ホーム / アート / 絵画ワークショップ – 暴露 “ブラジルの動植物”

絵画ワークショップ – 暴露 “ブラジルの動植物”

展示会で “動物相とブラジルの植物相”

さらに2つの油絵ワークショップを開催

の大成功 最終日に開催された油彩・キャンバス絵画ワークショップ 3 7月, タウバテアンアーティストを連れて行った マルシオ・カルネイロ と展示会の方向性 “ブラジルの動植物” さらに2つのワークショップを促進する. これらはで与えられます ヴェイルガーデンショッピング経由, タウバテで, 展示スペースで, 日 24 7月, 土曜日, と 25 7月, 日曜日, 常にから 15 へ 21 営業時間.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

ワークショップはありません 24 テーマは オオハシ. 上の 25, テーマは ウイラプル.

展示会 “ブラジルの動植物”, 中を示す ヴェイル経由 へ 5 8月, その最高点は、水彩画のリトグラフの最初の公開プレゼンテーションです。 337 スイスの動物学者および科学者によってカタログ化されたアマゾンの鳥の種 エミリオ・ゴエルディ 19世紀の終わりに.

オオハシとuirapurusの両方がによってカタログ化されました エミリオ・ゴエルディ, そしてショーで見ることができます。.

各ワークショップの登録にはR $がかかります 100,00, 使用するキャンバスとペイントを含む値. 場所が限られています。.

電話による登録と詳細情報 (12) 98259-7766.

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*