ホーム / アート / 先住民国際言語年で, 明日博物館「 - 先住民マトリックス生活時間」を起動します
明日の博物館. 写真: バーナード・レッサ.
明日の博物館. 写真: バーナード・レッサ.

先住民国際言語年で, 明日博物館「 - 先住民マトリックス生活時間」を起動します

テーマ「言語のエコロジー」と, プログラムは、音楽活動を持っています, 「空の秋」からの抜粋を読みます, デビッドKopenawaとブルース・アルバート, カミラ・ピタンガや他のゲストの参加を得て, そして仕事上の読書クラブ

先住民国際言語年で, この中でUNESCOによって祝わ 2019, 明日館は経験プログラムの時間の別の版を促進します, 今回は、その先住民マトリックスを起動します. テーマ「言語のエコロジー」と, 言語と先住民族の言語の認識と感謝の提案, そしてすべてのストーリー, 彼らは自分自身をもたらす伝統や思い出, 活動は、日中に行われ 28 8月, 18時間まで15時間, そして9月1日, 17時間から19時間へ.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

上の 28, 以下のための「アメージングMawaiを見つけます」, 音楽は、市内の地域や森にアクセスするための出発点となります, incentivando a troca de experiências entre as pessoas. A atividade promove a convergência entre as sonoridades da música urbana contemporânea e a música indígena Huni Kuin com Txaná Ikakuru e Batani Huni Kuin, ミュージシャンブルーノ・ディLulloとラファエル・ローシャを伴います. プログラムは、言語と言語間の経路上のチャットによって補完され、この対話と音楽を促進するプロジェクトの一部であります.

日曜日, 9月1日, 国民は芸術的介入に従うことができます “人”, de Maria Borba e Bruno Siniscalchi. 風光明媚な資源とスティーブン・ケースからなる音の雰囲気を持ちます, AnapuakaTupinambáのお客様, ラジオYandêの共同創設者, 最初のウェブ母国ラジオ; 女優カミラ・ピタンガとElianaのスーザ・シルバ, 開発ネットワークタイドのディレクター, farão a leitura de trechos do livro “A queda do céu”, デビッドKopenawaとブルース・アルバート. A ideia é propor que o conjunto de vozes diversas transformem o Museu do Amanhã numa caixa de ressonância das palavras do xamã yanomami. この意味で, 活動は、著者のオリジナルの動機を満たしています: que seu relato chegue ao ouvido do máximo possível de pessoas. A leitura será seguida de uma roda de conversa sobre o tema.

著書「天空の秋」も明日の博物館の読書クラブで議論されます, 上の 21 9月, 午前10時30分から. この本は、rでありますヤノマミシャーマンダヴィKopenawaエラート環礁, これはあなたの人生の物語からあなたのグループの存在論的想像力と政治的な軌道を提示, 一連の会話で (オーバー発生しました 30 年) 翻訳とフランスの人類学者ブルース・アルバートが主催, 白の男とその結果と同様に重要なイベントの出会いを持ちます. 道に沿って, 我々は、だけでなく、ダビデは自分自身と彼自身の人々について告げる何に直面しています, しかし, そして特に, 白人の彼の視点で.

現在, ユネスコによると, 周りがあります 6 A 7 世界で数千個の言語. についての 97% 世界の人口はわずか話します 4% これらの言語, そして、だけ 3% 世界の人々が話します 96% すべての既存の言語の. これらの言語の大半, 先住民族を中心に話さ, 彼らは驚くべき速さで消滅しています.

2日間のイベントでの活動は無料です, mediante inscrições no site. 能力に応じます.

プログラミング:

28/08 - ショーミュージカル: 15:00 へ 16:00; ホイールの議論が続きます 16:00 へ 18:00 ととも​​に 高い木KuinのTxaná, Batani Huniのように, ブルーノ・ディLulloとラファエル・ロシャ. ローカル: ラウンジ.

01/09 - 会話サークルが続くKrenakをフィーチャーした芸術的介入. 、 17:00 へ 19:00. ローカル: アイテムザ.

サービス
先住民マトリックス - 時間を経験します. 言語の生態.
日: 28 8月, 1 と 21 9月
時間: 28: 1518:00 h / 1º: 1719:00 h / 21: 1012:00 に H30
ローカル: 28: ラウンジ / 1º: アトリウム / 21: 天文台明日
登録: museudoamanha.org.br/pt-br/vivencia-do-tempo-matriz-indigena

.

SOBRE O VIVÊNCIAS DO TEMPO:

O programa Vivências do Tempo foi concebido pelo Museu do Amanhã para abordar as diversas possibilidades de compreensão da cultura brasileira e, 特に, リオの, 私たちは私たちの日常生活の中で時間を体験し、探索方法から. 国の民族的・歴史的なアマルガムのために, 先住民族の共存によってマーク, 奴隷のアフリカ人, ポルトガル語、世界中からの移民, refletir sobre os modos de temporalizar o viver tem um significado especial. A linha de pesquisa programática denominada de 経験の時間 procura trazer para o debate e entendimento públicos esta riqueza de possibilidades existenciais que as muitas brasilidades que somos nos permitem explorar.

時間体験プログラムのアイデアは、港湾地区で明日の博物館の非常に場所から生じました, lugar marcado por sítios históricos como o Cais do Valongo, 国の奴隷のアフリカ人の何千もの到着港と世界遺産としてユネスコによって認識, そして、グアナバラ湾の一部, em cujo entorno viviam diversas tribos indígenas. Em suas primeiras atividades, 経験は、アフリカのルーツを含ま, その後、他の美術館のスケジュールに展開しています. 今, それはインドの母を立ち上げています.

As formas de conceber e vivenciar o tempo é um dos elementos essenciais presente em todas as culturas – ainda que de forma variada. O objetivo maior do programa é assim é reconhecer que, 私たちは、時系列の時間の覇権下にあるものの、, há na nossa vida concreta de cidadãos cariocas essas outras dimensões temporais que todos nós compartilhamos. Se pensarmos nas pedras do Cais do Valongo, 私たちはそこにその時間がないされていることを理解し、当社. マーク, 含む, pela tentativa de soterramento. Se a gente soterra a tradição africana, それとともに奴隷制を埋めるための試みで, 先住民族の伝統はそのスペクトルであります. より深いです, シニア, トウモロコシのエバネッセント. 但し, 私たちのすべて, あなたは、マップを見れば, somos ou tupinambás ou tupiniquins ou temiminós ou tamoios. Somos todos dessas tribos. 私たちの地域, 私たちの地域, 水源, このすべては、私たちの訓練の一部であり、, 私たちは、学校でこれを習得していないが.

時間の経験の可能な新しい形態の調査 – 新しいリズム, 断続周期, 動き – 仲間, 実際, ao reconhecimento de que embora o Museu do Amanhã vise explorar possibilidades de cenários futuros, その基盤はencontam深く市と国の歴史的中心部に根ざしています.

明日博物館はリオデジャネイロの文化の市事務局の文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社).

明日の博物館について

明日の博物館 人類が持続可能性と共存の観点から、今後数十年間に直面することを機会と課題を探る応用科学の博物館です. 12月にオープンしました 2015 リオデジャネイロの都市別, 明日博物館は、リオ・デ・ジャネイロの市の文化学科文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社). 政府と民間部門の間のパートナーシップの成功例, 明日博物館は終わっ受けています 3,2 オープン以来百万人の訪問者. マスターバンコ・サンタンデールの後援や、シェルなどの企業が含まれるスポンサーの幅広いネットワークを持ちます, IBM, IRB-REブラジル, Engie, グルポグロボ, CCRの研究所インテル, 博物館はもともとロベルトMarinhoの財団によって設計されました.

IDG - 開発と管理協会 これは、公共文化施設や環境プログラムの管理に特化した非営利団体で、民間企業のためのコンサルティングや、文化や環境プロジェクトの実施や開発にも積極的です. 現在、明日の博物館を管理するためのアカウント, リオデジャネイロで, Frevoを行うパコ, レシフェ, 大西洋岸森林基金の運用マネージャーとしておよびヴァロンゴ埠頭の遺跡の保全活動のディレクターとの統合など, リオデジャネイロの港湾地区で. で詳細はこちら www.idg.org.br

明日の博物館や国連ODSについて

で 2015, 国連 (国連) 作成したアジェンダ 2030 ととも​​に 17 持続可能な開発目標 (ODS), それは、世界のすべての国で実施されなければなりません 2030. 持続可能性と共存の柱と, 明日博物館は、この議題の実現に努めています, 貧困と飢餓の撲滅のために提供します; 持続可能な消費と生産を通じて分解から地球を守ります; 経済発展を通じて人々の繁栄の生活や個人的な履行を確保します, 社会的、技術的, 自然と調和しました; そして、平和を推進します. 各ODSの詳細については、, 国連のウェブサイトをご覧ください。: nacoesunidas.org/pos2015/agenda2030/.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*