ホーム / アート / 検疫中, ミュージアムオブトゥモロー、エキシビション「プラトドムンド-コミダパラ」のバーチャルツアーを開始 10 億 "
明日の博物館. 写真: バーナード・レッサ.
明日の博物館. 写真: バーナード・レッサ.

検疫中, ミュージアムオブトゥモロー、エキシビション「プラトドムンド-コミダパラ」のバーチャルツアーを開始 10 億 "

就任後1年, 示しています, 以上のものを持っていました 250 千の訪問者, この木曜日から3か月間、博物館のソーシャルネットワークで利用できます, 日 16 4月

一時展覧会部門で銅賞を受賞。 250 千の訪問者, プラトドムンド-食品 10 億 ", 明日の美術館で展示された 12 4月に 27 10月 2019, 今オンライン環境に. 展覧会のバーチャルツアーは、今週木曜日から一般に公開されます, 日 16 4月. イニシアチブは、#museuemcasaの広範なプログラミングを統合します, コロナウイルス検疫中に文化機器によって促進された, とカルフールが後援.

広告: バナー ・ ルイス ・ カルロス ・ デ ・ アンドラーデ ・ リマ

餌付けの挑戦から始まる展覧会 10 億人, 10年の人口の推定数 2050, 生産の多様性, 環境の尊重と栄養価. また、気候変動の課題にどのように立ち向かわなければならないかを振り返るつもりです, 減少し、生物多様性, 極度の飢餓と肥満や食品の不均等な分布として. 番組で, 国民はいくつかの選択肢を知っています, 未踏の地域で栽培など (ツンドラ, 海や砂漠), そして、このような海草などの食品の消費, 非従来型の食用昆虫および植物。”

「これは、栄養価の高い食品を手に入れる方法についての反省を提案する「プラトドムンド」の使命を継続するプロジェクトです。, 持続可能性の環境制限と生産の多様性を尊重する. バーチャルツアーは、リオデジャネイロを超えてこのコンテンツを利用するチャンスです, ブラジルおよびポルトガル語でこのコンテンツに興味がある人のために. それは展覧会のティーザーであり、すべてのプラトドムンドがこの展覧会を受け取ることができることに新しい機関から関心を生み出すためのツールにもなります。, すでに他の美術館に移動する準備ができています, ブラジルと世界の文化科学センター」, レオ・メネゼスは説明します, 明日の博物館のコンテンツ マネージャー.

展覧会は5つの主要な領域に分かれています: 「食べる文化」, それは私たちの食生活がどのようにグローバル化しているかを示します, 激しい流れで, 市場の圧力が特定の種類の食品を標準化している間, 農業生物多様性の損失を生み出す; 「新しい農業フロンティア」, すでに食品を生産しているが、その生産を強化する必要がある代替の場所を強調表示します; 「テクノロジー」, 食品の遺伝学と栄養素を改善する技術と気候変動に対するそれらのより強い回復力に関する; 「健康と社会」, グローバルな食生活の質に取り組む, タンパク質消費のために食品と代替品を最大限に活用することの重要性, 昆虫のように, 菌類と藻類; と, 最後に, 「明日の食」, 訪問者が人口過多の惑星を養うためのいくつかの課題を解決するための主役になる場所.

展示会 “Pratodomundo” それは明日の博物館で開催されました, 開発と管理の研究所の管理下. スポンサーカルフールとIBMのサポート, 両方の連邦法による文化的インセンティブに. 国連食糧農業への支援食糧隠しとイスラ種子およびコンテンツパートナー (FAO), EMBRAPAとフランス通信社.

明日博物館はリオデジャネイロの文化の市事務局の文化施設であります, 経営開発とマネジメント協会の下で (IDG 社).

明日の博物館について

ミュージアムオブトゥモローは、持続可能性と共存の観点から、今後数十年で人類が直面する可能性のある機会と課題を探る応用科学の博物館です。. 12月にオープンしました 2015 バイ リオの街, ミュージアムオブトゥモローは、地方自治体の文化長官の文化機器です。, の管理下で運営 開発管理研究所 (IDG 社). 政府と民間部門の間のパートナーシップの成功例, 明日博物館は終わっ受けています 4 オープン以来百万人の訪問者. マスタースポンサーとして サンタンデール銀行, スポンサーとしてのシェルと、次のような企業を含む幅広いスポンサーネットワーク IBM, Engie, ロジャス・アメリカナス, グルポグロボ e Renner, 博物館はもともと設計されました ロベルトMarinhoの財団.

IDG - 開発と管理協会 これは、公共文化施設や環境プログラムの管理に特化した非営利団体で、民間企業のためのコンサルティングや、文化や環境プロジェクトの実施や開発にも積極的です. 現在、明日の博物館を管理するためのアカウント, リオデジャネイロで, Frevoを行うパコ, レシフェ, 大西洋岸森林基金の運用マネージャーとしておよびヴァロンゴ埠頭の遺跡の保全活動のディレクターとの統合など, リオデジャネイロの港湾地区で. で詳細はこちら www.idg.org.br

明日の博物館や国連ODSについて

で 2015, 国連 (国連) 作成したアジェンダ 2030 ととも​​に 17 持続可能な開発目標 (ODS), それは、世界のすべての国で実施されなければなりません 2030. 持続可能性と共存の柱と, 明日博物館は、この議題の実現に努めています, 貧困と飢餓の撲滅のために提供します; 持続可能な消費と生産を通じて分解から地球を守ります; 経済発展を通じて人々の繁栄の生活や個人的な履行を確保します, 社会的、技術的, 自然と調和しました; そして、平和を推進します. 各ODSの詳細については、, 国連のウェブサイトをご覧ください。: nacoesunidas.org/pos2015/agenda2030.

注釈

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

*