ホーム / アート / エマハウス博物館クラビン社で8月に行わ講座や講演会をチェック
Polo cultural da cidade de São Paulo , Casa-Museu Ema Klabin oferece rica programação cultural. 写真: ディスクロージャー.

エマハウス博物館クラビン社で8月に行わ講座や講演会をチェック

エントリはハウス・ミュージアムのサイト上で行うことができます. 以上のものを持っている文化空間を探検するために着手 1500 巨匠の世界の作品.

財団エマクラビン社は、芸術上のコースや講義を促進します, 創作, literatura de cordel e fotografia com especialistas nas áreas.

何もしません 「本の中で写真プロジェクト」 書籍のサポートのために設計された著作権の撮影プロジェクトの開発のための可能な手段を検討する意向. ハウス・ミュージアムものコースを促進します クリエイティブライティング que vai estimular textos sobre a cidade de São Paulo. E um curso que discute o papel do negro na Cordel文学.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

また、美術学校、ハイファ大学の芸術家と監督との重要な話があるでしょう (イスラエル), アッシメシュラム. O encontro será transmitido ao vivo pelo Facebook da Casa-Museu.

A Casa-Museu Ema Klabin fica na Rua Portugal, 43, ジャルディン エウロパ – サンパウロ. このような: 55 11 3897-3232

サイト上の詳細と登録: emaklabin.org.br

どのようなご関心を参照してください。:

旅行写真 – 本の中での撮影プロジェクト: Fotolivro

O curso ministrado pelo artista visual Wladimir Fontes e a fotógrafa, editora e pesquisadora Inês Bonduki pretende investigar possíveis caminhos para o desenvolvimento de um projeto fotográfico autoral pensado para o suporte do livro. クラスは実用的な生産に焦点を当てされ、各参加者の個々の作品の開発に固執します, 人形印刷された書籍の完成への生産のすべての段階を通して. A parceria entre a Fundação Ema Klabin e a Gráfica Ipsis irá possibilitar a impressão de um boneco de livro com desconto especial. Será organizada uma visita à gráfica onde os participantes poderão se familiarizar com as etapas de produção gráfica e experimentar a impressão em equipamento gráfico digital. 土曜日の八回の会議. 日付: 3 と 17/8, 14 と 28/9, 19 と 26/10, 9 と 30/11. 時間: 10:00、13:00 から.欠員: 20. 投資: R $ 480,00, 登録: emaklabin.org.br/cursos/curso-projeto-fotografico-no-livro-fotolivro

クリエイティブライティング: 市を書きます

コース 市を書きます ministrado pela arte educadora Paloma Durante propõe em seis encontros, いつも水曜, usar como matéria discursiva da cidade as vivências, メモリと各参加者の関係. 実験演習を書いてから、, そして、このようなマリオ・ベネデッティとして著者を読んで, イギアバ・シーゴ, ジョルジュ・ペレック, イタロ・カルヴィーノ (他人), 提案は、都市空間のダイナミクスと私たちの経験・メモリを物語るする方法を探ることです. 6つの会議. 日付: 7, 14, 21, 28/8, 4 と 11/09. 時間: 19:00、22:00.欠員: 15. 投資: R $ 280,00, 登録: emaklabin.org.br/escrita-criativa/curso-escrever-a-cidade

講演 – 美術学校、ハイファ大学の芸術家やディレクターに会います (イスラエル):

UNICAMPとUnespプラスチック教師やアーティストアッシメシュラムの招待で、学術と実践的な芸術としての彼の経験の少しを示すために、サンパウロに来て、どのようにそれは、現代世界の干渉に関連することができます. この会議ではアーティストが彼のキャリアを通じて彼を同行インスピレーションの源に対処します. Na sua opinião a arte deveria crescer a partir do lugar físico/geográfico em que suas raízes são plantadas. また、古代オリエントとカナン人とユダヤ人の象徴で芸術に取り組みます. データ: 29/08/2019. 時間: 1416:00 h. これは、Facebookのエマクラビン社博物館で生中継されます: www.facebook.com/fundacaoemaklabin

もちろん: O negro na literatura de cordel

で 2018 IPHANはブラジルの文化と無形遺産として認識された文字列の文献に落ちました. この公共のジェスチャーだけではなくブラジル北東部のチラシ文化の読み取りモードを変更します, だけでなく、国家のアイデンティティと文化の形成に中心的な役割を再確認. O minicurso ministrado pelo pesquisador ロナウドビトー・ダ・シルバ これは黒の文字列文学の役割を議論, 彼らの表現の、彼自身の限界. 日付: 土曜日, 17, 21 と 31/08/2019. 時間: ザ· 14:30 へ 17:30. 30 欠員; R$220,00 Inscrição: emaklabin.org.br/cursos/o-negro-na-literatura-de-cordel

講演: 誰サンパウロの歴史を祝います? サンパウロのIVセンテナリー展過去の建設 (1954)

お祝いの瞬間は、社会が独自の軌道を理解し、そのアイデンティティを構築する方法の非常に表情豊かです. で 1954, 首都は祝ったとき 400 創業の年, サンパウロ会社の一部として示さ一連のアクションは、あなたを探していました. Convidado para participar das comemorações do quarto centenário da fundação de São Paulo, ハイメCortesão, 知的ポルトガル語, 新しくオープンしたイビラプエラ公園で取り付けられた展示会を考案. ショーは状態の博物館学に大きな影響を与えました. A palestra ministrada pelo pesquisador デビッド・リベイロ これはブラジルの歴史の中サンパウロ展の歴史の写本カタログの分析を通じて示して議論. Analisá-la é relevante para entender a vitalidade de certas narrativas e para superar as concepções hierarquizantes da sociedade em que vivemos. データ: 土曜日, 10/08/2019, HOrario: 11Hから13Hへ. R $ 40,00. 35 欠員. 入学: emaklabin.org.br/palestras/quem-a-historia-paulista-celebra

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*