッパ:

11H-13 H - - パラチーの神聖な芸術の博物館 (サンタリタS / Nを超えます。), ジェスパースタブジョンセン (デンマーク) そして、フアン・マヌエル・ボネット (スペイン)

15H-17H - ハウスヨーロッパ – パラチーの神聖な芸術の博物館 (サンタリタS / Nを超えます。), アントニオForcellino (イタリア) e Benoît de L’Estoile (フランス)

  • ザ·ハウスヨーロッパounge: 声decolonialとprotagonisms武装勢力の架空の測定値

14H-15H: FLIPからのゲストとのインタビュー.

17H: 幸せな時間

  • 土曜日 - 13/07 – メモリポリシー – 覇権歴史学と反体制派の物語
  • ハウスヨーロッパ:

11H-13 H: ニーナ・ジョージ (ドイツ), ジョエル・テイラー (英国)

15H-17H: カーチャPetrovskaya (ウクライナ/ドイツ) Kilomboの都市 (ポルトガル)

  • ザ·ハウスヨーロッパounge:

14H-15H: FLIPからのゲストとのインタビュー.

17H-18時間: 著者グラダ・キロンバの署名, カーチャPetrovskaya電子ニーナジョージ

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*