ホーム / アート / ハウス博物館エマクラビン社は、専門家とのコースや講義を促進します
図書館ハウスミュージアムエマクラビン社は、希少本を収集し、. 写真: ディスクロージャー.

ハウス博物館エマクラビン社は、専門家とのコースや講義を促進します

登録はサイト上で開いています

エマクラビン社財団は、人間の知識のさまざまな分野の講座や講義のシリーズを促進します.

写真撮影が好きな方は, 例えば, 次の2つの素晴らしいコースに入学することができます. 上の1 ブック内の写真プロジェクト, INES Bondukiとウラジミールソース. 別の ドキュメンタリー写真, 賞を受賞した写真家ダニSandriniと. それで, 参加者は、ジャルディンエウロパ周辺のエッセイを開発します, その出発点として有名なドキュメンタリー写真家の作品を撮ります.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

また、アートミーティングが起こります, 歴史と文学. その中で, Pとして災害復興からalestras」: ロンドンの火とリスボン地震」 「ブラジルは偉大な作家の外観を忘れてしまいました: Maxakalis, グアラニー語, Tupis, Tupinambás " これはブラジルの先住民族の中心テーマを配置. あるだろう, まだ, ボディ塗装の公演について、アーティストや研究者アニタ・エクマンとのミーティング.

今年, ハウスミュージアムエマクラビン社の提案の文化的なプログラミングが対象です “他の物語”, 物語の光新しい科目に持ち込みます, 見てきた地域との文化は彼らの声と自分のアイデンティティを否定しました. このテーマは、博物館の中でカバー他に続きます 2018 と 2019, 「女性と自分の知識」と「アイデンティティのpaulistanas」.

コースや講義の登録は、サイト上で開催されることになります: emaklabin.org.br

スケジュールをチェックします。!

もちろん: ブック内の写真プロジェクト – レパートリーとアウトライン - 日付: 14/03, 28/03, 11/04, 25/04, 09/05, 30/05, 13/06, 27/06 - タイム: 1013:00 h – 値: R $ 490,00 – 14 欠員 - もちろん、研究者によって教示されています アグネスBonduki そして視覚芸術における博士と修士 ウラジミールソース 自分または適切な画像を視覚的に物語を開発するために、参加を奨励することを目指して, 書籍のサポートのために考えました. 財団とグラフィックIpsisとの間のパートナーシップは、参加者への本のダミー割引の印刷を可能に. 後半にはブック内のモジュール写真プロジェクトが提供されます – 版, 組版と印刷.

災害復興から講演会」: ロンドンの火とリスボン地震」 14 3月 – 1113:00 h – 無料で – Unifespパートナーシップ. 美術史で博士によって与えられた会議, アンジェラ・ブランドン, ロンドン大火との関係について語ります 1666 とのリスボン地震 1755, 現代で最大の都市災害の2. またヴィニョーラのジャコモBarozziアーキテクチャ条約を語ります (16世紀の最も重要なイタリア人建築家の一人). この講義では、都市の破壊と再建に反映しようとどのように書籍とその原則は順序と失われた過去を回復するために使用されている可能性が.

文学講演会「ブラジルの偉大な作家の外観を忘れてしまいました: Maxakalis, グアラニー語, Tupis, Tupinambás ", 28 3月 – R $ 40,00 – 30 欠員. アナベアトリスDemarchi Barel フランス人旅行者の史料や文学作品に取り組むことを会う大臣, フェルディナンド・ドニ (1798-1890), ブラジル人を間でした 1816 と 1819, 政治とアイデンティティ残高の検索では、国の独立プロセスの問題を抱えた期間. 中心テーマは、ブラジルの先住民族であります, 特に, Maxakaliの部族, 歴史小説の背景の仕事で、その表現. 対照的に, また、他の作家の作品からの抜粋を分析するIndianists, その中で, ホセデアレン, ゴンサルベス・ディアス, ホセ・デ・サンタ・リタ・ドゥラオとバジル・ダ・ガマ.

講演: 大西洋の色 21 3月, 11Hから13Hへ, R $ 40,00, 30 欠員. 色は視覚的なものだけではありません, それは我々がそれらを与えるすべての感覚と感覚を網羅します. 色の歴史を議論することにより、本体塗装公演を提案している彼の大西洋の色のプロジェクトについて、アーティストや研究者アニタ・エクマン会談, ヨーロッパの関係, 異なる時間にアフリカ、アメリカ. ブルー (インディゴから生産), 赤 (ポー - ブラジル, オークルとアナトー) そして、イエローゴールド. 本講演ではアニタは、最初の9月に開催されたパフォーマンスの彼の研究や写真の数やビデオを提示します 2019 セネガルModou SalIでスペイン.

ドキュメンタリー写真撮影のコース – 近所の物語 – ハウス博物館の地区の写真のドキュメンタリー作品の建設 - 日付: 15/04, 18/04, 22/4, 29/4,06/5, 13/5, 16/05, 20/5, 27/5, 10/6, 17/6, 24/6 – 10 会議, 水曜日, 19Hから21h30までと 2 土曜日の会議, 午前10時から午後12時30分まで – 14 欠員 – R $ 660,00. ドキュメンタリー作品の様々な可能性を議論し、ジャルディンエウロパ周辺に関する写真の物語を開発このコースで提案されています. 開始点として取ると、いくつかの写真家文書の仕事はデスクワークの建設の段階を議論します. 写真家ダニSandriniの伴奏に, 彼らは、各参加者が伝えたいことを話に取り組んされます, 近所の歴史を通じて, 可能なカットの問題, 位置決め(A) 写真家(A) そして彼らの選択 – 客観と主観の両方 – 倫理と職業のドキュメンタリーの境界.

サービス:
情報および/または登録 サイトで: emaklabin.org.br またはTEL: (11) 3897-3232
ローカル: エマクラビン社財団 – アドレス: ポルトガルの街, 43, ジャルディン エウロパ, サンパウロ
サイトには駐車場はありません

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*