ホーム / アート / リオの美術館の教育と民族・人種関係の第8日のために登録が開始されました
リオの美術館. 写真: タレス ミルク.
リオの美術館. 写真: タレス ミルク.

リオの美術館の教育と民族・人種関係の第8日のために登録が開始されました

教師, 教育者と研究者はその日まで持っているでしょう 26 10月にプロジェクトをセミナーに提出する, que este ano será realizado online

リオの美術館 – AS, 研究所のオデオンの管理下, abriu inscrições para a VIII教育の日と民族-人種関係. 教師, educadores e pesquisadores podem enviar seus resumos de comunicações orais até as 23h59 do dia 26 de outubro para o e-mail jornada@museudeartedorio.org.br. このセミナーは、芸術と文化が反人種差別主義者の教育と社会の構築にどのように貢献できるかについての経験と考察を交換することを目的としています。, 包括的, 複数の民主的な. 以来作られました 2013 髪MAR, o evento irá acontecer entre os dias 23 と 26 de novembro no Youtube do museu.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

MARの教育と民族-人種関係の旅は、大学のトレーニングと普及プログラムの行動です, それは黒人意識の月に捧げられたEscoladoOlharプログラムの一部です. 研究所で構成されています, 研究発表, 学校および学校以外の教育スペースで進行中またはすでに実施されているプロジェクトおよび作業. 会議には会議があります, ワーク ショップ, 教育分野と対話するゲストとのミニコースとディベートテーブル, 文化, 芸術, 文学, 人権, アフロブラジル文化とアフリカの歴史. A programação completa será divulgada em breve no site do MAR.

Confira o edital: bit.ly/ChamadaJornada2020

川海の美術館

ロベルトマリニョ財団とリオデジャネイロ市のイニシアチブ, リオ美術館はオデオン研究所によって管理されています, 文化の社会的組織であり、Grupo Globoをメンテナーとして持っています, 連邦文化奨励法によるマスタースポンサーとしてのEquinor、スポンサーとしてのIRB Brasil REおよびBradesco Seguros.

Escola do OlharはItaúがスポンサーで、連邦文化奨励法を通じてIcatu SegurosとMachado Meyer Advogadosがサポートしています. 市文化奨励法-ISS法, HIG Capitalも後援しています, RIOgaleãoとJSL. Valeは、連邦文化奨励法を通じて「Casa Carioca」展を後援しています.

MARはまた、リオデジャネイロ州政府、市民権省、ブラジル連邦政府の支援を受けています。, 文化振興のための連邦法による.

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*